Senses Lab. トップ スキルアップ データからわかるアウトバウンド営業向上のポイント|アウトバウンドセールスツール5選付き

企業の利益を上げるためには、既存の顧客から継続的な受注を取ることも大事ですが、新規開拓を重要視している企業が多いのではないでしょうか。
新規開拓営業は「インバウンド営業」と「アウトバウンド営業」がありますが、現在はインバウンド営業が注目を浴びています。

しかしながら、アウトバウンド営業で受注を取ることも大事。セールストークやヒアリングなど、さまざまな要素が揃っていなければアウトバウンド営業で受注を取ることはできません。

そして、成果の出るアウトバウンド営業のための要素に、データ活用という要素もあります。
アウトバウンド営業では、どのようにデータを活用していけばいいのか、詳しく見てみましょう!

新規開拓営業の手法 ―インバウンドとアウトバウンド―

アウトバウンドセールス

既存の顧客から継続して安定的な受注を取ることも大事ですが、新しい販路を広げる新規開拓を重視している企業も多いはずです。
新規開拓の営業手法は、二つに分けられます。

それが、「インバウンド営業」と「アウトバウンド営業」。近年よく耳にする単語ではないでしょうか。

もともと英語でinbound(インバウンド)とは「本国へ向かう」などの意味の形容詞のため、本記事のようにビジネスで使う場合は「外から内へ入ってくる」という意味合いになります。
対してoutbound(アウトバウンド)とは「外国へ向かい」などの意味であり、「内から外へ出す」というイメージの意味を持ちます。

つまりインバウンド営業(インバウンドセールス)とは、リード(見込み顧客)から企業へ製品・サービスについての資料請求やお問い合わせが入ってくることがきっかけで受注に繋げる営業活動となります。

時には“受動的な営業”と言われるように、リードからのアプローチがあって初めて営業活動が始まります。
相手からのアプローチがきっかけとなっているため、商材に対する興味・関心も高いところから始まるので、受注に繋がりやすいというメリットがあります。

しかし、何もせずに勝手にお問い合わせが来るなんてことは、ありえませんよね。
基本的には、自社ホームページや製品・サービスのランディングページを充実させ、多くの人に訪問してもらうことが必要になります。

資料請求、eBookのダウンロード、お問い合わせフォームへの入力など、リードがアクションを起こしてくれるのを誘導しなければいけないので、アクションに至らなかったユーザーを逃してしまうというデメリットもはらんでいます。

企業側が何かしらの仕掛けをすることにより、ユーザーから企業側へのアクションを起こさせるという営業手法のため、ユーザーに寄り添った仕掛けが必要ですね。

そのため、ユーザーに有益と思ってもらえる情報を発信し続ける必要があるので、認知してもらうのに時間がかかってしまうこともあるのです。

対してアウトバウンド営業(アウトバウンドセールス)とは、企業からリードへアプローチをする営業手法。
具体的には、飛び込み営業やテレアポなどです。インバウンド営業とは反対に“能動的な営業”と言い換えることもできますね。

積極性は、時には「強引」と感じられてしまうこともありますが、リードとの距離感に注意すれば仲良くなることができ、継続的な受注に繋がる可能性もあります。

ネット社会とは言えFace to Faceの関係を重んじる人はまだまだ多いですから、インバウンド営業が徐々に広がりつつあっても、アウトバウンド営業のスキルを磨くことも必要でしょう。

アウトバンド営業でよくある失敗

積極的にリードに働きかけていくアウトバウンド営業では、相手と初対面であることが多いものです。
聞いたこともない企業の知らない営業マンから、見たことも聞いたこともない商品について説明されても、リードは「迷惑だ」と思ってしまうことも多いでしょう。

なぜなら、情報が溢れている現代では、買い手と売り手の情報の格差はほとんどないからです。
購買者自身が欲しいタイミングで欲しい商品を探し、他の商品と比較検討して購入できるようになってきているので、わざわざ営業マンに一から説明されることは不要だと感じている人も多いのです。

100人に飛び込み営業やコールドコールをして、100人に同じセールストークをしても、心には響かないのです。
だからこそ、アウトバウンド営業では、リードが興味を持ってくれる内容をそれぞれのリードに対してカスタムして話すことが必要となります。

「強引だ」と感じられない距離感で、相手にとって有益な情報を与えることが重要なカギになるのです。

アウトバンド営業促進のデータ活用方法

アウトバウンド データ

現代、さまざまなデータを活用することによってより効率的に業務を進めようという動きが盛んになっています。
これは、アウトバウンド営業も然り。
手当たり次第に電話を掛けたり飛び込み営業をしていた時代とは違って、データを基に潜在的なニーズに働きかけることが必要になっているのです。

