社内でのコミュニケーションや業務効率化に欠かせないツールとなっているグループウェアは、導入企業も急速に増えてきています。

今後もさまざまなツールが開発されると予想されている領域ですが、現在大きなシェアを誇っているのがマイクロソフト社提供の「Microsoft 365(旧Office 365)」

日本国内ではサイボウズ Officeに次ぐシェアとなっています。
そのMicrosoft 365(旧Office 365)は、そのままでも充分な機能が備わっているので業務効率化に繋がるのですが、他のSFAやCRMなどと連携させることによって更に便利になるのです。

現在、他のツールを利用しているという企業も、Microsoft 365(旧Office 365)と連携することで業務改善に繋がりますよ。

今回はそんなMicrosoft 365 と連携することで更に業務効率化に貢献できるツールを紹介していきます。

▶︎▶︎Microsoft 365(旧Office365)と営業支援ツールの連携メリットはこちら

Microsoft 365(旧Office 365)とは

Office 365とシステム連携すべきツール10選| Senses Lab. | 2

Microsoftが提供しているクラウド型グループウェアソフトの「Microsoft 365 (旧Office 365)」。
日頃使い慣れているWordやExcelなどのOfficeシリーズは、今までは買い切りでしたが、Microsoft 365 を導入するとOfficeアプリをクラウド上で使用できるようになります。

また、メールボックスやスケジュール管理アプリ、ファイル共有アプリなど、さまざまなOffice関連ツールも使うことができます。

マルチデバイス対応のため、いつでもどこでも作業や確認ができ、業務上のストレスも減らすことができます。
容量は1ユーザーあたり1TBなので、業務上のファイルやメールの管理には充分ですね。

関連記事:Microsoft Dynamics 365とは?評判・価格から、自社への向き不向きを解説

Microsoft 365 (旧Office 365)4つのソリューション

Microsoft 365 (旧Office 365)には、具体的に以下の4つのソリューションが含まれています。

・Office
Word、Excel、PowerPointなどのOfficeアプリが、常に最新バージョンで利用することが可能。
クラウド上に保存されるため、万が一パソコンの電源が切れてしまった場合でも安心ですね。

・Exchange Online
メールボックスやスケジュール管理が利用できるグループウェアアプリケーションです。
施設・設備の予約機能も備わっているので、会議室の予約や社用車の管理などにも使うことができます。

・SharePoint Online
社内だけでなく、社外の人物ともファイル共有が可能なアプリケーションです。
ブラウザ上でOfficeファイルを閲覧・共同編集することができます。

個人のパソコンに保存していると共有できなかった営業資料なども社内で共有することにより、業務の効率を上げることができるようになります。

また、アンケートやワークフロー、社内ポータルなどの機能も備わっています。

・Skype for Business Online
離れた支社や海外の取引先などとの会議の時に便利なWEB会議機能です。
画面共有・資料共有・ホワイトボード機能などもあり、会議の進行もスムーズに行うことができます。

在籍確認やチャット機能もあり、最大参加人数は250名なので、在宅勤務・テレワークを導入している企業も活用しているようです。

これらのツールが、常に最新のバージョンで使うことができるMicrosoft 365。
Microsoftならではの世界規格のセキュリティで、情報の取り扱いも安心ですね。

Microsoft 365  (旧Office 365)とG Suite(現Google Workspace)の違いは?

Microsoft 365 のようにビジネスツールのグループウェアはGoogleでも提供しています。それが「G Suite(現Google Workspace)」です。

メールボックスやスケジュール管理、チャットやファイル共有など、基本的な機能は同じような内容となっています。
また、Microsoft 365 のWord・Excel・PowerPointのようなファイル機能は、G SuiteではGoogleドキュメント・Googleスプレッドシート・Googleスライドというツールとなります。

つまり、Microsoft 365 とG Suiteの機能面での大きな違いはないように感じます。

では、どのような違いがあるかと言うと、まずは使用可能な台数の制限。
G Suiteはどのデバイスからでもアクセスできるのに対し、Microsoft 365 では最大5台まで(ビジネスプラン)という台数制限があります。

また、Microsoft 365 はもともとパソコンのローカル上で使用することを想定して開発され、その後からオンラインに対応するようになりました。

そのため、ローカルでの動作は早く、ショートカットキーなどを使う場合に優れています。
一方で、G Suiteは最初からオンライン利用を想定して開発され、後からオフラインでの作業が可能な仕様になったため、オンラインで使う際の動作性が優れています。

