自社にしかできない独自の地位を確立して、現代の競争社会を優位に進めるために欠かせないものとして「ソートリーダーシップ」が注目されています。

ソートリーダーシップとは特定分野における主導者を指しますが、実際にどのように進めたら良いのかわからない人も少なくありません。

そこで本記事ではソートリーダーシップの概要を踏まえ、ソートリーダーになるための方法を解説します。

▶▶【セールスイネーブルメントとは?】チームの営業力を上げるためにリーダーが取り組むべき営業改革!!

ソートリーダーシップとは?

ソートリーダーシップ(Thought Leadership)とは、ある特定分野において革新的な思考やアイデアでその分野を主導する人・活動を指します。

日本は「課題大国」「課題先進国」と言われるほど、ビジネス業界における課題、社会問題、環境問題などの課題にあふれています。そして、感染症や戦争、経済など、世界的な課題も山積みの時代です。

これらの課題に対し、将来的な視野を持ち、アイデアや解決策を投じる力が必要となっているのです。

ソートリーダーシップには2種類あります。

1つめは、インフルエンサーや特定分野の第一人者など「個人型ソートリーダーシップ」です。そしてもう1つが、企業の経営者や幹部などが大きな影響力を持ち、その企業だけでなく業界全体を主導していく「企業型ソートリーダーシップ」です。

ソートリーダーシップになることで、その業界での立ち位置を確立でき、主導者として大きな影響力を持つことができます。

たとえば、ユーザーの利便性を追求した検索エンジンを開発・提供するGoogle、おしゃれなのにリーズナブルでライフサイクルに応じて買い替えやすいIKEAなどが、業界のソートリーダーシップとして挙げられます。

【関連記事】リーダーシップとは?リーダーに必要な10のスキルと取るべき8つの行動

ソートリーダーシップが注目されるようになった背景

ソートリーダーシップが注目されるようになった背景には、以下の2つの要因があります。

  • 企業の社会的責任(CSR)が求められるようになった
  • 顧客や投資家の評価基準が変化した

企業の社会的責任(CSR)が求められるようになった

世界的に多くの課題を抱える現代では、将来につながる持続可能性を重視する「サステナビリティ」に関する取組みが求められてきました。

そのような中で、企業も社会問題や環境問題に対応した事業展開により、企業の持続可能性だけでなく社会の持続可能性につながる取組みが必要とされています。

そこで重要となるのがCSR(企業の社会的責任)です。

CSRとは社会を良くするための事業活動を行うことを指し、適切なCSRが世界的なサステナビリティにつながります。そのため、CSRを体現していくソートリーダーシップが求められています。

顧客や投資家の評価基準が変化した

サステナビリティが重視される世の中になったことで、顧客や投資家などが企業を評価する基準も変化しています。

以前は、主に「売上高」「収益」などの財務情報など目に見える要素で判断することが多い傾向でした。

しかし近年は「アイデア」「ノウハウ」「ブランド」「特許権」など、目に見えない無形資産が重視されています。無形資産こそが企業の成長につながると考えられるようになり、企業はより一層、社会問題や環境問題への対応に迫られています。

そのような中で、ソートリーダーとして業界を舵取りしていくことができれば、顧客や投資家へのアピールにもなるでしょう。

ソートリーダーシップをとっていくメリット

ソートリーダーシップをとっていくと、企業にとって以下のメリットが期待できます。

顧客との関係構築ができる

業界や社会問題においてソートリーダーシップをとることで、顧客との関係構築が可能です。

ソートリーダーシップをとり業界をけん引していけば、その分野における権威性が確立できるため、顧客の信頼度が高まります。その結果、顧客との信頼関係を構築できるのです。

顧客のエンゲージメントが高まり、LTVの向上や良い口コミの拡大などにもつながるでしょう。

企業ブランドの構築

ソートリーダーシップをとることは、ブランディングにも有効です。

高い信頼性を得られ、その分野での「第一人者」「リーディングカンパニー」として、企業のブランドを形成できるでしょう。

適切にブランディングできれば企業として確固たる地位を確立できるため、競争社会でも生き残っていける企業になることが可能です。

安定した見込み顧客の獲得・成約に繋げられる

ソートリーダーシップをとることで、見込み顧客(リード)の獲得や成約にもつながります。

ソートリーダーシップに取り組んでいる企業が発信している情報は、信頼性や権威性があると判断されます。検索エンジンはユーザーにとって利便性の高いコンテンツを上位にランキングするアルゴリズムになっているため、SEO効果が高くなり、常に上位表示されるようになるでしょう。

