事例紹介

「女性が輝ける職場へ」Senses導入で自由な働き方を実現

株式会社ミンツプランニング

業種
広告・マーケティング
利用人数
10名〜30名
営業タイプ
BtoB
課題
ノウハウ・ナレッジの蓄積・共有(属人化) 社内外のやりとりの履歴を残したい

絞り込み

事業内容

株式会社Mint’z Planningは「女性が活躍できる場所を創り出す」ことをコンセプトに2011年に設立された。同社では「インフルエンサー」と呼ばれるインターネット上で強い影響力を持つ女性たちと連携して、企業の商品・サービスのプロモーションを企画し、マーケティング支援を行っている。SNSコンサルティングやキャスティング、ブランディングなど、PR/ブランディングのサービスを多数提供している同社の最大の強みは、女性目線(ユーザー視点)での「愛される」企画の立案と運営である。

課題(SFA導入の背景)

女性が輝き、活躍できる場所をつくりだしていくことを目指している同社では、社内でもフレキシブルに女性が活躍できる場所を体現していきたいと考えていた。そこで取り組んだのが働き方の改革である。フルリモート、フルフレックス制度を導入し、社員が時間や場所に縛られずに活躍できる職場を目指した。そのような社内改革の中で浮かんできた課題が「情報のスムーズな共有」である。

会社として初めてメンバーの妊娠・出産を経験した時期でした。彼女は自宅でも仕事ができるスキルがあるのに、わざわざ会社に来ないと仕事ができないということに違和感がありました。場所や時間にとらわれずに仕事ができる環境を整備するためには、情報の共有が重要な課題となっていました」と同社CMO(Chief Marketing Officer)の相楽氏は当時の状況を明かした。

同社ではお客様に対して、営業担当とプランナーが協同で提案を行なうことが多いが、これまでは Googleスプレッドシートを使ってお客様とのプロジェクトの情報を共有していた。しかし、スプレッドシートはモバイルで情報を残しづらくPCを開かざるを得ない。どうしても場所に制約が出てしまう。フルリモート・フルフレックス制度を導入するにあたって、情報をどこでも見れて共有できるツールの導入が急務となっていた。

Sensesを選んだ理由

海外産のSFAも検討していたが、トライアルをした結果、主に以下の理由によってSensesの導入を決断したのだという。

・UIがわかりやすい

・スマホで見れる

・Gmailとの連携機能が便利で業務が大幅に効率化されると期待できた

「Gmailとの連携機能のおかげで、メールを打ってまたツールを開いて入力して…みたいなことは絶対にやらなくなるので、すごく楽ですね。トライアルの時に、メール連携とモバイルアプリが私的にはハマって、もうSensesでいいんじゃないかと思いましたね笑。」(相楽氏)

Sensesの運用方法

「情報のスムーズな共有」が課題であった同社が、Sensesを活用するにあたってまず重点的に取り組んだのが「アクション管理」だ。営業担当はお客様からヒアリングした情報をアクションとしてSensesに残して共有する。この情報をもとにプランナーは提案をブラッシュアップしていく。

「以前は営業担当もプランナーも含めて全員でお客様のところに同行するということもありましたが、Senses導入以降はそういったことはなくなり、それぞれの役割に集中できるようになっています。」(相楽氏)

またSensesにスピーディーに移行するために、これまで使っていたスプレッドシートを削除するという大胆な施策も行なった。こういった努力の結果、Sensesへの移行はスムーズに成功し、社内のメンバーもすぐにSensesに慣れて使いこなせるようになったという。

営業にとどまらず、営業担当やプランニング担当、経理担当などがSensesのアカウントを共有し、チーム全体で案件の見える化と情報の共有に取り組んでいる。今後は事業部を跨いだ活用も考えているのだとか。

導入による効果

Senses導入による効果について広報の野原氏にお話を伺った。自由な働き方の実現にSensesが一役を買っているようだ。

「以前はお客様の資料なども社内にあったため、会社に来ざるを得ない状況となっていました。Senses導入により、ヒアリング情報や資料などがSenses上で共有されるようになったため、場所や時間にとらわれない働き方を実現できるようになりました。」(野原氏

また今までは営業が社内にいないとできなかった事務作業も、Sensesに情報が残っているため、営業が社内にいなくても進められるようになり、業務自体が効率化されたのだという。

Sensesを導入したことにより、社内の働き方の改革に成功した同社。今後も女性が活躍できる場所をつくりだすことを変わらず目指していきたいと野原氏は語った。

「より多くの女性が活躍できる場所をつくりだしていきたいです。そして会社としても女性が輝ける場所を体現していきたいですね。そのためにも世の中の『こうあるべき』からは自由であり続けたいと考えています。」

絞り込み

御社でのSensesの活用方法を考えてみましょう

Sensesの運用コンサルティングを無料で受ける

Sensesの概要説明から御社での活用方法までご説明します。

無料の運用コンサルティングを依頼

Sensesを詳しく知る

Sensesがどういったツールなのか知りたい、具体的に何ができるのか知りたい方はこちらの資料をご参考ください。

Senses資料をダウンロード