Senses Lab. トップ ツール紹介 eセールスマネージャーの評判・口コミ・向き不向き

はじめての方はこちら! ⇒ 顧客/営業管理の完全マップ【初級・中級・上級:15記事で解説】

SFA導入を検討している企業にとって「eセールスマネージャー」は候補の一つに入っている可能性も高いかと思います。

eセールスマネージャーはどんな製品なのだろう?」

「自社に向いているのだろうか?」

など懸念している方に向けて、今回はeセールスマネージャーを徹底解析!

▶︎▶︎自社に最適なSFAが見つかる資料はこちら!

機能面や強みだけでなく、実際の口コミや評判からどんな企業に向いているのかを検証します。

SFAとは?

業務改善を成功させるための具体的な方法|Senseslab|1

SFAとは「Sales Force Automation:セールス・フォース・オートメーション」の略語で、日本語では営業支援システムと称されています。

SaaS型のクラウドSFAツールが増えたこと、マルチデバイス対応やUI/UXに配慮した使い勝手のいい製品が増えたこと、人員不足のため少人数で生産性を上げる必要があることなどが、SFA普及に拍車をかけています。

SFAでできることは、営業活動の可視化と情報の一元管理です。

主な機能は、このようなものになります。

・取引先、顧客の情報の管理
・案件の進捗状況、顧客との商談内容の管理
・予算と実績を比較した予実管理、分析レポート
・スケジュール、タスク管理
・日報作成やメンバーとのコミュニケーション

また、製品によっては

・対応漏れを予防するアラート機能
・外部サービスとの連携
AIによる営業サポート

などの便利な機能も搭載されており、SFAは更なる進化を続けています。

SFAを活用することにより

・マネージャーは各営業担当者の活動を把握でき、適切なタイミングでアドバイスや指示ができる

・トップセールスの営業ナレッジを共有でき、営業組織全体の営業力が強化する

・各営業担当者のボトルネックになっている部分を分析し、営業力の改善に繋げる

・営業担当者の事務作業などのムダを省く

などの効果が期待できます。

一般的にSFAを導入するにあたって、導入の際のハードルにあがりやすいのがコストです。SFAはMust Have(必須のもの)ではなくNice to Have(あると便利なもの)のツールと言われています。グループウェアの導入はほとんどの企業でMust Haveですが、SFAの場合そうではありません。そのため、コストを重く捉えて導入が先延ばしになったり、非常に安価なツールを選定するケースが多いようです。

しかし、本当にそれで良いのでしょうか?先ほどの調査結果が示す通り、SFAの導入に成功すれば導入時のコストはすぐに回収できます。つまりSFA導入する際は「そもそもそのSFAは運用できるのか」という点が一番大切です。

▶︎▶︎【管理者必要なし?】運用から定着まで誰でもスムーズにできるSFAをお探しの方はこちら!

ちなみに、SFAと混同されがちなツールにCRM(顧客関係管理)システムがあります。

CRMシステムはSFAよりも顧客情報の管理に特化した印象で、営業部署だけでなくカスタマーサポートや全社共通のシステムとして活用することができます。

メール配信やアンケートなどのマーケティング要素を持ったCRMもあり、顧客にとって有益な情報を提供して関係を向上させ、顧客満足度を上げて継続的な売上を作っていくサービスです。

 

SFAやCRMについて更に詳しく知りたい方は「SFAとは?CRMとの違いは?|どこよりもわかりやすく解説」の記事をご覧ください。

 

eセールスマネージャーとは

大企業から中小企業まで、20196月現在で延べ5,000社以上の導入実績のある「eセールスマネージャー」は、ソフトブレーングループが提供している純国産SFA

95%という高い定着率の理由は、日本の営業スタイルに合わせた機能と、導入後のサポート体制にあります。

具体的な機能としては案件管理や商談管理などの営業活動支援機能、顧客に紐づいた履歴や情報の管理のほか、ターゲティングなどのマーケティング機能や、申請や承認のワークフローなど、便利な機能も搭載。

eセールスマネージャーの5つの特徴

【特徴1】シングルインプット・マルチアウトプット

従来は案件管理や顧客管理、スケジュール管理などそれぞれ入力しなければいけませんでしたが、eセールスマネージャーでは一度の入力で紐づいている全ての項目に反映されるので、入力の負荷がかからないだけでなく入力ミスも起きにくくなります。
全ての情報が紐づくことで、マネージャーは分析や判断がしやすくなるためPDCAサイクルが回しやすくなるのです。

