営業プロセスだけでなく、受注後の納品プロセスもまとめて管理

納品フローにおける社内の連携をスムーズに

受注後に発生する納品業務を管理していく場合、今まで営業が顧客とどのようなやりとりをしてきたのか、把握できる環境を作っておくことはその後の連携において非常に重要です。

Sensesの案件情報ページさえ見ておけば、営業が受注までに誰と会い、どんな資料を送り、いくらの見積書を出したかなど、重要な情報が簡単に把握でき、受注後のプロセスにおけるコミュニケーションや連携スピードを加速することができます。

メールはSensesが案件の情報として自動的に共有

Sensesのグループウェア連携機能を使えば、メールでやり取りした内容は自動的に案件の情報として蓄積されます。

顧客との重要なやり取りや、大事なメールを見落としたりすることもなくなり、プロセス中のコミュニケーションもスムーズになります。

 

活用機能

  • 案件ボード

    案件の進捗も一目で把握

  • アラート機能

    放置している案件があれば通知

  • コミュニケーションツール連携

    案件状況をコミュニケーションツールに通知

  • 資料管理

    案件で使った資料を時系列で管理