事例紹介

絞り込み

株式会社PR Table

業種
広告・マーケティング
利用人数
10名以下
営業タイプ
BtoB
課題
進捗管理(ヨミ管理)が出来ていない

事業内容

企業・団体が持っている「ストーリー」をステークホルダーに伝えることができる「PR Table」というプラットフォームを提供しています。
また、企業・団体の持つストーリーをコンテンツ化する作成代行もしています。

我々は、上記の「PR Table」の営業活動の中でSensesを活用しています。

課題(SFA導入の背景)

営業のヨミ管理、受注管理、コンテンツ作成の進行管理、財務管理などを分断せずに管理したかった

とくに、営業のヨミ管理の部分はExcelやスプレッドシートで行っていたため、ヨミ管理で共有漏れやヨミ漏れが発生していました。

Sensesを選んだ理由

1. 使いやすいと思った

管理者が管理しやすいというより、一人ひとりのユーザーが使いやすいように作られていると思いました。
導入するからには、使わなくなることがないようにしたいと考えており、SensesはUI/UXも良く、使えるイメージが湧きました。

2. 金額的にもスタートアップにマッチしていた

他のSFAと比較した時に、スタートアップの金額感にハマらないツールも多かったですね。

3. Gmailとの連携など、二重管理になる要素が排除されている

日々使うところがタッチポイントになっていて、すぐ更新出来るところが素晴らしいです。
Gmailと連携しているので、Senses上に自動でメール内容が登録されていきます。

Sensesの運用方法

1. 案件がどのフェーズにあり、どのように進行しているのか、契約の確度などを管理

2. レポート機能からリード数や案件数を管理、そこからフィードバック

導入による効果

– 営業活動が効率化されました

Excel管理の際に発生していたヨミ漏れがなくなりました。
また、営業の情報を全てSensesに入力することで、Excelで管理したいたときより入力時間を削減できました。
さらに、平均単価、受注率などをいちいち計算する手間もなくなり、Sensesを使うことによって、営業はNext Action思考が高まりました。

絞り込み

御社でのSensesの活用方法を考えてみましょう

Sensesの運用コンサルティングを無料で受ける

Sensesの概要説明から御社での活用方法までご説明します。

無料の運用コンサルティングを依頼

Sensesを詳しく知る

Sensesがどういったツールなのか知りたい、具体的に何ができるのか知りたい方はこちらの資料をご参考ください。

Senses資料をダウンロード