データを活用することによって、先述のような「迷惑だ」「強引だ」と感じられることも少なくなり、リードとの関係性も改善することができるでしょう。

データからわかるテレアポのポイント

アポイントを取るための施策として多くの企業で導入されているテレアポ。

リストなどを基にして手当たり次第にテレアポを掛けているイメージが強いかもしれませんが、実は実際のアポイントに繋がるのはたったの2%なのだそうです。

約50回の架電で、ようやく1件のアポイントを獲得できるということですね。
確かに、急に知らない企業から電話が来ても警戒してしまい、なかなか会う気にならないことは理解できます。

そのためにも、架電の前にコールドメールを送ったり、MAツールでユーザーの温度感を確認してから架電したりするなど、ちょっとした工夫でテレアポ獲得率が高まるでしょう。

また、相手が出勤直後の午前中のほうが電話に出てくれる可能性が高くなるというデータもあります。
勤務開始後はオフィスでメールチェックやその日のスケジュール確認などをする人が多いため、午前中に外出している人が少ないということから、電話が繋がりやすいのです。

更には、月曜の朝は週末に溜まったメールチェックやタスクチェックなどで多忙なことが多かったり、金曜の夕方は土日に向けて仕事モードを切り替えている人も多かったりするので、月曜の朝と金曜の夕方を避けてテレアポをすると良いというデータもあります。

データからわかる電話営業のポイント

遠方でなかなか訪問に行けないエリアや、営業担当者のリソースが少なく訪問に行けない時のための新規開拓の方法として、電話営業という方法があります。
お互いに顔や表情が見えない状況のため、むやみに電話をかければいいというものではありません。
HubSpot Japan株式会社が2016年に行った分析結果から、電話営業の成績が良い営業マンから導き出したいくつかの話し方のデータがあります。

まず、デキる営業マンは、聞き役として相手の話を聞く時間を多く設けています。
平均的には会話全体の65~75%は営業担当者が話しているのですが、デキる営業マンの場合は「話す」と「聞く」の割合が43:57になっています。

相手の話をきちんと聞き出し、課題や気持ちに寄り添うことによって受注に繋がりやすくなるのです。
また、価格を提示するタイミングにも統計データがあり、デキる営業マンは電話を開始して40~49分くらい後のタイミングで価格を提示しています。

つまり、相手に商材のメリットや課題解決の方法を充分に伝えてから、価格を提示しているということが分かります。
そして、もう一つが、デキる営業マンはリスクリバーサルな言葉を伝えていることです。
初めての相手から初めて商品を購入する時には、誰しも不安を抱えてしまうものです。

しかし「2ヵ月契約だから、2か月後に解約してもOK」「返金保証」など、不安を軽減できる言葉で相手を安心させることにより、成約率が約32%も上昇することがわかっています。

更に、受注に繋がった電話の内容を分析すると、いくつかの興味深いデータが出てきました。
まず、1度の通話で価格に関する話が3~4回出た場合は受注率が高まっていることが分かりました。
逆を言うと、3回未満もしくは5回以上価格の話が出ている場合は、受注に繋がる見込みは低いともいえるでしょう。

データからわかるコールドメールのポイント

知り合いではない相手にメールを送ることをコールドメールと言います。
コールドコールよりも短時間で多くの人にリーチできるので、導入している企業も多いことでしょう。

なんと、コールドメールを受け取った人のうち、92%の人は知らないアドレスからのメールを削除してしまうということが分かっています。
非常に高い割合ですが、少しでも削除されずに開封して読んでもらうためのポイントがあります。

メール配信サービスのMailChimpのデータによると、メールの開封率が最も高い時間帯は午前10時、曜日は木曜日なのだとか。
土日のメール開封率は平日の半分ほどになってしまうそうなので、平日の10時にメールを開いてもらえるように配信しましょう。

また、開封するかどうかを判断するための大事な情報が、メールの件名。
なぜなら、35%の人はメールの件名を見て開封するかどうかを決めているからです。
件名は、相手の興味を引くキーワードを入れて分かりやすく、そしてできるだけ短い方が開封に繋がるということも分かっています。

ソーシャルセリングの利用

TwitterやFacebookなどの近年人気のSNSを活用して、リードと繋がって受注の機会を作るソーシャルセリング。

Linkedinの調査では、SNSを活用している企業は、活用していない競合企業よりも45%も多くの販売の機会を得ているといいます。
また、実際の担当者のうち62%もの人が、ソーシャルセリングが顧客との信頼関係構築に役立っていると感じているそう。
定期的にSNSを利用している企業の78%が、利用していない競合企業よりも成果を出しているというデータもあるようです。
実際に米セールスフォース社では、リードにアプローチする前に、SNSを調べて社内の人間と、ターゲットの会社のキーマンとで繋がりがないかを調べているそうです。