G Suiteと連携すべきツールに関しては以下を参考にしてください。

Google Workspace(旧G Suite)と連携することで効率がアップするツール11選

 Microsoft 365  (旧Office 365)と連携すべきツール8選

①クラウド営業支援ツールSenses(センシーズ )

Senses

【製品概要】

Senses(センシーズ )は「現場の定着」にもっともフォーカスした営業支援ツール(SFA)です。

多くの営業組織が抱える「営業の属人化」の問題を解消するためには、SFAの導入だけではなく、現場がSFAを使ってくれることが必要です。

Sensesは誰でも直感的に使いこなせる画面や現場の営業活動を効率化させる機能などに特徴があり、従来のSFAと現場への定着率が圧倒的に異なります。

また、AIが搭載されているため、自動でおすすめの営業アクションをレコメンドしてくれます。
Microsoft 365 (旧Office 365)と連携させることにより、更に営業業務の効率化を図ることができるようになりますよ。

Sensesの製品概要資料はこちらからダウンロード可能です。
▶︎▶︎【AI搭載のSFA】現場主導で営業成果を最大化する営業支援ツールSensesの機能を見る

【Microsoft365(旧Office365)連携で実現する業務改善】

  • メールボックスでの送信内容ややり取りの履歴をSensesに残しておくことができる
  • Sensesに登録したアクションと、カレンダーの内容を同期させることができる

Office 365とシステム連携すべきツール10選| Senses Lab. | 3

【費用】

無料トライアル可能

Starterプラン:月額2.5万円から
※5人のユーザーを含む
※追加ユーザーあたり月額5,000円

Growthプラン:月額10万円から
※10人のユーザーを含む
※追加ユーザーあたり月額10,000円

▶︎▶︎【無料トライアル】Sensesの使いやすさを体験してみませんか?より営業活動を効率的に!

【URL】
https://product-senses.mazrica.com/

▼▼SensesとMicrosoft365(旧office365)の連携概要資料はこちら

グループウェア 連携概要資料

②desknet’s NEO

Office 365とシステム連携すべきツール10選| Senses Lab. | 4

【製品概要】
メールやスケジュールなどの基本的な機能の他、プロジェクト管理、来訪者管理、タイムカード、仮払精算など、さまざまな機能が備わっているグループウェアのdesknet’s NEO。

その使いやすさから、業種・業界を問わずに多くの企業に導入されているだけでなく、自治体や学校での導入も進んでいるITツールです。

【Microsoft 365連携で実現する業務改善】
・desknet’s NEOにログインするだけでMicrosoft 365にもログインできる
・desknet’s NEOのポータルに登録したメニューからMicrosoft 365の各機能に直接アクセス
・スケジュールの同期

【費用】
・クラウド版標準プラン:1ユーザー400円/月
・パッケージ版はユーザー数によって変動

【URL】
https://www.desknets.com/

③Dynamics365

Office 365とシステム連携すべきツール10選| Senses Lab. | 5

【製品概要】
Microsoftが提供しているクラウド型のCRM・ERP統合アプリケーションシステムがDynamics365です。
多彩な領域をカバーしているため、必要な機能から段階を踏んで導入していくことができます。

Microsoft 365(旧Office 365)との連携により、普段CRMなどのツールを使い慣れていない人にも、データの入力障壁を下げてくれます。

【Microsoft 365(旧Office 365)連携で実現する業務改善】

  • Dynamics 365からメールの送受信、一括送信ができる
  • Outlookに予定、タスク、連絡先に追加した場合、Dynamics 365のデータに同期
  • Dynamics 365で登録したCRMデータをExcel Onlineに連携し、複数のレコードをまとめて編集
  • 商談、取引先などのCRMデータに対して共有フォルダを作成、同時編集が可能

【費用】

  • 月額費用:1ユーザー7,384円〜
  • 2つ目以降の導入で価格が変わります

【URL】
https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/

▶︎▶︎Dynamics365についてはこちら記事でも紹介しています

④Zoho CRM

Office 365とシステム連携すべきツール10選| Senses Lab. | 6

【製品概要】
Zoho CRM はCRM、SFAとして必要な機能を網羅しているツールです。
更に、MA機能も搭載されており、営業組織とマーケティング組織のスムーズな社内連携ができる仕組みを作ることができます。
ユーザーインターフェースを自由にカスタマイズできるので、自分が一番使いやすいものにできるのも特徴。

