Sensesオンラインマニュアル

Sensesの基本的なフロー

Sensesへようこそ。
Senses利用の一般的なフローは以下の通りです。

 

1. 取引先登録

自社の顧客情報を、取引先として登録することから始まります。
全ての情報を「取引先単位」で管理するためです。
取引先作成は、個別登録または一括登録から作成出来ます。

個別登録の手順はこちら
一括登録の手順はこちら

 

メニュー > 取引先登録

メニュー > 取引先一覧

2. 案件登録

取引先の配下に案件を登録します。
案件は「案件」や「商談」といった用語で呼ばれることが一般的です。
案件は取引先に対して複数作成することも可能です。
案件作成は、個別登録または一括登録から作成出来ます。

個別登録の手順はこちら
一括登録の手順はこちら

 

メニュー >  新規案件登録

メニュー > 案件ボード

3. アクション登録

案件の配下にアクションを登録します。
アクションは営業活動である面談、メール、電話や社内タスク、社外タスクといった全てのアクションを登録していただくことが可能です。

アクションについての詳細はこちら

 

4. 過去ノウハウを活用したアクション結果の蓄積

登録された取引先、案件、アクションの情報をSensesのAIアルゴリズムが分析し、現在のアクションに対して過去の成功や失敗事例から「アクションインサイト」や「おすすめアクション」を自動的に提示する仕組みとなっています。
これらを参考に、営業パーソンは自分自身の現在のアクションに付加価値を加えることが出来ます。

アクションインサイトとは
おすすめアクションとは

 

5. 結果の分析

取引先、案件、アクションの情報はリアルタイムにSensesに蓄積され、ダッシュボードに分析レポートが反映されるため、ユーザーは状況把握を簡単に行うことが可能です。

各種分析レポートの詳細はこちら