事例紹介

絞り込み

株式会社PR TIMES

業種
広告・マーケティング
利用人数
10名〜30名
営業タイプ
その他(営業以外)
課題
ノウハウ・ナレッジの蓄積・共有(属人化) 社内外のやりとりの履歴を残したい

事業内容

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営を行っています。
配信サービスに付随するかたちで、PRのコンサルを含めた「デジタルPRを提案して実行する」こともやっています。
どんな戦略を打ち立て、どんなリリースを蒔いて、どのメディアにアプローチして、どんな文脈の露出がされていった方が良いかなど、トータルで提案して実行するところまでをやっています。

我々の場合、Sensesを導入しているのは営業の部門ではなく、メディアとのリレーション構築の部分でSensesを活用させてもらっています。

課題(SFA導入の背景)

1. 記者とのコミュニケーション履歴が管理できていなかった

メディアとコンタクトをとっているチームでは、特に管理ツールを導入しておらず、メディアとのより良いリレーション構築のために、記者とのコミュニケーションの履歴を管理する必要性を感じていました。

2. Excelでの管理に限界がきていた

これまでExcelで管理をしていましたが、属人化や最新の情報が分からないという問題が起きはじめていました。

Sensesを選んだ理由

1. 対応がきめ細かかった

導入初期の頃から、こんなことできないですか?とか、自分たちが営業以外の目的で使うための要望でも、対応をきめ細かく、いろいろやっていただきました。

2. 案件を視覚的に管理できる

Excelと違い、それぞれの案件がどのステップにあるのかを視覚的に一覧で見ることができるので、すごく便利になりました。

3. 記者との過去のやり取りが蓄積できる

どんな話題で向こうの記者は反応してくれたのか、実際に記事を書いてくれたのかを履歴として残して共有することで、他のメンバーが担当してもやりやすくなりました。

 

Sensesの運用方法

1. 記者との面談の内容や温度感などの履歴の管理・共有

2. 提携を結んだメディア案件の進捗の管理とそのフィードバック

3. 記名記事の記者をリードに登録し、情報を蓄積することで、その後のアクションに活用

4. 記者との関係度合いをフェーズで管理

導入による効果

− 体感値で1.5倍くらい生産性が上がった

同じような案件があった時に過去の情報が正しく引き継がれず、一から記者の名前を調べていたりしたことを考えると、生産性が圧倒的に上がりました。 また、案件の進捗管理が直感的に把握できるようになったことで、状況把握に時間がかからないようになりました。

絞り込み

御社でのSensesの活用方法を考えてみましょう

Sensesの運用コンサルティングを無料で受ける

Sensesの概要説明から御社での活用方法までご説明します。

無料の運用コンサルティングを依頼

Sensesを詳しく知る

Sensesがどういったツールなのか知りたい、具体的に何ができるのか知りたい方はこちらの資料をご参考ください。

Senses資料をダウンロード