Sensesオンラインマニュアル

Chrome拡張機能でGmailとSensesを連携する

G SuiteでSensesを利用されているユーザーは、Chrome拡張機能をインストールすることで、メール内容を自動的にSensesに登録することが可能です。
ユーザーは通常通りGmailからメールを送る操作を継続でき、自動的に情報が蓄積されていきます。報告のためにSenses上で内容を入力したり、口頭で補足する手間はなくなります。

 

Chrome拡張機能のインストール手順

1. Chromeブラウザから以下のURLにアクセスし、インストールします。

https://chrome.google.com/webstore/detail/senses/ahiceflobaihbfkdgfammhjpapcchkci?hl=ja&gl=JP

 

2. Gmailを開きます。

※既にGmailを開いている場合はリロードします。

 

Chrome拡張機能の機能一覧

 

Chrome拡張機能の使い方

1. Gmail新規作成 または Gmail返信ボタンから、メール宛先を入力します。

TO, CCに指定したメールアドレスが自動的にコンタクト、アクションコンタクトにセットされます。
コンタクトは、手順2の取引先に紐づくコンタクトになります。
アクションコンタクトは、メールアクションに紐付けるアクションコンタクトになります。
最終的に、コンタクトとアクションコンタクトは、メールアクションに紐付きますので、該当案件に関係している顧客のコンタクトをここで指定することが可能です。 * 自社の担当者コンタクトは登録する必要はありません

 

2. 取引先を選択します。

存在しない取引先の場合は、拡張機能上で取引先を作成することも可能です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-19-43-34

 

3. 案件を登録します。

取引先に案件が存在する場合には自動的に表示されます。

 

4. アクションを作成します。

作成するアクションは、メールの目的に応じて選択します。既にメールアクションが存在する場合には、自動的に表示されます。

 

Sensesへメールを自動登録する場合、開封通知を取得する場合

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-19-47-15

 

取引先更新、コンタクト更新の操作イメージ

 

案件登録、案件更新の操作イメージ