▶︎▶︎ 仕事を効率化させたい方に!仕事の効率を上げる7つの方法とコツをご紹介!

プライベートでもビジネスでもGmailでメールを利用する方は多いのではないでしょうか?

Gmailにはショートカットキーが設定されているので、キーボードのみで操作ができ、効率的にGmailを利用できるようになります!

本記事では、Gmailのショートカットキーの中でも、特に使えるものを厳選してご紹介いたします。

▶︎▶︎Excelもショートカットキーで効率よく操作できます!Excelのショートカットキー53選!

事前設定

Gmailのショートカットキー50選!Gmailを便利に使いこなすコツ| Senses Lab. | 1

まず、Gmailでショートカットキーを機能させるには、事前設定を行わなければなりません。

「キーボードショートカット」をONにする必要があります。手順は以下の通りです。

1.PCでGmailを開き、歯車のマーク→設定の順に選択します。

2.「設定」の画面が表示されたら、「全般」タブを選択し、スクロールバーを下にスクロールさせます。

3.「キーボードショートカット」をONの状態にし、「変更を保存」ボタンを押して完了です!

Gmailで使えるショートカットキー

Gmailのショートカットキー50選!Gmailを便利に使いこなすコツ | Senses Lab. | 2

Macでは[Ctrl]の代わりに[Command]を押します。

受信トレイ画面で使えるショートカットキー15選

受信トレイ画面で使えるショートカットキーをご紹介します。

受信トレイ画面で、あるメールが選択された状態のときは、そのメールの左横に青い線が表示されているでしょう。

その状態のメールに、次のキーでアクション(Enterキーで開くなどして)を起こすことができます。

以下は受信トレイで使える15のショートカットキーです!

1.次/前のメール : J/K
矢印キーで受信トレイの選択メールを上下に動かすこともできますが、代わりにj/kのキーを使えば、タイピングをする位置から手を動かす必要がなくなります!大量のメールを処理するのに便利です。

2.選択X
受信トレイのメールを選択するにはxキーを押します。(再度xキーを押すと選択を解除できます。)
このショートカットとj/kのキーを使って複数のメールを選択すれば、選択した全てのメールに一度にアクションを適用することができます。
例えば、メールを開かずに複数のメールを一度にアーカイブしたいときは、アーカイブしたいメールを全て選択して、その後に以下のショートカットキーを押しましょう。

3.アーカイブE
このショートカットはメールを読んでいるときにも使えます。受信トレイではなく、特定のラベルのついたメールを見ている場合は、yキーを押せばそのメールからラベルが外れます。

4.検索/
このショートカットキーを使うと、カーソルが検索ボックスに移動します。

5.取り消しZ
受信トレイで最後に行ったアクションを取り消すには、[Ctrl]+Zの代わりにこのショートカットキーを使います。

6.スヌーズ:B

7.既読にする:[Shift]+I

8.未読にする:[Shift]+U

9.重要マークをつける:+または=

10.重要マークを外す:-

11.スレッドを選択:X

12.スレッド全体を展開する:;

13.スレッド全体を折りたたむ::

14.To doリストにスレッドを追加:[Shift]+T

15.ツールバーにフォーカスを移動:,

メールを開いているときに使えるショートカットキー10選

メールを開いているときに使える10のショートカットキーをリストアップします!

1.次/前のメールに移動j/k
このショートカットキーは、その時読んでいるメールをアーカイブしたり、受信トレイに戻ったりせずに次/前のメールに移動することができます。

2.アーカイブして次/前のメールに移動[ ]
受信トレイ以外の特定のラベルのメールを見ている場合、このショートカットキーでラベルを外し、次/前のメールに移動できます。

3.削除:#
4.スパムに移動:!
5.返信:R
6.新しいウィンドウで全員に返信:[Shift]+R
7.全員に返信:A
8.新しいウィンドウで全員に返信:[Shift]+A
9.転送:F
10.新しいウィンドウで全員に転送:[Shift]+F

メール作成中のときに使えるショートカットキー10選

メール作成中に便利な10のショートカットキーを紹介します!