コネを確保しておくのと、そうでないのとでは全く結果が異なってくると創業者のマーク・ベニオフは著書で説いています。

【徹底解説】ソーシャルセリングとは?|海外セールストレンド

アウトバウンド営業を促進させるツール

アウトバウンド営業は、いま転換の時を迎えています。
以前のような「手当たり次第に飛び込み営業をする」という時代から、「データを活用してより成果に繋がる営業をする」という時代になっているのです。
そして、そのアウトバウンド営業を促進させるためにも、ツールの活用は必須なのではないでしょうか。

人間では難しい領域の業務をAIなどが自動で行うことにより、アウトバウンド営業が更に効率的・効果的になることでしょう。

GeAIne(ジーン)

GeAIne

AI(人工知能)が搭載した、法人営業の新規開拓に特化したツールが「GeAIne」(ジーン)です。
アウトバウンド営業に関わる細かい業務を効率的に進めることを支援してくれます。

【主な機能】
・営業リスト分析、抽出
保有している顧客リストをアップロードすることで、過去の受注データやインターネット上の情報から関連情報を自動で収集・解析。
確度の高い顧客の候補となるターゲットを、AIがオススメ順に抽出してくれます。
このリストを基にアウトバウンド営業を仕掛けることで、効率的に受注に繋げることができますよ。
・問い合わせフォーム自動入力
アウトバウンド営業の対象となる企業で誰にアプローチすればいいのか分からない場合は、コーポレートサイトの問い合わせフォームからコンタクトを取ることが一般的でしょう。
ターゲット企業のホームページの問い合わせフォームを入力するのも、GeAIneが自動で行ってくれます。
営業文はいくつか登録したものの中から、相手の反応を分析し、どの文章パターンが最も効果が高いのかを自動で識別し、最適化してくれるようになっています。
これにより、一件一件の入力の手間も減り、効率的にアポイントを取ることができるようになるのです。

【費用】
・トライアルプラン(2週間):0円 ※30社おためし送信
・ビジネスプラン:月4万円~(2,000社/月)

【URL】
https://www.geaine.jp/?gclid=EAIaIQobChMIo_CX89Xa3wIVAbaWCh2zPQfhEAMYASAAEgKBkfD_BwE

SimilarTech(シミラーテック)

SimilaerTech

ホームページの運営のためには、さまざまなツールを導入している企業が多いです。
検索結果を上位に上げるためだったり、サイト訪問者の履歴を追跡するためだったり。
その各ツール・テクノロジーが、いつ・どのサイトに導入されたのかが一目で分かるのが「SimilarTech」(シミラーテック)です。

【主な機能】
・いつ、どのサイトが、どんなテクノロジーを導入したのか
ウェブサイトの裏側に、どんなテクノロジーが使われているのかが自動的に分かります。
そして、そのテクノロジーが他のどんなサイトで使われているのか、類似するテクノロジーはどのようなものがあるのかなどの情報も確認することができます。
また、どの企業がそのテクノロジーを不採用としたのかなどの情報も把握できます。

・リードの獲得
「競合ツールを導入しているウェブサイト一覧」などでセグメントすることで、質の高い営業リストを作成することができます。
また、競合ツールをやめたタイミングも把握することができるため、最適なタイミングでアウトバウンド営業をすることが可能となります。

・決裁権のある人物へアプローチ
Eメールアドレス発見システムにより、使命と会社名から連絡先を自動で見つけます。
つまり、その企業の決裁権のある人物の氏名さえわかっていれば、直接コンタクトを取ることも可能だということ。
担当者を介さずに、直接的に営業をすることができるのです。

【費用】
無料版とエンタープライズ版(料金は要問合せ)あり

【URL】
https://www.similar-tech.jp/

Intercom(インターコム)

intercom

自社サイトに訪問してくれたユーザーに対し、自動でチャットを発信してくれるチャットボットサービスが「Intercom」(インターコム)です。
積極的にユーザーとコミュニケーションを取ることで、コンバージョンに繋げていくことができます。

【主な機能】
・カスタムボット
ワークフローを設定することで、リードとのチャットから最適な質問をして、アポイントや購入に繋げる流れを作り出します。
ボットは365日24時間休むことなく稼働するので、機会損失もなく成果を出しやすくなります。
最大100万人ものリードを相手にすることができるため、一貫したクオリティーの接客をすることができます。

・ユーザーのセグメント
そのユーザーがどんな状況なのか(例えば「5回以上サイトに訪問している」「ページを○秒以上見ている」など)を自動で検知し、セグメントしてクーポンの発行などを自動で行います。

【費用】
・必須:月87ドル
・プロ:月153ドル
・プレミアム:要問合せ

【URL】
https://www.intercom.com/ja

MiiTel(ミーテル)

