はじめての方はこちら! ⇒ 顧客/営業管理の完全マップ【初級・中級・上級:15記事で解説】

「そろそろSFAを導入したい」「今のSFAから乗り換え(リプレイス)を検討している」という企業にとって、Microsoft社が提供している「Microsoft Dynamics 365」は候補の一つとなるでしょう。

世界No.1の導入実績を誇るセールスフォース(Sales Cloud)にも劣らない機能面と、マイクロソフト社が提供しているという安心感から、世界中で多くの導入実績のあるツールです。

本記事ではMicrosoft Dynamics 365の機能や料金などの基本的情報から、口コミ・評判までを検証し、どのような企業に向いているのかをまとめました。

自社のSFA選定の参考にしてみてくださいね。

▶︎▶︎導入後に気付くと手遅れ!失敗しないSFA/CRMの導入手順はこちら

Microsoft Dynamics(ダイナミクス) 365とは

Microsoft Dynamics(ダイナミクス) 365の評判|自社は向いてる?向いてない? | Senses Lab. | 1

マイクロソフト社が提供している「Microsoft Dynamics 365」(マイクロソフトダイナミクス365)とは、SaaS型のCRM/SFAです。

多言語に対応し全世界で展開しているため、日本だけでなく世界各国の企業での導入実績があります。
Office365とのシームレスな連携も可能なので、普段からOffice製品を活用している企業にとっては作業効率の向上が期待できるでしょう。

▶︎▶︎Microsoft 365とシステム連携すべきツール

Microsoft Dynamics 365は以下の機能をもつアプリから必要なものだけを選んで利用することもでき、自社にとって最適なツールとして活用することができます。

・Sales(営業支援)
AIによる予測やインサイト、営業トークや参考資料など営業ナレッジの蓄積、営業実績の分析など

・Marketing
リードに合わせた最適な施策実行、AIを活用したインサイト、ツール同士の統合によるマーケティング施策効率化など

・Customer Service
顧客へのスピーディーな対応、AIを活用した顧客課題の解決、文字起こしや感情分析など

・Field Service
トラブルの事前検出、最適なタイミングでの技術者派遣、技術者専用のヘルプなど

・Finance(財務管理)
キャッシュフローや顧客支払いの正確な予測、債務・予算管理・財務計画の分析など

・Business Central
財務管理・在庫管理・プロジェクト管理などをあらゆるデバイスで一貫したユーザーエクスペリエンスを実現

・Supply Chain Management
在庫管理、物流管理、生産リソースの適切な配置など

・Commerce
デジタルコマースの構築と運営、小売業の在庫管理、オンラインとオフラインのチャネルをまたいだ顧客コミュニケーションなど

・Human Resources(人事)
従業員のプロファイリング、人事プログラムの最適化、ワークフローやタスク管理の自動化など

アプリ同士の連携も可能なので、部門間での情報共有が必要な場合にもおすすめ。

Microsoft Dynamics(ダイナミクス) 365のメリット

Microsoft Dynamics 365を利用することで、どのようなメリットや効果を得ることができるのでしょうか。

・必要な機能のみを利用できる
いろいろな機能が搭載されているツールは便利なイメージがありますが、実際には使わない機能もあって複雑になってしまい生産性を下げてしまうことも。

Microsoft Dynamics 365は先述の通り必要な機能のアプリのみを利用することができるため、自社にとって最適なツールにカスタイマイズすることができます。

例えば「マーケティング」と「セールス」を連携することで受注までのプロセスを一元管理したり、「Customer Service」と「Field Service」を連携して顧客の問い合わせから技術者の派遣までをスムーズにしたりすることも可能。

自社の業種・業態やワークフローに応じて柔軟な使い方が実現します。

・Microsoft製品とのデータ連携
普段の業務でExcelやWordなどのOffice製品を利用しているビジネスパーソンも多いと思います。
Microsoft Dynamics 365はそれらのツールからのデータ取り込みが可能なので、Excel上にある案件情報をSalesに同期することもできます。

二重管理や二重入力の必要がなく、ミスや手間を減らすこともできるでしょう。

・搭載されたAIで、より鮮明で細かい分析が可能
Microsoft Dynamics 365にはAIが搭載されており、より細かなインサイトが可能になります。
例えば、SalesではAIが営業活動を提案してくれるため、営業担当者は次にするべきアクションが明確になり営業活動が効率化します。