【Microsoft 365(旧Office 365)で実現する業務改善】
・Microsoft 365のアカウントをZoho CRMのユーザーとして招待できる
・カレンダーの同期

【費用】
・スタンダード:1ユーザー1,440円/月
・プロフェッショナル:1ユーザー2,400円/月
・エンタープライズ:1ユーザー4,200円/月
・アルティメット:1ユーザー12,000円/月

【URL】
https://www.zoho.com/jp/

▶︎▶︎Zoho CRMの口コミ・評判についてはこちら 

⑤Sales Cloud

Office 365とシステム連携すべきツール10選| Senses Lab. | 7

【製品概要】
世界各国で多くの導入実績を誇っているSales Cloud(Salesforce)。
営業支援、カスタマーサービス、MAなどの豊富な機能を使うことができ、業種別にカスタマイズすることもできます。

【Microsoft 365(旧Office 365)連携で実現する業務改善】
・Lightning Syncを設定することで、カレンダー(行動予定)の同期が可能

【費用】
・Salesforce Essentials:1ユーザー3,000円/月
・Lightning Professional:1ユーザー9,000円/月
・Lightning Enterprise:1ユーザー18,000円/月
・Lightning Unlimited:1ユーザー36,000円/月

【URL】
https://www.salesforce.com/jp/products/sales-cloud/overview/

Sales Cloudの口コミ・評判はこちらの記事で、詳しく紹介しています。
関連記事:セールスフォース(Sales Cloud)の評判・口コミ|導入すべき企業とは

⑥Coo Kai

Office 365とシステム連携すべきツール10選| Senses Lab. | 8

【製品概要】
Coo Kaiは、Microsoft 365(旧Office 365)とG Suiteに対応しているアドオンアプリケーション導入、カスタマイズ、運用支援サポートの統合型支援サービスです。

それぞれのクラウドグループウェアを更に活用したいという企業に対し、自社の課題や環境に合わせてカスタマイズすることができます。

【Microsoft 365(旧Office 365)連携で実現する業務改善】
・Microsoft 365(のユーザー、セキュリティグループと連携した社内掲示板
・既存システムのカレンダーデータ(CSV形式)を元に、カレンダーデータを一括移行
・宛先確認、件名漏れ、添付ファイル漏れなどをポップアップで知らせるメール誤送信防止機能
・Microsoft 365(のユーザー・グループをツリー表示

【費用】
・各ツールの利用料金はお問い合わせ

【URL】
https://www.coo-kai.jp/

⑦All Gather CRM

Office 365とシステム連携すべきツール10選| Senses Lab. | 9

CRM、SFA、マーケティング、請求管理などのさまざまな機能を持っているため、社内の各部署の連携もスムーズに行うことができるAll Gather CRM。
CTI連携やWEB連携で、コールセンターや通販などの業界でも導入が進んでいます。

【Microsoft 365(旧Office 365)連携で実現する業務改善】
・Outlookでの送受信メールを案件データや活動データとして変換
・スケジュールの同期

【費用】

  • 「Lite」プラン:1ユーザー2900円/月
  • 「Standard」プラン:1ユーザー4200円/月
  • 「Professional」プラン:1ユーザー6800円/月
  • 「Enterprise」プラン:1ユーザー9800円/月

【URL】
https://www.agcrm.com/

⑧slack

Office 365とシステム連携すべきツール10選| Senses Lab. | 10

【製品概要】
メッセージのやり取りや通話が可能なビジネスツールであるslack。
プロジェクト別やチーム別などでチャンネルを作成し、チャットのような気軽な会話からコミュニケーションのスピードが向上します。
画像やPDFなどのファイルのやり取りも可能なので、わざわざメールで送る必要もありません。

【Microsoft 365  (旧Office 365)連携で実現する業務改善】
・OneDrive上のファイルを共有

【費用】
・フリー:0円
・スタンダード:1ユーザー850円/月~
・プラス:1ユーザー1,600円/月~

【URL】
https://slack.com/intl/ja-jp/

※SlackはMicrosoft 365  (旧Office 365)以外にも様々なツールと連携できます!
関連記事:Slack連携ツール・アプリおすすめ20選!スケジュール・タスク管理を効率化

