Sensesオンラインマニュアル

案件を複製する

新しい案件を作成する場合、似たような既存の案件情報をそのままコピーして作成することが可能です。既存の案件を流用することで同じ情報を入力する時間を省いたり、同じ周期でアクションを行う際に効率的に過去の案件情報を流用することが可能です。

案件を複製する際、異なる案件タイプを指定された場合は「同じ取引先に紐づく案件である」という情報だけが複製されます。(その他情報は複製されません)

 

アクセス方法

複製したい各案件ページにアクセス > 右上三本線>複製

 

複製元案件からコピーできる情報

  • 案件基本情報(担当者、商品、契約金額、確度、チャネルなど)

  • 商品内訳(商品内訳を設定している場合)
  • 案件詳細項目(詳細項目を設定している場合)

  • 案件のアクション

    ※アクションは複製時、基準日(任意)を指定頂くと、基準日に沿って元案件のアクションから日付が自動セットされます