▶︎▶︎営業効率を上げる方法はこちら

また、Customer ServiceではAIが会話から類似するサポート案件やナレッジ記事を提案してくれ、顧客の問い合わせ内容に対して素早く回答することが可能。
さまざまなアプリにAIが搭載されており、あらゆる業務を最適化・効率化してくれます。

・クラウド型orオンプレミス型を選択できる
Microsoft Dynamics 365は、現在主流のクラウド型だけでなく自社内に設置するオンプレミス型も用意されています。
自社のセキュリティやITの方針などによってはクラウド型を導入することが難しいという企業でも、オンプレミス型でMicrosoft Dynamics 365を利用できるのは嬉しいですね。

最初はクラウド型で使い勝手を試してからオンプレミス型で本格的に導入することも可能。
自社にとって最適な導入形態を選ぶことができる点がメリットですね。

ただしクラウド型とオンプレミス型では利用できる機能に違いがあるため、詳しくはこちらのページをご確認ください。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/fin-ops-core/fin-ops/get-started/cloud-prem-comparison

Microsoft Dynamics 365の価格表

Microsoft Dynamics 365は、アプリや利用できる機能によって料金が異なります。
簡単にまとめたので参考にしてください。

【Marketing】
・他のDynamics365アプリを利用している組織:月額81,540円/1テナント
・他のDynamics365アプリを利用していない組織:月額163,070円/1テナント

【Sales】
・Sales Professional:月額7,070円/1ユーザー
・Sales Enterprise:月額10,330円/1ユーザー
・Sales Premium:月額14,680円/1ユーザー
・Microsoft Relationship Sales:17,576円/1ユーザー

【Customer Service】
・Customer Service Professional:月額5,440円/1ユーザー
・Customer Service Enterprise:月額10,330円/1ユーザー
・Virtual Agent for Customer Service:月額119,590円/1テナント

【Field Service】
・Field Service:月額10,330円/1ユーザー
・Remote Assist:月額7,070円/1ユーザー
・Guides:月額7,070円/1ユーザー

【Finance】
・Finance:月額19,570円/1ユーザー
・Business Central Essentials:月額7,610円/1ユーザー
・Business Central Premium:月額10,870円/1ユーザー

【Commerce】
・Commerce:月額19,570円/1ユーザー

【Human Resources】
・Human Resources:月額13,050円/1ユーザー

価格は全て2020年11月現在のものとなります。
より細かい料金表は公式サイトを参照してください。
https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/pricing/

Microsoft Dynamics 365の口コミ・評判

Microsoft Dynamics(ダイナミクス) 365の評判|自社は向いてる?向いてない? | Senses Lab. | 2

Microsoft Dynamics 365の特徴や価格を理解できたところで「自社でも導入を検討しようかな」と思っている人もいるでしょう。

そこで気になるのは、実際のユーザーによる口コミやレビューですよね。
比較サイト、口コミサイト、SNSなどからMicrosoft Dynamics 365の評判をまとめてみました。

・CRMとしてだけでなく、それに関連する機能も充実している
・Office製品との互換性が良い
・膨大なデータを蓄積でき、それらを組み合わせて緻密な分析もできる
・社内の各部門で連携できるため生産性が向上する
・海外製品だから使いにくい部分もある
・ユーザー数に応じて一ヵ月の利用料金も高くなってしまうため、大規模に導入すると莫大なコストがかかる
・ダウンロードやアップロードに時間がかかる
・営業現場や商談後すぐに入力することは難しい

満足度の高い口コミが多い一方で、操作性やコストパフォーマンスについての辛口な評価も目に留まりました。

Microsoft Dynamics 365が向いている企業とは

Microsoft Dynamics 365の機能や特徴に加えて、口コミ・評価・評判などを基にして、どのような企業に向いているのかを検証してみました。

以下のような企業であればMicrosoft Dynamics 365の利用が向いていると言えるので、自社の特徴や課題などとマッチしているかを判断してみてください。

・部署間でツールを統合して情報連携したい企業
CRM/SFAだけでなく、マーケティングやカスタマーサポート、生産部門や人事などさまざまな機能をもつMicrosoft Dynamics 365。

