営業現場の負荷にならないSFA

今利用しているSFA、営業現場の役に立っていますか?

コストをかけて営業支援ツールを導入しているにも関わらず、蓄積されたデータは「結果」と「契約金額」のみで定着はもちろん、そもそも活用出来ていないなどの組織は多いのではないでしょうか?

営業現場にとっては入力作業が増えただけで、面倒なツールとしか思っていないかもしれません。
全ての原因は管理者目線での設計や現場のメリットを意識していない点にあります。

Sensesは毎日の営業活動に役立つMUSTな機能を、驚くほど低コストで始めることができます。

現場にとって本当に意味のあるデータを

これまでSFAが自分の営業活動に役立った瞬間はあったでしょうか?
多くの営業パーソンがこの問いにYesと言えないのではないかと思います。

Sensesは、管理者が営業数字を管理するためのツールではなく、営業現場がより多くの成果を出すために使うツールです。

自分が注力すべき案件が何なのか、放置してしまっているお客さんがいないか、成約率の高い提案メールはどんなメールか、効果的な提案資料はどれか。

Sensesは営業パーソンが本当に欲しい情報だけを提示します。

 

SFAに全ての入力は不要です

SFA運用の鬼門とも言っても過言ではない、営業活動の日々の入力。
Sensesでは営業現場のメンバーが極力入力しなくてもいいよう、顧客とのメールやり取りの自動取り込みを実現しています。

コミュニケーションツールに更新情報を反映したり、名刺管理ツールからコンタクト情報の自動同期をしたり、SFAでの入力を最低限に出来るよう、Sensesには沢山の仕掛けがあります。

活用機能

  • 案件ボード

    案件の進捗も一目で把握

  • グループウェアカレンダーとの連携

    営業予定も瞬時に把握

  • 売上実績レポート

    実績から狙うべき企業を分析

  • モバイルアプリ

    外出先でも簡単入力