【特徴2】日本の営業スタイルに特化している機能

eセールスマネージャーの最大の特徴として、日本の営業スタイルに特化している機能が満載であるという点が挙げられます。

例えば「地図機能」を使うと、エリアを指定するだけでターゲット企業を見つけられたり、その日の訪問ルートを指定して地図上から報告したりできます。
この機能は、エリア営業やルート営業が多い日本の営業スタイルならではです。また、「人脈機能」では名刺情報から関係する人脈の繋がりを把握することができ営業ロスを防ぎます。
また、「日報機能」はカレンダーや地図から日報を作成でき、マルチデバイス対応のため出先での日報提出が可能になり、わざわざ帰社する必要もありません。

【特徴3】リーズナブルな価格設定

SFAやCRMにそこまで予算をかけることができないという企業にとっては、eセールスマネージャーはお客様ごとにカスタマイズした値段を提供してくれるため、導入のハードルが下がることでしょう。一番安いコースで1ユーザーあたり1000円から導入することができます。SFAとCRMの機能全ては必要なく、活用目的が限定している場合におすすめです。

【特徴4】SFA以外の機能の充実

蓄積された営業活動データ、基幹システムの売上やWeb解析ツール上にあるリードデータなどのさまざまなデータを好きなように組み合わせ分析することが可能です。BIツールとしてい一部利用することができます。マーケティングから営業活動のデータ連携ができるリードナーチャリング機能も搭載されていたり、社内SNSの充実など、シームレスに情報の共有を行えるようになっています。

【特徴5】丁寧なサポート体制

導入実績5000社以上のノウハウを元に、システムの導入後も使用方法の説明や、ユーザー向けの説明会を行ってくれます。また、顧客アドバイザーによる活用レベルに合わせた定着支援サポート、初級編から上級編までに分けられた活用セミナーも用意されているため、高い定着率を誇ります。

eセールスマネージャーの料金プラン

クラウド版利用の場合、基本ライセンスは3パターンに分かれています。

スタンダード:月額6,000円~/ユーザー
SFAとして使うために必要な基本機能(案件管理、グループウェア、スケジュール管理、顧客管理など)を利用可能。

ナレッジシェア:月額2,000円~/ユーザー
案件や商談の登録はできないが、他のメンバーが登録した内容などは参照可能。顧客管理やスケジュール管理は利用可能。商談をしない管理者や営業部以外の社員におすすめ。

スケジュールシェア:月額1,000円~/ユーザー
案件・商談の登録・参照以外の機能を利用可能。スケジュールや顧客情報のみを情報共有したい内勤者やアシスタントにおすすめ。

また、オプションとして下記の機能なども追加申し込みができます。

・マップライセンス(地図機能):月額1,000円~/ユーザー
・名刺デジタル化(名刺情報をテキスト化して自動登録):月額135円/ユーザー
・アナリティクス(データを多角的に分析):月額3,500円~/ユーザー

eセールスマネージャーは、自社の環境に応じて利用形態を選ぶことができ、クラウド版だけでなくホスティング型とオンプレミス型もあります。

「自社内でサーバーを管理して、自社内にデータを保管したい」

「サーバーを持ちたくないけど、データは自社の資産化したい」

などの企業それぞれのニーズに合わせて柔軟に選ぶことができます。

▼【価格・特徴・機能性】44のSFAを徹底比較!御社にあったSFA見つかります。

SFA(営業支援システム・ツール)比較44選 | 2019最新版 | 価格・特徴・

eセールスマネージャーの口コミ・評判

eセールスマネージャー(ソフトブレーン)評判・口コミ・向き不向き|Senseslab|2

それでは、実際にeセールスマネージャーを利用している企業はどのように感じているのでしょうか。

口コミを見てみましょう。

【プラスの意見】

「案件シナリオを作成することで、最適な営業プロセスを標準化できた」

「役職や利用用途に合わせてプランを選ぶことができる」

「商談が終わってすぐにスマホから登録することで、リアルタイムで情報共有ができる」

「日本の営業スタイルに合っているから、現場の負荷が少ない」

【マイナスの意見】

「細かい情報が蓄積できるが、そのぶん入力項目が多い」

「最初に細かく設定しておかないと、利便性を追求できない」

「後で設定を変えようとすると、自社でできない場合がほとんどで依頼や対応に時間がかかる」

現場とマネージャーがリアルタイムで情報共有できることで、営業組織全体が効率よく回っていると感じている企業が多いようです。

その反面、導入後のサポート体制に時間がかかったり、営業現場の負荷軽減のために管理者が導入時に細かく設定する必要があることがわかりました。

▶︎▶︎導入コストも運用コストも低いSFAとは?

