B2Bビジネスの今、スタートダッシュに備えるDX・データ活用

概要

緊急事態宣言全面解除、これからの1、2ヶ月
レベニュー組織は何をすべきか議論する60分

新型コロナウイルス禍によって、多くの企業が投資を見送り、一時的に経済活動がスローになりました。
展示会や訪問営業といった対面のコミュニケーションが封じられ、オンライン商談やオンライン展示会が普及することでDXが進むなど、良くも悪くもビジネスに影響を与えた数ヶ月でした。

緊急事態宣言が全面解除された今、働き方やビジネス活動はどのように変わっていくのでしょう?
企業のマーケティングと営業活動は、今まさに時代の転換点にあると言えます。

本セミナーでは、営業成果の最大化に特化したSFA「Senses」を提供するマツリカと、コンテンツマーケティングを支援するイノーバが、アフターコロナのマーケティング・営業のあるべき姿について対談いたします。

コロナのBefore/Afterでビジネスはどう変わったか?逆に、変わらなかったことは何か?
今後、企業が直面する課題とは?まず、何から取り組むべきなのか?

経済が再び動き出すタイミングに、最高のスタートダッシュを切るために、今何をすべきか?
この対談がヒントになるはずです。ぜひご参加ください。

詳細

セミナー名

B2Bビジネスの今、スタートダッシュに備えるDX・データ活用

対 象

・役員・経営者様
・営業組織のマネジメントをされている方
・営業組織のデジタルトランスフォーメーションを推進されている方

日 程 2020年6月16日(火) 10:00-11:00
会 場

インターネット環境がある場所でしたら、PC、スマホ問わずにどこからでもご参加いただけます。
※視聴方法は開催前日・当日にお送りするリマインドメールでご連絡いたします

参加費 無料
注意事項

・法人様対象のセミナーのため、個人でのお申し込みは受け付けておりません。
・当日セミナー中の録音、撮影はご遠慮ください。
・主催企業の事業と競合する企業様からのお申し込みは、お断りさせていただきます。
・講演内容は予告無く変更となる場合がございます。
・本セミナーは録画を行い、後日主催企業のホームページにて公開する可能性がございます。

講師紹介

宗像 淳(むなかた すなお)氏
株式会社イノーバ
代表取締役CEO

 

1998年に富士通に入社、北米ビジネスにおけるオペレーション構築や価格戦略、子会社の経営管理等の広汎な業務を経験。
MBA留学後、インターネットビジネスを手がけたいという思いから転職し、楽天で物流事業立ち上げ、ネクスパス(現トーチライト)で、ソーシャルメディアマーケティング立ち上げを担当。ネクスパスでは、事業開発部長として米国のベンチャー企業との提携をまとめた。
2011年6月にコンテンツマーケティング支援の株式会社イノーバを設立、代表取締役に就任。

 

中谷 真史(なかたに まさふみ)
株式会社マツリカ
Managing Director

 

新卒にて外資系製薬会社へ入社、MR約1000名中トップセールスを経験。
その後コンサルティングファーム2社にて、日本全国多業界のセールス分野のプロジェクトを中心としたコンサルティングに従事。
2018年よりマツリカに入社。カスタマーサクセス統括部長に就任し、顧客のSenses活用による営業成果向上の支援に従事した後、現在ではManaging Director として営業組織を管掌する。
 

参加お申し込み