1.新規でメールを作成C
新規のメールの作成ウィンドウが開きます。

2.CC、BCCで宛先を追加する[Ctr]l+[Sfift]+[C(B)]
メールを複数の人に送るとき、このキーを使うとCC欄(最後にCを押した時)、BCC欄(最後にBを押した時)にカーソルが移動します。

3.メールを送信する[Ctrl]+[Enter]
本文にカーソルがある状態でこのキーを押すと、すぐにメールが送信されます。送信していいか、確認のダイアログは表示されないので、間違いがないかよく見てから押しましょう。

4.送られてきたメールに返信するR
メールを開いている状態でこのキーを押すと、このメールの送信元だけに返信するメールの作成ができます。

5.全員にメールを送信するA
メールを開いている状態でこのキーを押すと、[from]と[cc]にあるアドレス全員にメールを返信できます。

6.受信トレイを表示する[G]→[I]
どんな作業をしている時でも、このキーを押すだけで受信トレイに戻ることができます。

7.下書きを表示する[G]→[D]
[下書き]に保存されているメールの一覧を表示します。

8.送信済みのメールを表示する[G]→[T]
[送信済]に保存されているメールの一覧を表示します。

9.メールを検索する
このキーを押すと検索バーにカーソルが移動するので、探したいメールのキーワードを入力すると、そのキーワードに関係するメールの一覧が表示されます。

10.重要なメールにスターをつけるS
このキーを押すと、メールの送信者の左側に星印が表示されます。重要なメールやあとで読み返したいメールにつけておくと探しやすくて便利です。もう一度[S]を押すとスターが解除されます。

メールの書式設定をするときに使えるショートカットキー15選

メールの書式設定に便利な15のショートカットキーを紹介します!

1.前のフォントに切り替える:[Ctrl]+[Shift]+5
2.次のフォントに切り替える:[Ctrl]+[Shift]+6
3.文字サイズを縮小:[Ctrl]+[Shift]+[−]
4.文字サイズを拡大:[Ctrl]+[Shift]+[+]
5.太字にする:[Ctrl]+B
6.斜体にする:[Ctrl]+l
7.下線を引く:[Ctrl]+U
8.番号付きリストを入力:[Ctrl]+[Shift]+7
9.箇条書きを入力:[Ctrl]+[Shift]+8
10.引用符を入力:[Ctrl]+[Shift]+9
11.インデント減にする:[Ctrl]+[
12.インデント増にする:[Ctrl]+]
13.左揃えにする:[Ctrl]+[Shift]+L
14.中央揃えにする:[Ctrl]+[Shift]+E
15.右揃えにする:[Ctrl]+[Shift]+R

終わりに

Gmailで使える基本的なショートカットキーについてご紹介しました。よく使うものから覚えていって、効率的にGmailを活用して業務効率を上げていきましょう。

Senses メール一斉配信機能のご紹介

弊社が2020年4月に実施した調査によると、8割以上の営業組織が「商談機会が減少している」と回答しています。 過去の失注案件への定期フォローが出来ていない場合、 多くの見込案件が眠っているケースがあります。 商談の機会を増やすための施策として、メール配信は有効です。

資料をダウンロードする
スキルアップ関連

仕事に関するTips

スキルアップの関連記事

SFAなんでも個別相談会

営業支援ツール(SFA)紹介デモ動画

Sensesデモ動画バナー

【1分で診断!】営業組織の到達度

sales-organization-check

Senses メール一斉配信機能のご紹介

弊社が2020年4月に実施した調査によると、8割以上の営業組織が「商談機会が減少している」と回答しています。 過去の失注案件への定期フォローが出来ていない場合、 多くの見  …詳細を見る