Sensesオンラインマニュアル

マルチプルリスト設定

マルチプルリストは、会社情報、人情報、プロジェクト情報などあらゆるデータを管理できます。会社情報は、Sensesに事前に登録されている取引先と紐付け、人情報はコンタクト情報と紐付けて管理することで、履歴管理も簡単に行うことが可能です。

また、ユーザにて任意に作成したマルチプルリストには、自由に項目作成ができますので、柔軟性のあるリスト管理としてご活用頂くことが可能です。

 

マルチプルリスト利用対象のイメージ

  • リード情報管理
  • 代理店管理
  • 提携先管理
  • キャンペーン管理
  • 採用候補者管理
  • プロジェクト管理 など

 

マルチプルリストの作成方法

  1. メニュー > 設定 > リスト設定 にアクセスします。(通常は非表示となっています。利用されたい場合はカスタマーサクセスチームへご連絡ください)

  2. [+新しいリストを追加]をクリックします。
  3. 作成したいリスト形式を[テンプレート]から選択し、リスト名を入力します。
  4. タイプを選択します。
    タイプは作成するリストの情報タイプです。「会社情報」、「人情報」、「タスク情報」から選択します。
    「会社情報」リストは、データの追加時に取引先と関連付けて保存します。その後、作成したデータは案件情報に変換できます。
    「人情報」リストは、メールアドレスを主体としてデータを管理します。登録時にコンタクト情報にも登録するかを任意に選択できます。データはコンタクト情報、案件情報に変換できます。
    「タスク情報」リストは、取引先・案件・コンタクトといったSenses上の概念と直接は関連しない任意のデータを管理することが可能です。


  5. [作成]ボタンをクリックします。
  6. 作成後、リストの項目を追加します。複数の項目タイプから選択して追加することが可能です。

    ここまででリストの作成および設定は完了です。

  7. メニュー > リスト > [作成したリスト名]をクリックします。


  8. リストページにて、登録、更新、削除やCSVダウンロード等が可能となっています。
    以下はリストを追加するイメージ画像です。