それぞれのアプリを連携して利用することができるため、データを統合してシームレスな連携が可能になります。
部署ごとに異なったツールを導入していると、情報連携ができなくなるという課題が起きてしまいます。

Microsoft Dynamics 365という統一のツールを利用することによって情報連携をスムーズにし、生産性の向上を狙うことができるでしょう。

・すでにMicrosoft製品を導入している企業
現在「Excelで案件管理をして、CRMで顧客管理や売上管理をしている」という企業も少なくないでしょう。
しかし二重入力によるミスや、二重管理の手間がかかってしまい、効率が悪くなってしまいます。

ところがMicrosoft Dynamics 365はExcelやOutlookなどのMicrosoft製品とシームレスに連携可能。
Microsoft Dynamics 365を導入すると「Excel Online」も利用できるようになるため、Excel資料もすぐにオンラインで共有できます。

・CRM/SFAを使い慣れている会社
機能が充実しているため、初めてSFAを導入する人にとってはハードルが高いかもしれません。

▶︎▶︎Microsoft Dynamics365を含むSFA40種類以上をまとめて比較!SFA分類チャート

Microsoft Dynamics(ダイナミクス) 365の評判|自社は向いてる?向いてない? | Senses Lab. | SFAチャート

そのため「現在のSFAは機能が少ない」「AIが搭載されたSFAを使いたい」などSFAのリプレイスを検討している会社にとっては、Microsoft Dynamics 365がおすすめです。

ただし、海外製品のため日本企業のスタイルに合っていない部分も多く、国産SFAのほうが使い勝手が良いと感じる人も多いようです。

Microsoft Dynamics 365を利用したい場合は、日本製のツールでSFAの使い方に慣れてからリプレイスをすると良いでしょう。

▶︎▶︎Sensesを活用した「営業管理」14の必殺テクニック!

純日本製の営業に特化したツールを使いたい人向け

Microsoft Dynamics(ダイナミクス) 365の評判|自社は向いてる?向いてない?| Senses Lab.| 3

営業支援だけでなくさまざまな部門の業務をサポートしてくれることは便利ですが、一方で「機能が多すぎると使い切れない」という声も聞かれます。

また、口コミにあるように、Microsoft Dynamics 365は海外製のため日本企業の営業スタイルと親和性が高いとは言い切れません。

AIによる緻密なインサイトや売上分析などを得意とするMicrosoft Dynamics 365はマネージャー向きで、「営業現場で使いやすいツールを探している」という組織にとってはあまり向いていないでしょう。

そこで「日本企業の営業スタイルにマッチしている」「営業現場で使いやすい」「営業支援に特化している」という条件を満たすツールとして「Senses」(センシーズ)をご提案させていただきます。

株式会社マツリカが開発・提供しているため、Sensesは日本企業にマッチした国産SFAです。

シンプルなインターフェースやドラッグ&ドロップの操作性、メールアプリやスケジュールアプリとのデータ同期など、忙しい営業担当者にとっての利便性を追求した設計が特徴。

実際の口コミを確認しても「操作性が良い」「使いやすいから定着しやすい」という評価が多く見られました。
マルチデバイスで操作や閲覧が可能なので、移動中や出張中でもデータを入力したり確認したりすることができます。

またMicrosoft Dynamics 365同様にAIが搭載されていることもポイント。
蓄積された営業データをAIが分析し、さまざまな予測や提案をしてくれるのです。

例えば「この取引先にはどのようにアプローチをしたらいいだろう?」と悩んだときには、Sensesが過去の類似案件から勝ちパターンを導き出し、提案書やメールの文面などを提案してくれます。

また、2020年8月からは営業案件の受注予測機能「Senses Insight」を提供開始。

同機能ではAIが受注確率を予測したり失注リスクを検知したりしてくれるため、確度の高い案件に注力したり失注しないよう事前に対策を打ったりすることができるようになります。

もちろん売上分析や案件の可視化など、マネージャーにとっての利便性も兼ね備えています。
営業現場・管理者の双方が使いやすいツールであることが、運用定着の近道なのです。

