Sensesオンラインマニュアル

ファネル分析レポート

蓄積された案件情報は自動的にファネル分析レポートに反映されます。自社のフェーズ単位の強みや弱み、各フェーズから受注までのパーセンテージを把握することが可能です。

 

アクセス方法

メニュー > ファネル分析レポート

funnel-update

 

積み上げ単位の変更

グラフの縦軸(y軸)の積み上げ単位を「なし」、「担当者」、「商品」、「チャネル」別に切り替えることが可能です。

 

対象案件の絞り込み

集計する対象の案件を絞り込むことが可能です。
絞り込み条件はSensesで予め決められた項目とユーザが独自に作成した案件詳細項目のラジオボタン、チェックボックスを利用可能です。これにより、詳細な条件でファネル分析を行うことが可能です。

 

集計対象案件の変更

集計対象案件は、参照期間で設定された期間に存在する案件を対象とします。
対象案件は、以下の2つの選択肢による切り替えが可能です。

  • 全て参照期間に存在する全ての案件を対象とします。
  • 期間内発生案件のみ参照期間内に作成された案件を対象とします。

 

参照期間の変更

参照期間は、表示するグラフの横軸(x軸)の範囲です。
[今月] [今四半期] [今年度] ボタンで自動的にFrom-Toを切り替えやカレンダーから任意に指定することが可能です。

 

案件維持率、次フェーズ進捗率、最終フェーズ達成率とは

  • 案件維持率

最初のフェーズ(上記:アプローチ)から最終フェーズ(上記:受注)までの案件維持率を表示しています。どのフェーズで案件の維持率が低いか、または高いかという傾向を把握することが可能です。

  • 次フェーズ進捗率

次のフェーズへの進捗できる確率を表示しています。

  • 最終フェーズ達成率

最終フェーズ(上記:受注)まで到達する確率を表示しています。

※各表の項目をクリックすると、グラフ表示が切り替わります。

 

データダウンロード

表示されたデータをCSVでダウンロードすることが可能です。

 

案件タイプ別表示ついてはこちらを参照下さい。