Sensesオンラインマニュアル

案件タイプ設定

案件タイプ設定

直販営業や代理店営業など、自社内で異なる営業タイプの進捗状況の管理や、全く異なる商品売上や情報を管理したい場合、
それぞれのフェーズ(進捗ステップ)、確度、商品、チャネル(案件流入元)、詳細項目(カスタムフィールド)を案件タイプ別にそれぞれ設定し管理していくことができます。

※案件タイプを復数作成した場合、案件ボード、案件一覧およびレポートは案件タイプ別に表示されます。
※一度にチーム全体の案件を表示は出来ません。同じレポートを見たい場合には、商品設定などで分けて管理して下さい。
※登録中の案件に使用している案件タイプは削除できません。
※削除対象の案件タイプの案件を0件にすると削除可能となります。案件一覧ページから実施ください。
※設定を有効にするには再ログインが必要です。 

アクセス方法

メニュー > 設定 > 案件設定 > 案件タイプ設定

 

 

案件タイプ名の変更

  1. 登録済の案件タイプ名を変更します。

  2. [登録]ボタンをクリックして変更します。

案件タイプの追加

  1. [+新しい案件タイプを追加する]をクリックします。

  2. 案件タイプ名を入力します。

  3. [登録]ボタンをクリックして追加します。

案件タイプの削除

  1. 削除したい案件タイプ名の[削除]にチェックします。

  2. [登録]ボタンをクリックして削除します。
    ※既に案件に使用している案件タイプは削除出来ません。

[注記]
設定を有効化するには再ログインが必要です。

 

案件タイプ設定後の案件操作

 

案件作成手順

  1. 取引先名を入力します。
  2. 案件名は”取引先名+_作成時日付”で自動設定されます。任意の案件名に変更することも可能です。
  3. 案件タイプを選択します(選んだ案件タイプによって、フェーズ、商品、契約確度、チャネル、の選択肢が変更されます)
  4. フェーズ、商品、契約確度、チャネル、契約予定日、契約金額などの情報を入力、変更します。
  5. [登録]ボタンをクリックすると、アクション作成画面に自動的に移動します。

 

案件タイプ別に案件を切り替え表示する

案件タイプ別に切り替え表示ができる機能は以下となります。

1.案件ボード
2.案件一覧
3.売上予測レポート
4.売上推移レポート
5.売上実績レポート
5.ファネル分析レポート

1.案件ボードでの案件タイプ切り替え

案件タイプ別に、案件ボードを切り替えて案件を表示させることが可能です。

案件ボードの基本的な使い方についてはこちらを参照下さい。

 

2.案件一覧での案件タイプ切り替え

案件タイプ別に、案件一覧を切り替えて案件を表示させることが可能です。

案件一覧の基本的な使い方についてはこちらを参照下さい。

 3.売上予測レポートでの案件タイプ切り替え

案件タイプ別に、売上予測レポートを切り替えて案件を表示させることが可能です。
※異なる案件タイプを合計したレポートを表示させることはできません

売上予測レポートの基本的な使い方についてはこちらを参照下さい。

 

4.売上推移レポートでの案件タイプ切り替え

案件タイプ別に、売上推移レポートを切り替えて案件を表示させることが可能です。
※異なる案件タイプを合計したレポートを表示させることはできません

売上推移レポートの基本的な使い方についてはこちらを参照下さい。

 5.売上実績レポートでの案件タイプ切り替え

案件タイプ別に、売上実績レポートを切り替えて案件を表示させることが可能です。
※異なる案件タイプを合計したレポートを表示させることはできません

売上実績レポートの基本的な使い方についてはこちらを参照下さい。

 

6.ファネル分析レポートでの案件タイプ切り替え

案件タイプ別に、ファネル分析レポートを切り替えて案件を表示させることが可能です。

ファネル分析レポートの基本的な使い方についてはこちらを参照下さい。