OODA(ウーダ)ループを知っていますか?PDCAサイクルにとってかわる意思決定プロセスで、今ビジネスシーンで注目されています。本記事では、このOODA(ウーダ)ループがPDCAサイクルとどう違うか、使い方や今の世の中になぜ必要なのか、解説していきます。

▶︎▶︎お時間が無い方へ!営業組織を継続的に強化するセールスイネーブルメントの実践方法はこちら!

OODA(ウーダ)ループとは?

OODA(ウーダ)ループとは?PDCAとの違いとは?|意思決定の最適なプロセス| Senses Lab. |1

OODA(ウーダ)ループは、アメリカの軍事戦略家であるジョン・ボイド氏が、晩年に提唱した意思決定プロセスのことを指します。もともとは、軍事行動のオペレーションで活用されていたもので、実際に朝鮮戦争ではこのOODAループによって戦果を挙げました。戦時下においては、予定された計画に従順するだけでなく、自らその状況に適応し、迅速に判断し、次のアクションを起こすことが求められます。

その後、理論が体系化されPDCAに変わるものとして、ビジネスシーンで活用され始めています。デザイン思考やアジャイル開発も、まさにOODA(ウーダ)ループを辿る考え方の一つと言えるでしょう。

また、近年はOODAループに、「目標設計(Design)」を加えたD−OODA(ドゥーダ)ループというものも存在します。「プラン」と「デザイン」は、少し類似する言葉ですが、デザインはあくまでオペレーションデザインであり、枠です。

計画で行動を縛るのではなく、デザインを敷くことで、致命的に外れたアクションにならず、各々に適したやり方で主体的に成果を出すことができます。

▶︎▶︎同じく軍事アイデアから発展したランチェスター戦略についてはこちら

OODA(ウーダ)ループの概要

OODA(ウーダ)ループは、「Observe(観察)」「Orient(仮説構築)」「Decide(意思決定)」「Act(実行)」の4つのプロセスを「Feedback Loop(ループ)」することで完成します。このループを高速に回すことで、精度の高いアクションを生み出すことができます。

観察(Observe)

観察し、状況を判断します。客観的なデータを集め、自社の状況、他者の状況や社会情勢を把握します。PDCAのように中長期的計画ではなく、あくまで現状分析に過ぎません。

方向づけ・仮説構築(Orient)

観察(Observe)によって得た情報をもとに、仮説を立てます。間違った仮説にならないよう、慎重に、論理的に、客観的に構築します。Act(実行)から次のループに入った時、解説が間違っていたと分かれば、再度、仮説を組み立て直します。

選択(Decide)

仮説構築ができたら、次に意思決定のフェーズです。仮説をもとに、どのようなプランで進めていくかを決めていきます。この際、さまざまな選択肢が出てくると思います。どうなりたいかというビジョンに対し、最速でたどり着ける選択肢を選ぶと良いでしょう。

行動(Act)

選択した事柄を実行します。選択の段階で、外部や内部の環境が変わっていることもあり、実行したことが上手くいかないケースもあるでしょう。OODAループは、何周もさせることを前提とした意思決定プロセスのため、失敗を憂慮しすぎず、大胆に実行することが大切です。

OODAループとPDCAサイクル

OODAループとPDCAサイクルの決定的な違いは、実行までのスピードです。

PDCAサイクルでは、計画の段階である程度の時間を要します。PDCAサイクルは、工場の生産工程のように、予想外の事態が起きにくい環境においては、効果を発揮しますが、新しいイノベーションを生み出す際には適していないでしょう。

OODAループは、現状分析が起点となっており、もし変化が起きてもフレキシブルに対応が可能です。より高速に何度もサイクルを回すことで、問題解決力が向上し、軌道修正しながら作り上げていくスキルが身につきます。

OODA(ウーダ)が必要になる背景-VUCA

なぜ、OODA(ウーダ)は今必要とされているのでしょうか?それには、以下の2つの要素が考えられます。

ビジネス環境の変化

「GAFA」と呼ばれるモンスター企業の登場により、業界全体の構造は大きく変容しました。Amazonの登場により街の本屋さんは軒並み倒産し、音楽業界においてもAppleやSpotifyなど、各社ストリーミングサービスの登場によりCDは売れなくなり、さらにAmazon独自のロジスティックスの体制により、世界ひいては日本国内の物流網も変わろうとしています。わずか数年で巻き起こる鮮烈な競争下においては、迅速な方向転換とアクションが求められます。

