事例紹介

SFAを乗り換え、コストは半分以下&顧客情報はSensesに全て集約!

Spready株式会社

業種
ITサービス
従業員数
10名以下
営業タイプ
BtoB
課題
営業情報の属人化 既存SFAからの乗り換え

絞り込み

spready様top

Spready株式会社 代表取締役 佐古様

1)企業紹介

2018年に設立されて以降、インターネットサービスの企画・開発および運営を手がけているSpready株式会社。

働き方が多様化する現代日本の中で、同社はSocial Capital(人の”つながり”資産)の可視化をコンセプトに掲げている。
つまり、個々人が持っている価値をデータとして可視化しよう、ということだ。

 

その一環としてリリースされたのが『Spready(スプレディ)』だ。企業からのニーズに対して、スプレッダーと呼ばれる個人のユーザーが、条件にマッチする友人を企業に紹介する仕組みで、法人企業は大手企業を中心に「新規事業開発で必要なネットワーキング(つながり)」を得る目的で利用する。

 

個人ユーザは自身の『つながり』を価値として提供することで様々なリワードが受け取れるシステムとなっており、本稿執筆時点ですでに3,900名以上のスプレッダー、240社以上の企業が同サービスに登録している。

2)Senses導入前の状況

 

「Spreadyはエンタープライズ領域のお客様をターゲットにしているので、粘着性のある営業活動が必要となります。担当との信頼関係が重要になる営業スタイルほど、進捗状況の管理は属人的になりがちなので、情報を透明化したいという思いがありました」

 

そう語るのは、同社代表取締役の佐古様。他にも、メールを休眠顧客に一斉配信しての掘り起こし活動などにも、ツールを活用したいと考えられていたそうだ。

 

そんな佐古様がSFA(営業支援ツール)の更新を検討し始めたのは、2021年の初頭。当時は外資系のツールを利用していたが、課題も多かったとのことだ。

 

「ちょうどその頃、私たちは直近1年で『Profiee Teams(プロフィーチームス)』という新しいサービスをリリースしました。リード(見込み客)を判別する仕組みなども、新しく作る必要がありました」

 

『Profiee Teams』は組織づくりの課題を解決する目的で開発された、クラウド型の企業名簿だ。在宅勤務やリモートワークが推進されている一方で、コミュニケーション機会の減少や情報をキャッチアップする難しさ、それに伴う生産性の低下に課題を感じる企業は少なくない。

 

このような課題を解決すべく、『Profiee Teams』では社員同士の相互理解を切り口とし、自身のプロフィールを気軽に社内に共有できるサービスを提供している。エンタープライズ領域を狙う『Spready』とは、異なるターゲット設定が必要となる。

 

「ただ、当時のツールはカスタマイズの難易度が非常に高く、苦労するのが目に見えていました。ツール専任の担当者をアサインする必要もあり、コストパフォーマンスが合わないと感じていました。そんな時に紹介されたのが、Sensesだったんです」

3)Senses導入の決め手と効果

本格的に、SFA更新の検討を開始した佐古様。複数社と比較検討を行ったうえで、Sensesの導入を決めた要因は「コストメリットの大きさ」そして「設計の容易さ」だったという。

 

spready-2

 

Sensesを導入することで、まず従来のコストを半分以下に抑えることができました。操作も非常に楽で、誰でも簡単にカスタマイズができます

 

「営業活動のプロセス設計も、容易におこなえます。スタートアップでありながら複数の商品を扱う当社にとっては、Sensesはまさにうってつけのツールだったんです」

 

そして、Sensesを導入することに決定した同社。導入からわずか数ヶ月にもかかわらず、顧客情報は全てSensesで一元管理する体制を構築できたという。その活用法についても、佐古様に伺うことができた。

 

「当社の主力商品である『Spready』は受注したら終わりではなく、受注後のサービス提供でLTV(顧客生涯価値)を伸ばす、というビジネスモデルをしています。そのため、受注までのプロセス管理に加えて、受注後の顧客管理も非常に重要です」

 

「Sensesでは『案件ボード』という機能で案件の状況を一目で把握することができるのですが、当社では『Spready』の受注前・受注後、昨年リリースした『Profiee Teams』のプロセス管理、さらには社内タスクの進捗管理など、5枚ほどのボードを作成しています」

 

 

案件ボードでは営業案件をカード形式で表示することで、直感的に状況が把握できる。さらに複数枚の案件ボードを使い分けることで、商品ごとや受注前後など、異なるプロセスについても管理することが可能となるのだ。

 

「売上金額なども案件情報に登録し、売上管理もSenses内で行っています。顧客活動で得られた情報は全てSensesに入っているので、当初から意識していた『情報の透明性』については十分に担保できていると思っています。社内で何か質問された際にも「顧客情報は全部Sensesに入ってるから、聞く前にまずはSensesを確認してみて!」って言えちゃうぐらいです(笑)」

4)今後の展望とSensesへの期待

「Sensesを導入して良かったという声が社内からも沢山聞こえます」と語ってくださった佐古様。最後に、今後の展望について伺った。

spready-4

 

「現状の機能でほぼ満足しているのですが、強いて言えばこれから組織が大きくなるにつれて、データの権限周りは整理したいと考えています。Sensesでは、誰がどのデータを利用できるかの『権限設定』も柔軟に行えるので、活用していきたいですね」

「顧客情報がSensesでしっかり管理できているからこそ、今後はマーケティング活動により注力する予定です。当社の商品はいずれも、これから大きくグロースさせていく必要があります。効果的なマーケティング活動にいかに適切に投資できるかを、これからは重視していきたいと思います」

絞り込み

Sensesの概要資料をダウンロードする