みなさんの会社では、メールやスケジュール管理、ドキュメント共有にどんなツールを使っていますか?
どこのベンダーのものにせよ、一つのグループウェアにまとめている会社が多いのではないでしょうか。

「G Suite(旧Google Apps)」もグループウェアのひとつで、ご存知の通り、Googleが提供するサービスです。

G Suiteだけでも便利な機能がたくさんありますが、実は、外部連携させることで、さらに大きな効果を生み出すことができることはご存知でしょうか?

今回の記事では、G Suiteと連携することで、さらにパワーアップするツールをご紹介いたします。
無料で使えるツールもありますので、まずは試しに使ってみるのもいいかもしれません。

なぜG Suiteなのか?

企業で導入するITツールには、パッケージとSaaSの2種類があります。

■パッケージ:
パッケージ製品としてユーザーにライセンス販売し、ユーザーは自分の持つコンピュータでそのソフトウェアを稼働させ、利用する。

■SaaS(サースまたはサーズ/Software as a Service):
ソフトウェアをユーザー側に導入するのではなく、ベンダ(プロバイダ)側で稼働し、ソフトウェアの機能をユーザーがネットワーク経由で活用する。

従来のソフトウェア販売はパッケージ製品が中心でした。
しかし、富士キメラ総研の調査によると、2015年度の国内グループウェアの市場規模は、パッケージが215万5000ID、SaaSが660万ID。SaaSの利用がパッケージの3倍もあります。

G SuiteもSaaSと呼ばれるタイプで、シェアは国内2位(シェア33.5%)。Gmailやスケジュール管理など毎日使用し、業務効率化に繋がる機能がたくさんあることから、多くの企業で導入されており、これからも増えていくことは間違いないでしょう。

Package vs SaaS

またG Suiteで外部連携できるツールは、シェア1位のOffice 365(シェア39.4%)で、連携できるツールも多く、G Suiteさえ導入しておけば、ほとんどすべてのツールと連携させることができます。

G Suiteと連携することで業務効率がアップするツール10選

G Suiteと外部連携できるツールは、それこそ星の数ほどたくさんあります。
そこで、Senses Lab.編集部が選んだおすすめのツールをご紹介したいと思います。

Senses

Senses

【製品概要】
いきなり、自社サービスの宣伝かと思われるかも知れませんが、せっかくなのでご紹介させてください!
G Suiteとの連携が充実した営業支援ツール(SFA)。
G Suiteとの自動連携により、営業現場の入力の負荷を無くし、情報共有がスムーズに行えます。

また、G Suiteと連携をすればGmailの画面から案件情報が更新できるなど、現場の営業メンバーが使いやすいUIになっています。

【G Suite連携で実現する業務改善】
・メールの内容をSFAに自動で取り込める
・カレンダーの予定をSFAと同期
・Google ドライブで簡単に資料を管理できる

【費用】
月額費用:1ユーザー5,000円~

Slack

【製品概要】
社内のコミュニケーションを円滑にするチャットツールで、個人同士のコミュニケーションだけでなく、チャネル(グループ)をつくってチーム内でコミュニケーションすることもできます。

外部連携できるツールが多く、情報をSlackに飛ばして仕事の最新情報をリアルタイムで把握することが可能です。(外部連携リスト:https://slack.com/apps

【G Suite連携で実現する業務改善】
・SlackからGoogle ドキュメント、スプレッドシート、スライドを新規作成することが可能
・Google ドライブのファイルを簡単に共有できる

【費用】
月額費用:1ユーザー0円~

Coo Kai

【製品概要】
Coo Kaiは、業務効率化のためにG Suiteと連携できるアプリケーションを提供しています。
G Suite以外のグループウェアを使っている企業でもスムーズに移行ができるように開発、保守運用までトータルでサポートしてくれます。

【G Suite連携で実現する業務改善】
・掲示板形式での情報共有
・ワークフローの管理
・組織カレンダー(グループごとのスケジュール管理)
・組織アドレス帳(社内外の連絡先の共有)

【費用】
月額費用:非公開

zapier

【製品概要】
750以上のツールを連携させることで、クリックだけでワークフローを構築し、自動化できるツールです。
G Suiteの他にもたくさんのツールと連携が可能で、以下のようなことができます。
・スプレッドシートが更新されるとGmailで通知メールが飛ぶ
・Twitterのメンションをスプレッドシートで保存
・Google カレンダーに入れた予定をEvernoteで保存

【G Suite連携で実現する業務改善】
・Googleツールと連携し、業務の自動化ができる

【費用】
月額費用:$0~

Sales Cloud

Sales Cloud

【製品概要】
Salesforceが提供する、世界トップシェアの営業支援ツール(SFA)です。
コンポーネント(機能)を組み合わせることで自社に合わせたカスタマイズが可能で、同社のマーケティングオートメーション(MA)ツールと連携させることもできます。

【G Suite連携で実現する業務改善】
・コンタクトの情報を同期できる
・カレンダーの予定をSFAと同期できる
・メールの内容をSFAに自動で取り込める

【費用】
月額費用:1ユーザー9,000円~

123MAPS

【製品概要】
Google MAPを活用した顧客マッピングツールで、Googleスプレッドシートに入力している顧客情報、営業情報、見込み情報などをGoogle MAP上で確認することができるようになります。

外出先から顧客情報や営業情報の確認・入力ができ、業務効率を高めることができます。

【G Suite連携で実現する業務改善】
・スプレッドシートとリアルタイムで相互連携し、情報を地図で管理できる

【費用】
月額費用:10,000円~

Streamline

【製品概要】
交通費や経費精算、勤怠申請、稟議書などを簡単に作成できる機能を持つワークフローツール。
フォーマットの作成もドラッグ&ドロップでできるなど、非IT部門でも簡単に導入・運用ができます。

【G Suite連携で実現する業務改善】
・Google ドライブファイルの添付ができる
・ワークフローデータをスプレッドシートで取得可能

【費用】
月額費用:1ユーザー300円~

CACHATTO

【製品概要】
携帯電話、スマートフォン、タブレット、PCからクラウド型グループウェアや社内のメール、スケジュール、グループウェア、ファイルサーバー、アドレス帳などの業務リソースへ安全にアクセスできるサービスです。

【G Suite連携で実現する業務改善】
・テレワークでも安全にG Suiteが使えるセキュリティツール

【費用】
月額費用:非公開

Zoho CRM

Zoho CRM

【製品概要】
営業活動や顧客の行動を見える化できる顧客管理システム(CRM)で、多言語に対応しています。

【G Suite連携で実現する業務改善】
・G Suiteのデータとあわせて顧客や商談、売上予測などを一元管理できる
・Google カレンダーにZoho CRMの予定を同期できる

【費用】
年額費用:1ユーザー17,280円~

rakumo

【製品概要】
高機能のワークフローツールで、カレンダーや経費精算、タイムレコードなど8つの機能をG Suiteと連携させることができます。

【G Suite連携で実現する業務改善】
・仲間や会議室の予定を確認できる組織カレンダー
・スケジューラーと連携して経費精算できる

【費用】
月額費用:1ユーザー50円~

Senses Lab.編集部による、2017年11月現在の調査結果です。
掲載情報についてのお問い合わせは下記までご連絡ください。
お問い合わせ:marketing@mazrica.com

その他、おすすめ記事