MiiTel

AI搭載のクラウドIP電話である「MiiTel」(ミーテル)は、アウトバウンドセールスの電話営業における悩みに寄り添った製品です。

【主な機能】
・営業トークのスコアリング
話す・聞くの割合、発話被り、早口、沈黙回数などのデータを可視化させ、連携したCRMなどのデータと紐づけて、成約に繋がりやすい会話の傾向を読み解きます。
また、過去の成約事例と紐づけて電話の内容を点数化することができるので、営業スキルの底上げに繋がります。
高得点の営業担当者のトーク内容もノウハウとして蓄積することができますよ。
更に、新人営業担当者への教育の時間も削減し、早い段階から電話営業ができる体制を整えます。

・電話営業の工数削減
顧客情報に紐づいて録音データが保存されるため、振り返りのためにわざわざ膨大な録音データの中から探す必要もありません。
また、顧客名をクリックするだけで簡単に発信できたり、着信時に顧客情報をポップアップ表示させることもできます。

【費用】
お問い合わせ

【URL】
https://miitel.jp/

Notia(ノーティア)

notia

ビジネスでメールを使う場面は多いですが、つい見逃したり対応が漏れてしまったりすることもあります。
そんなビジネスメールの悩みを解決してくれるのがAI搭載型のEメールアシスタント「Notia」(ノーティア)。

【主な機能】
・日程調整の自動化
取引先からアポイントの日程調整のメールが届いたら、候補日を自動でカレンダーに入れて効率的にスケジュールを調整することができます。

・重要メールの自動仕分け
社内メールや通知、メルマガなど、毎日大量のメールが届くビジネスパーソン。
本当に重要なメールが埋もれてしまっては、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。
NotiaはAIが自動で重要メールを振り分けることで、メールの見逃しを防ぎます。

・対応漏れ通知
重要顧客への返信漏れなどを自動で検知し、Slackで通知してくれます。
「つい、うっかり」がなくなることで、ビジネスチャンスが広がりますよ。

【費用】
・無料プラン メール開封通知(月30通まで)、日程調整(月10回まで)
・プロプラン:月500円 無料版の全ての機能(回数制限無し)
・チームプラン:月900円 プロ版の全ての機能、チーム管理画面

【URL】
https://notia.io/

インバウンドとアウトバウンドの使い分け/組み合わせも必要

自社サイトを充実させたりリードに有益な情報を発信したりすることで、リードからのアプローチを待つインバウンド営業。
つまり、購入/問い合わせをしたいと思わせるような、消費者目線での施策が大事です。
リードに認知されるまでに時間を要することもあり、成果が出るまでに時間がかかることもあります。

対して、電話営業などで積極的にリードを獲得していくアウトバウンド営業。
以前は購入したリストを基にして手当たり次第に営業をかけていましたが、現在は先ほどご紹介したツールなどを活用して、データに基づいた効率的なアウトバウンド営業を行うことができます。
アウトバウンド営業ではより多くの消費者に情報を届けることができるので、新しい製品をローンチする時には、認知拡大にも繋がりやすくなります。

また、アウトバウンド営業とインバウンド営業を組み合わせることで、営業組織全体の底上げも可能になるのです。
データを基にするインバウンド営業では「どんな顧客がどんな目的で自社の商材を購入するのか」という傾向を把握することができるので、そのデータを活用することで電話営業のタイミングやターゲットを分析することができます。

まとめ

アウトバウンド営業にも、今やデータ活用が必須の時代となってきました。

データを活かすことにより、今までは非効率的だったアウトバウンド営業は、効率的に進めることが可能になってきているのです。
アウトバウンド営業でよくある「迷惑」と感じられてしまうことも、データやツールを活用することによって少なくなるでしょう。

アウトバウンド営業は以前のような「根性論」ではなく、データドリブンにより「一つの営業スキル」となるのです。
インバウンド営業が注目されていますが、アウトバウンド営業も大事な営業スキルです。
より効率的に営業活動をして、更なる成果に結びつけるアウトバウンド営業を実現してくださいね。

 

急成長の米国メガベンチャーに共通する営業戦略

急成長の米国メガベンチャーに共通する営業戦略を紹介します。どのような営業戦略を実践すれば急成長できるのでしょうか?そのヒントは「データ活用」にあります。営業のマネジメントや営業企画に関わる方は特に参考になる資料です。

資料をダウンロードする
その他、関連記事

急成長の米国メガベンチャーに共通する営業戦略

急成長の米国メガベンチャーに共通する営業戦略を紹介します。どのような営業戦略を実践すれば急成長できるのでしょうか?そのヒントは「データ活用」にあります。営業のマネジメント  …詳細を見る