⑨zoom

Office 365とシステム連携すべきツール10選| Senses Lab. | 11

【製品概要】

WEB会議・オンライン会議のツールとして人気のzoomミーティングも、オンライン商談で活用することができます。

HD品質の映像と高音質の音声が特徴。

最大で1,000名までが参加可能で、最大49のビデオをスクリーン上に表示することができます。

バーチャル背景と外見補正機能もあり、オンラインならではの使い方もできますよ。

【Microsoft 365 (旧Office 365)連携で実現する業務改善】

カレンダー・連絡先の連携、自動入力

【費用】

・基本:無料

・プロ:月額1,679円/1ホスト

・ビジネス:月額2,239円/1ホスト

・企業:月額2,239円/1ホスト

【URL】

https://zoom.us/

⑩Dropbox

Office 365とシステム連携すべきツール10選| Senses Lab. | 12

【製品概要】

ファイルや画像の共有が簡単にできるアプリです。

PC用のアプリもあり、クラウド上にデータを保存することができます。

フォルダ別に共有相手をメールアドレスで指定したり、リンクで共有することができるだけではなく、編集の可否といった権限の設定をすることも可能。

【Microsoft 365 (旧Office 365)連携で実現する業務改善】

Dropbox に保存している Microsoft Office ファイルをウェブやモバイル デバイスから直接編集可能

Microsoft365 のチャットをベースにしたワークスペース Microsoft Teams から直接、フィードバックを確認、共有、収集可能

【費用】

・無料トライアルあり

・Professional ;¥2000/ユーザー/月

・Standard:¥1,250 / ユーザー / 月

・Advanced:¥2,000 / ユーザー / 月

【URL】

https://www.dropbox.com/

SaaSグループウェア市場の伸び

Office 365とシステム連携すべきツール8選| Senses Lab. | 1

富士キメラ総研が発表した「ソフトウェアビジネス新市場 2017年版」によると、グループウェアを導入している企業が増えてきていることが分かっています。
これは働き方改革が背景にあり、業務上の課題を改善するためにグループウェアを導入しているようです。

グループウェアが開発された当初はパッケージ型の需要が中心でしたが、導入時のハードルの低さからSaaS型の利用が増えてきています。
2016年度には、グループウェアの需要のうちパッケージ型が170億円、SaaSが990億円で、85%がSaaS型となりました。

今後、2021年度にはパッケージ型141億円に対してSaaS型は1,845億円となる予測で、これは2016年度との比率では186.4%の成長見込みがあると言われています。

SaaS営業に求められるスキルについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
関連記事:SaaSビジネスとSaaS営業とは?特徴や必要なスキルを紹介

国内のグループウェアシェア

ノークリサーチが公表した「2018年度版中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート」で、国内におけるグループウェアのシェアが発表されました。

そのデータによると、サイボウズofficeが19.4%で首位になっており、2位はOffice 365(現Microsoft 365)の17.4%、3位はサイボウズガルーンの9.3%となっています。

ここで注目すべきなのが、Office 365が2017年の14.3%から3.1ポイントも増加しているということ。
サイボウズ Officeは2017年が19.5%と横ばいであったのに対し、Microsoft 365は導入企業が増えているのです。

関連記事:グループウェア比較10選!機能・費用・特徴をわかりやすく紹介【無料あり】

終わりに

さまざまなツールがMicrosoft 365と連携できることが分かりましたね。

業務の効率化や営業力の強化を考えている企業は、ビジネスツールとの連携で課題解決に繋げましょう!

SensesとMicrosoft 365の連携の事例や、連携による業務改善については、お気軽に相談してくださいね。

Senses × グループウェア 〜SFAとグループウェア連携による営業活動の効率化の実現〜

クラウド営業支援ツールSenses(センシーズ )とグループウェアツール(Google Workspace、Microsoft365など)の連携概要資料です。SFAとグループウェアツールの連携メリットや連携詳細について紹介します。

資料をダウンロードする

投稿者プロフィール

Senses Lab. 編集部
Senses Lab. 編集部
Senses Lab.はSFA/CRM「Senses」を展開する株式会社マツリカが運営するオウンドメディアです。
Senses Lab.では営業・マーケティングに関するノウハウを中心に、ビジネスに関するお役立ち情報を発信しています。
ツール連携の関連記事

Senses × グループウェア 〜SFAとグループウェア連携による営業活動の効率化の実現〜

クラウド営業支援ツールSenses(センシーズ )とグループウェアツール(Google Workspace、Microsoft365など)の連携概要資料です。SFAとグル  …詳細を見る

広告ブロックツールが有効になっています!

広告ブロックツールが有効になっているため、フォームが非表示になっている可能性があります。

フォームを使用する際には広告ブロックツールを無効にした状態で、ページの再読み込みをお試しください。