▶︎▶︎純日本製で新規営業活動の管理を得意とするSensesの無料PDF資料をダウンロード

Sensesの機能と活用例

営業の掘り起こし|今成果が求められる営業施策をツールと共に徹底解説| Senses Lab.|senses

ここからはSensesの具体的な機能や活用例をご紹介していきます。
自社の営業課題とマッチしているか参考にしてみてくださいね。

●案件管理
一つひとつの案件は「案件カード」という形で管理されます。
案件カードには商品名・契約金額・契約予定日などが表示され、案件カードをクリックするとさらに詳しい内容やそれまでの営業履歴などを確認することが可能。

案件カードは「案件ボード」というダッシュボードで一覧表示され、営業プロセスのフェーズごとに進捗を確認できます。
直近の営業アクションからの経過日数に応じてカードの色が変化するアラート機能もあり、対応が漏れていたりアプローチにつまずいていたりする場合もすぐに把握することができます。

●取引先管理、コンタクト管理
Sensesでの顧客管理の方法は、取引先情報に紐づいて各担当者の情報を管理します。
Sensesには企業データベースが内蔵されており、取引先の企業名を入力するだけで住所や電話番号などの基本情報だけでなく財務情報やプレスリリースなども自動で取得可能。

コンタクト管理では各企業の担当者のデータを管理することができ、複数の部署と取引している場合や意思決定に関わる人物が多い場合にも便利。
担当者ごとに営業履歴を蓄積することもできるため、どんなやり取りをしたのか振り返るのも簡単です。

●分析レポート
Sensesでは自動で分析レポートを抽出することができるので、営業会議やミーティングの資料をわざわざ作成する必要もなくなります。
Sensesの分析レポート機能として4つご紹介します。

・売上実績レポート:確定した売上金額をグラフ化することで、どの商品やチャネルで多く売り上げているかを把握する
・売上予測レポート:フェーズや確度ごとに売上予測を行うことで、月末や期末までの営業方針決定に役立てる
・ファネル分析レポート:どのフェーズで失注してしまっているのかを分析し、営業担当者や商品のボトルネックを把握する
・アクション分析レポート:どのフェーズでどのような営業アクションを実行しているのかを把握して勝ちパターンを導き、営業の標準化を図る

●外部サービスとの連携
Sensesはさまざまな外部サービスとも連携可能なので、更なる効率化を図ることができます。
現在Sensesと連携できるサービスの中で、代表的なものをいくつかご紹介します。

・Gmail連携:送信したメールの内容をSensesの営業アクションとして取り込める
・カレンダー連携(Google、Outlook、ガルーン):商談予定などをアクション登録すると、カレンダーにも自動で同期される
・Sansan連携:Sansanで取り込んだ名刺データがSenses内の取引先・コンタクトとして登録される
・Marketo連携:Marketoのリードに関するさまざまなデータが同期される
・pickupon連携:pickuponでの通話から重要箇所をSensesに自動入力

Sensesはほかにもさまざまな外部サービスと連携しています。
現在ご利用中のツールがある場合はSensesと連携することで、効率化や生産性向上が期待できます。

▶︎▶︎シンプルなUIで感覚的な操作が可能!AIを搭載した営業支援ツールSensesの詳細はこちら

終わりに

充実した機能やOffice製品との親和性が特徴の「Microsoft Dynamics 365」(マイクロソフトダイナミクス365)。
「部門間で連携したい」「今よりも分析に力を入れたい」と考えている企業にとってはおすすめのツールです。

しかし海外製品であることや、機能が多すぎることがデメリットとなってしまうことも。
営業力を高めて現場に定着しやすいツールを探している方は、ぜひSensesも検討してみてください。

自社にとって最適なツールを選択することで大幅に生産性も向上できるので、いろいろなCRM/SFAを比較して検討してみましょう。

Senses概要資料

Sensesは「現場の定着」にもっともフォーカスした営業支援ツール(SFA)です。Sensesの特徴や機能の詳細についてまとめた概要資料と、実際の画面を確認できるデモ動画をお送りいたします。

資料をダウンロードする
CRM/SFA比較

Senses概要資料

Sensesは「現場の定着」にもっともフォーカスした営業支援ツール(SFA)です。Sensesの特徴や機能の詳細についてまとめた概要資料と、実際の画面を確認できるデモ動画  …詳細を見る