受注率を精確に把握し、ボトルネックを探し出す

目的別 - 分析 - アイキャッチ画像

その受注率で満足していますか?

働き方改革が騒がれる昨今、売上を伸ばすためには、同じリソースを使ってより高い成果を残したいものですよね。

受注率を上げるためには、過去から現在までをあらゆる角度で分析し、未来を予測する必要がありますが、それには膨大なデータと高い分析スキルが必要になります。Sensesでは、取引先データ、案件データ、行動データなどあらゆるデータが予め分析前提でのインプットになっており、営業プロセス上の強みや弱みが簡単に分析出来るようになっています。

現場にとって本当に意味のある分析を

自分の実績や提案を進めている案件はどういう企業なのか。取引先の業界やチャネル、商品など構成要素もSensesが分析・提示します。
提案すべき相手、より見込みの高い顧客を見つけ多くの成果に繋げましょう。

過去の推移から、今あるべき姿を確認

売上推移レポートを使えば、過去の案件状況の推移データから、今取り掛かるべき案件数、金額を導き出すことが可能です。
いきあたりばったりの受注率や予測金額ではなく、きちんと過去から学び、今あるべき姿をSensesがあなたに教えてくれます。

活用機能

  • 売上実績レポート

    実績から狙うべき企業を分析

  • ファネル分析レポート

    受注率や維持率を分析

  • 売上推移レポート

    過去の売上推移を分析

  • 自動確度スコアリング

    AIが自動的に案件確度を判定

  • 自動リードスコアリング

    AIが自動的に狙うべきリードを判定