そうして、WEBサイトから多くの流入を生み、安定した見込み顧客獲得や成約につなげることが可能です。

また、ソートリーダーとしてWEBメディアやテレビ、雑誌や新聞などで露出が増えると、今まで接点のなかった層との接点を持つことができます。

興味を抱いた見込み顧客は検索エンジンで企業名や個人名を検索したり、SNSで投稿をチェックしたりするようになり、企業に対しての信頼度が増して、見込み顧客の獲得や成約につながるでしょう。

関連記事:リードジェネレーションとは?意味や手法・おすすめのツール3選を紹介

ソートリーダーになるための4つのステップ

特定分野においてソートリーダーシップをとり、ソートリーダーとなるためには、どのように舵を取れば良いのでしょうか。

具体的な4つのステップを解説します。

1. ソート・テーマの設定

まずはソート・テーマを設定します。

ソート・テーマとは、どの分野でどのような思考を主張するか、という軸になるテーマのことです。

自社の事業内容や商材などと親和性が高い分野を選択しましょう。ただし、すでに一般化しているアイデアではソートリーダーにはなれないため、自社独自のノウハウや知見を活かせる分野をおすすめします。

2. セグメンテーション

ソート・テーマを設定する際には、セグメンテーションも行います。

セグメンテーションとはセグメント(区分、集団)に分けることを言います。

市場内や業界内をセグメンテーションし、まだソートリーダーが存在していない分野を見つけましょう。

関連記事:セグメンテーション(セグメント分け)とは?事例で学ぶセグメンテーションと方法

3. 顧客ニーズの分析・把握

次は、市場や業界の顧客がどのようなニーズを抱えているのか分析します。ニーズに合わないアイデアや解決策を提示しても見当外れになってしまうため、ニーズ分析は欠かせません。

一般的なコンテンツマーケティングで記事コンテンツを制作するときと同様に、検索エンジンの検索キーワードを調べると、顧客のニーズが見えてきます。Googleトレンドやキーワードプランナーなどを活用して、よく検索されているキーワードを分析しましょう。

また、最近では「タグる」という言葉もあるように、SNSからも多くの情報を得ることができます。TwitterやInstagramのタグ分析からも、顧客のニーズを見つけましょう。

4. 継続的な質の高いコンテンツの発信

ソートリーダーとしての地位確立は、一朝一夕のことではありません。長期的な視点で取り組む必要があります。

まずはオウンドメディアでの記事コンテンツから始め、SNSでの投稿やYouTubeでの動画など、さまざまなコンテンツに展開していきましょう。

また、単に長く続けていれば良いというわけでもなく、コンテンツの質も重要になります。顧客にとって有益な情報こそが「質が高い」と判断される要因となるため、自社が持っているノウハウ・知見・成功事例・独自調査など顧客にとって価値のあるコンテンツを制作しましょう。

関連記事:コンテンツマーケティングとは?実践のメリット・手法・具体事例を紹介

終わりに

モノやサービスがあふれている現代では、自社にしか出せない価値を提供しなければ生き残れません。そのためには、近年注目を集めているサステナビリティと親和性の高い「ソートリーダーシップ」が必要です。

ソートリーダーシップを取って業界をけん引していければ、独自の地位を確立して競争が優位に進むでしょう。

ぜひ本記事を参考に、ソートリーダーになるために取り組んでみてください。

営業メンバーの成果を最大化! ~営業マネージャーが必ず意識すべき3ステップ~

セールスマネジメントのポイントとして戦略立案から部下のモチベーション管理まで3つの観点でまとめています。営業のマネジメントに関わる方向けの資料です。

資料をダウンロードする
マネージャーが読むべきおすすめ記事

営業メンバーの成果を最大化! ~営業マネージャーが必ず意識すべき3ステップ~

セールスマネジメントのポイントとして戦略立案から部下のモチベーション管理まで3つの観点でまとめています。営業のマネジメントに関わる方向けの資料です。

広告ブロックツールが有効になっています!

広告ブロックツールが有効になっているため、フォームが非表示になっている可能性があります。

フォームを使用する際には広告ブロックツールを無効にした状態で、ページの再読み込みをお試しください。