インターネットの急速な発展

AIやSNSの発展により、人の行動そのものが変化しつつあります。AIDMAと呼ばれる購買行動モデルから、数年おきにAISAS,ULSSAS,DRESSなど、多様なモデルが登場しています。それほど、人の行動は多様化かつ不規則性を含んだものになりつつあります。この行動変化を、素早くキャッチアップし、仮説構築を行う必要があります。

▶︎▶︎AIDMAについてはこちら 

OODAループの実行例

OODA(ウーダ)ループとは?PDCAとの違いとは?|意思決定の最適なプロセス| Senses Lab. |2

OODAループを基準とした自立型経営

トップダウン経営で、部下が決められたことを実行するのではなく、予想外の事態になっても、定められたビジョンをもとに従業員が各々で主体的に考えて実行する経営です。例えば、ティール組織、ホラクラシー経営、自律分散型(アメーバ)経営といったキーワードがまさにこのOODAを活かしたマネジメント方法になります。

▶︎▶︎ティール組織に学ぶ新しい組織論とは?

営業組織とOODAループ

OODA(ウーダ)ループとは?PDCAとの違いとは?|意思決定の最適なプロセス| Senses Lab. |3

営業組織では、OODAループをどのように活用することができるのでしょうか?

OODAループとセールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントとは、各部署で実施されている施策がどれほど売上に影響を与えているか、総合的に施策を管理する考え方です。セールスイネーブルメントを実施する場合は、最初に計画を立案し進めていくPDCAよりも状況を判断しながら、フレキシブルに対応できるOODAの方が適切です。

OODA(ウーダ)ループの、観察(Observe)においては、より多くのデータを使い、客観的かつ正確な分析が求められます。そのためには、SFA/CRMツールやBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールなどの利用も必要になるでしょう。

▶︎▶︎【参考記事】セールスイネーブルメントについてはこちら
▶︎▶︎【参考記事】BIツールに関してはこちら

OODAループとSFA/CRMの活用

OODAループは、変化の激しい時代の中で情報をデータ化し、観察(Observe)していく必要があります。情報収集の効率化のカギを握るのが、SFAツール/CRMツールです。今は、データドリブンという考え方が営業に浸透しているように、データを収集することでOODAループをより効率的に効果的に回すことができます。

例えば、弊社のSFA・Sensesではファネル分析レポートというものが存在します。

この分析レポートを使ってみると、北条政子さんはクロージングのところで問題があると分かります。徳川家康さんはアプローチはできているのですが、そのあとのアポ取得のところで次のステップに移行しづらくなってしまっています。
SFAを用いることによって、今までは個別の分析が難しかったところも、データを用いた分析が可能になるのです。

これをOODAループに応用させると、SFAによるObserveの結果から、北条政子さんのクロージングのところに徳川家康さんが同席するというDecideを用いてみることが可能になります。そして、その体制でActを行ってみて、またSFAで効果測定をするのです。そして、そこからはOODAのループが回っていくようになります。

OODA(ウーダ)ループとは?PDCAとの違いとは?|意思決定の最適なプロセス| Senses Lab. |図

 

OODAループに当てはめて紹介していきます。

【観察(Observe)】

営業メンバーの営業プロセスの推移率を見てみると、「提案/クロージングに課題」があるメンバーがいることに気付きます。

【方向づけ・仮説構築(Orient)】

クロージングが苦手なメンバーに、クロージングの精度が高いメンバーやマネージャーが同行することで受注率が上がるのではないか?という仮説を立てます。(AIによる受注確度予測を活用することで想定させるリスクを排除することもできます。)

【選択(Decide)】

クロージングフェーズではマネージャーが同行してクロージング精度を高める。同行できない場合は活動に対してアドバイスする。

アクション管理

 

【行動(Act)】

実際に実行して受注率アップの効果を確認する。

 

▶︎▶︎上記で紹介した営業支援ツールSensesの概要資料はこちら

 

終わりに

OODAループは、意思決定プロセスの手段でしかなく、PDCAサイクルよりも優れているわけではありません。想定外のことが起こらない環境においては、PDCAサイクルが効果を発揮することもあります。状況に合わせて、OODAループ、PDCAサイクルを使い分けられるようになると良いでしょう。

セールスイネーブルメント -経営層・営業マネージャーが取り組むべき営業改革-

セールスイネーブルメントをご存知でしょうか?セールスイネーブルメントの概要や実践方法に関する資料です。

資料をダウンロードする
業務改善・効率化の関連記事

セールスイネーブルメント -経営層・営業マネージャーが取り組むべき営業改革-

セールスイネーブルメントをご存知でしょうか?セールスイネーブルメントの概要や実践方法に関する資料です。