Sensesオンラインマニュアル

MarketoとSensesを連携する

マーケティングオートメーションサービス Marketoをご利用のユーザは、MarketoのLead情報とSensesのコンタクト情報、取引先、案件のフェーズを自動的に同期することが可能です。連携は双方向同期となっているため、Marketo、Sensesの双方でコンタクト情報を同期できます。また、Sensesで行われた活動履歴をMarketo側へ同期することが可能となっているため、Marketo側のLead情報のステータス管理にも活用することができます。

 

同期の仕組み

  • Marketoから取り込んだリードがSensesのコンタクト、取引先に自動同期されます
  • 同期の際、未登録の場合は新規登録され、既に登録されているコンタクト、取引先の場合は更新が行われます
    設定情報の初回登録時、全てのリードの同期が開始されます
  • 1日の同期上限は、MarketoのAPIリクエスト数に依存します
  • リードの同期処理は順次行われます。リアルタイム同期ではありません
  • 同期したコンタクト、取引先はMarketo側のリードを削除してもSenses側のコンタクトは自動削除されません
  • 同期したコンタクト、取引先はSensesのコンタクトページ、コンタクト一覧で確認することができます
  • コンタクトページ、案件のコンタクトタブより、Marketoのリードアクティビティ情報を参照することが可能です
    なお、参照できるのはMarketoアクティビティのバーをクリックした時から2週間以内のWeb、メールのアクティビティ情報です
  • アクションコンタクトとして登録されたコンタクトは、アクションコンタクト登録または、案件のフェーズが更新された際、Marketoの「senses_phase」にフェーズ名が反映されます。設定は後述の連携手順4を参照してください
  • Marketoから連携したコンタクト、取引先のデータはSensesの全ユーザーが参照可能となります
  • 同期の際、MarketoのAPIリクエスト数の利用上限に達する、またはMarketo側のシステム不具合により同期が一時中断することがあります
  • 同期が一時中断された場合、リードの取得漏れが発生する場合があります

 

SensesとMarketoで同期される情報

  • リード(Sensesではコンタクト)情報
  • リードの取引先情報(2018/04時点では取引先名のみ)
  • リードスコア情報
  • リードへの営業活動情報
  • リードのWeb、メールアクティビティ情報
  • 案件のフェーズ情報

 

Marketo連携手順

1. API専用ユーザーロールを作成します
  https://docs.marketo.com/pages/releaseview.action?pageId=7509469
2. API専用ユーザーを作成します
  https://docs.marketo.com/pages/releaseview.action?pageId=7509473
3. REST APIで使用するカスタムサービスを作成します
  https://docs.marketo.com/pages/releaseview.action?pageId=7509777
4.カスタムフィールドを作成します。その際、タイプを「テキストエリア」に、API名を「senses_phase」にしてください。名前は任意で構いません
  https://docs.marketo.com/pages/viewpage.action?pageId=7509620
5. SensesにてAPIを設定します
  Endpoint:Marketoにログイン > 管理 > ウェブサービス > REST API
  Client ID:Marketoにログイン > 管理 > LaunchPoint > 詳細の表示
  Client Secret:Marketoにログイン > 管理 > LaunchPoint > 詳細の表示

 

既にSensesに登録されているデータとMarketoのデータとの同一判定方法

  • Lead IDもしくは、Emailが一致するコンタクトとリード
  • リードの企業情報の企業名/代表電話番号/請求先住所 (都道府県) + 請求先住所 (都市) + 請求先住所と、登録済みの取引先の取引先名/電話/住所照合が「取引先名」「電話」または「取引先名」「住所」で一致する企業と取引先

 

Senses活動履歴のMarketoへの反映

  • Sensesで行われた活動履歴をMarketoへ反映することが可能です
  • Senses活動履歴をMarketo側へ連携するためには、Sensesにてアクションコンタクトを利用します
  • Sensesアクションコンタクトを登録すると、アクションコンタクトのアクション種別(面談、メール、電話、社内タスク、社外タスク)がMarketoのLead_statusへ反映されます
  • 1つのコンタクトへ複数のアクションコンタクトを登録した場合、最後に行ったアクションコンタクトの情報がMarketoへ連携されます(例:1つのコンタクトに対して、面談→メール→電話のアクションコンタクトを登録した場合、MarketoのLead_statusは「電話」が連携されます)

 

その他注意事項

  • コンタクト作成時、Emailが未入力の場合、Marketo側にリードは作成されません
  • Sensesのコンタクト名は、Marketoのラストネームとリンクします
  • 同期しているコンタクトを削除しても、Marketo側のリードは削除されません
  • Marketo側からSensesに更新する項目は、Lead ID, Lead Score, Acquisition Dateのみです
  • SensesからコンタクトのLead ID, Lead Score, Acquisition Dateを更新することはできません
  • リードのメールアドレスフォーマットが不正な場合、コンタクトには登録されません
  • カスタムフィールド「senses_phase」がMarketoに作成されていない場合はフェーズが反映されません。カスタムフィールドの作成方法は上述の連携手順4を参照してください
  • 「senses_phase」がMarketoに作成された後に、Sensesでアクションコンタクト登録または案件のフェーズが更新されることで、フェーズが反映されます
  • Marketoの「senses_phase」に案件のフェーズが更新されるタイミングは以下です

     1.アクションコンタクトが登録された時
     2.案件のフェーズが更新された時
     3.案件が統合され、且つアクションが引継がれた時
     4.案件が削除された時(案件が削除された場合、Nullで更新されます)

* Marketo, [list of other Marketo marks used] is/are either registered trademarks or trademarks of Marketo Inc. in the United States and/or other countries.