皆さん、こんにちは!マツリカの佐藤です。フェスティバルライフを謳歌していますか?

今回はサイドストーリー第4弾です。サイドストーリーは「祭り化」にも「営業」にもあまり関係ない場合もありますが(笑)、私の印象的な学びや大事にしている考えをお届けしています。

主人公TJ君

今回の主人公は大学時代の友人、TJ君の紹介です。

TJ君とは高校時代から知り合いではあったのですが、深く付き合うようになったのは大学に入ってからでした。TJ君は規格外の人物なので一言で言い表すのは難しいですが、自分では「暇に耐えられる暇人」と称しておりました。

彼は、ほぼ自分の部屋でハイライトを吸って過ごしています。煙を吐いては、煙で輪っかを作っていました。煙が目に染みている様は岡山のプラターズと言っても過言ではありません。むしろ彼は一人でした。

ほぼベッドの上で過ごしています。実際はベッドではなく、たくさんの漫画本の上に畳を乗せていました。今流行りのDIYの先駆け的存在と言っても過言ではありません。むしろ工具すら必要としていません。

あらゆることを膝のせいにします。バスケで膝を壊したようなのですが、何かにつけて「膝が痛い」という印籠を出してきます。正義感の全くない水戸黄門と言っても過言ではありません。

むしろ黄門様が印籠を出す頻度を軽く超えていたと思います。

基本的にはお金がありません。真相は定かではありませんが、膝が痛くてバイトができないからです。味付け海苔と動物ビスケットとコカ・コーラを主食としていました。

「いきなり黄金伝説の一ヶ月○○生活」の企画はここから生まれたと言っても過言ではありません。むしろ一ヶ月という期間では甘すぎます。

歯が痛くても歯医者には行きません。基本的にお金がないからです。虫歯の無い側だけで咀嚼を続けていたので、虫歯側の頬の筋肉が退化し、頬がこけていました。

彼は髪型ではなく、顔面をアシンメトリーにしていたと言っても過言ではありません。むしろオシャレではなく生き様です。

彼について語るには紙面がいくらあっても足りないわけですが、彼が愛すべき存在であることはご理解頂けたと思います。

そして愛すべき人物であると同時に、底が見えない人物でもありました。周囲からは理解を得難い部分もあるかもしれませんが、太く気高く生きる人物なのです。

漫画アカギには「俺は偏っている。それを唯一誇りにして生きてきた」という名言がありますが、まさにそれを地で行く感じです。

お察しの通り、彼はギャンブルが好きです。

雀鬼のように無敗というわけではないですが、土壇場に強いというか、逆境に強いというか、そういう勝負強さを持ち合わせています。

彼はお金がないので常に負けられない状況です。常に背水の陣です。
(なので、最初に軍資金の必要のない麻雀を好んでやっていました。)

その環境が彼に勝負強さという素晴らしいギフトを与えていたのです。

旅行で行ったマカオの夜

そんなTJ君を含む大学の友人とマカオに行った時のことです。

当然お金のないTJ君は当初参加を固辞していました。しかし、お金が理由で参加しないのはあまりにも残念です。

お金は借りれば何とかなりますが、時間や体験は何ともなりません。そんな感じでTJ君を説得し、友人から旅行資金を工面して無事にマカオ出発となりました。

私自身もギャンブルは嫌いではないのでワクワクしながらマカオに乗り込みました。

ギャンブル好きのTJ君ならなおさらです。

奇しくも前回のコラムでギャンブルの話にも触れながら、「祭り化」についてご説明しましたが、まさに祭り化状態です!!

しかし、TJ君は私の想像を遥かに超えた決意を持ってその場に臨んでいたのです。楽しむなんて気はさらさらなかったです。

彼の思いはただ一つ…

ギャンブルで借金(旅行資金)を返済する!

確実にダメな奴の思考パターンです。借りた金を全て突っ込むパターンです。航空券はあるので帰りは確保出来ていますが、残りの日程はどう過ごすつもりなのでしょうか?

いや、彼には「負けたら…」などという考えはなかったのでしょう。

彼はわずかな軍資金(そもそも旅費を借りているのでそこまで資金は無かった)を何に投じるか、フロアをゆっくりと歩きながら慎重に見定めていきます。

私達は既にブラックジャックやルートレット、バカラなどに興じていましたが、彼は「見」の状態です。

そして彼がついに動き出しました。彼が席に着いたのは「大小(だいしょう)」のテーブルでした。

– 大小とは
3個のサイコロを用いてその出目の合計数を予想するゲームです。色々なパターンがありますが、一番シンプルなのは、合計出目が4以上10以下の「小」か、11以上17以下の「大」か、張るというものです(ゾロ目は別扱い)。これが当たれば掛け金が2倍になります。

ルール的にはルーレットに似ていると思います。

いざ、勝負の時!彼はどこにいくら賭けるのか…




「!?!?」

周囲にいる人々からすると微々たる額ですが、私達にとっては驚愕です。

彼は全額を投じていたのです。せっかくマカオに来て、わずか1BETで終わる可能性があります。それはそれでオモロイですが…。

投じたのは「大」です。色々と高倍率な賭け方はありますが、シンプルに2倍になる「大」に全額という判断でした。

緊張の瞬間…

出目は???

3、4、6の「大」

彼は勝ったのです。生き残ったのです。そしてここからさらに我々を驚かせることになります。倍プッシュです。

再び彼は全額を「大」に投じます。これは本当の話なのですが、ここからは彼は四連続倍プッシュで「大」に投じ続けました。

そして全勝しました。テーブルで見ていた客は湧いていました。ざわざわ…ざわざわ…していました。そしていよいよ五連続いくか!と周囲が期待している最中、彼はスッと席を立ち、その場から離れてしまいました。

彼は目的を達成していたのです。旅費を超える金額を獲得した時点でキッパリと席を立ったのです。まだイケるんじゃないか、もっと楽しみたい、周囲が期待している、そんな誘惑をスパッと断ち切ったわけです。わずか4BETでマカオの夜を終えたのです。

大きく一息をつき、ハイライトを吸い始めた彼の顔は、やはりアシンメトリーでした。

しかし、それ以上にやり切った漢の顔が印象的でした。このマカオでの夜は私達に大きな学びを与えてくれました。

流れを見極めるまでは「見」
勝負するときは、ためらわず一気に
目的達成を何よりも重視、感情に流されない

普段は怠惰で自堕落なダメ人間であるTJ君。しかし極限の状態に置かれると並外れた度胸と博才を発揮する男。そんな彼から今後も目が離せません。

ビジネスの世界に置いても勝負の瞬間はたくさんあります。私は大きな勝負どころでは、いつもマカオの夜を思い出すようにしています。