eセールスマネージャーが向いている企業・向いていない企業

口コミ・評価やeセールスマネージャーの機能から、どのような企業に向いているのかが見えてきました。

【向いている企業】

・海外製品で失敗した経験のある企業

海外のSFAは日本の営業スタイルに合わなかったり使いにくさを感じたりする場合があります。

海外製品で失敗した経験をもつ企業は、日本の営業スタイルに合っているeセールスマネージャーがおすすめです。

・バラバラのツールを利用している企業

顧客管理、スケジュール管理、案件管理などそれぞれの目的で異なったツールを利用している企業にとっては、eセールスマネージャーという1つのツールに情報をまとめることで効率化します。

シングルインプット・マルチアウトプットなので、現場の負荷も少なくなりますよ。

・紙ベースの日報を利用している企業

リアルタイムで情報共有が可能になることで、次の一手が迅速に指示できるようになります。

日報はスマホで項目を選択するだけの簡単操作なので、現場の負荷もかかりません。

出先で日報を提出できることで、わざわざ帰社する必要もなくコストを抑えることができます。

【向いていない企業】

MAツールとしても活用したい企業

他社SFA製品では、SNS連携や一括メール配信、キャンペーン配信などのマーケティング機能も充実しているツールもあるのですが、eセールスマネージャーには、ターゲティングの機能は付いているものの、それらの機能は搭載されていないため、他のMAツールと連携する必要があります。

▶︎SFAとMAの連携メリットとは?

SFACRM機能だけでなくMAとしての機能も充分に求めている企業にとっては、機能が不足しているでしょう。

・現場が協力的でない/設定の時間を割けない

現場が効率的に動けるために、導入時に細かく設定する必要があります。

特に日報機能は選択肢をきちんと設定しておかなければ選択するだけの簡単操作ではなくなり、他社製品と大差ない日報機能となってしまいます。

現場にヒアリングして現状や必要項目を設定する必要があるので、現場が協力的でない、もしくは細かく設定するリソースを割けないという企業は、導入時のハードルが高いでしょう。

・変化の激しい企業

スタートアップや新しい製品を扱うためビジネスモデルの変化が激しい業界は、営業スタイルもスピード感を持ってブラッシュアップしていくことが求められます。そのため、SFAも変化に柔軟なものを使用した方がいいでしょう。

eセールスマネージャーは、自分で好きな時に初期設定の状態を変更することはできません。営業フェーズの細かい変化が日々おこり、営業の型を定期的にブラッシュアップしていきたい企業にはニーズが異なる可能性があります。

▶︎▶︎【2019年決定版】自社に向いているSFAをお探しの方はこちら

SFAとして世界的に有名なセールスフォースの評判をまとめた記事はこちら↓

セールスフォースの評判・口コミ|SFA導入前に確認!向いている?向いていない?

変化に柔軟なSFAは存在するのか

それでは、企業の営業スタイルの変化に柔軟に対応できるSFAは存在するのでしょうか?

その条件をクリアするのがSenses(センシーズ)です。

営業がカレンダーで予定管理すべき理由| Senses Lab. |10

営業現場のUI/UXに配慮したSensesは手軽に導入でき、必要な項目のみのカスタマイズでスムーズに運用できるため管理者はもちろんのこと現場の営業パーソンの負担も軽減することができます。

また、Sensesでは専任のCS(カスタマーサクセス)チームによるチャットサポートが充実しています。平日の18時までであれば、リアルタイムでどんな質問にもお応えさせていただきます。相談内容によっては、電話やメール、Web会議によって対応させていただくことも可能です。

お客様の課題をいち早く解決し、定着に繋がる導入を支援します。

Sensesの特徴

今回は、Sensesの営業フェーズや項目のカスタマイズ方法について説明していきます。

前述した通り、スタートアップや大手企業、扱っている商材によって営業スタイルは様々です。それぞれの営業スタイルの変化に柔軟に対応できるのがSensesのカスタマイズ機能。Sensesの「フェーズ設定」ではフェーズを自由に追加したり、名称を変更したりすることができます。初期設定は「リード」「アプローチ」「ヒアリング」「プレゼンテーション」「クロージング」などがセットされており、必要に応じて自社の営業活動に即した内容に変更することができます。

▶︎Sensesを活用してビジネスプロセスを最適化する方法を公開!

停止フェーズも同様に「ボツ」「失注」「保留」など、自由に設定をすることができます。

フェーズの追加・変更・削除は可能ですが、運用途中に変更するとおすすめアクション等のアルゴリズムに影響がある場合がありますので、フェーズとKPIの関係性を理解しておく必要があります。>>>Sensesの適切なフェーズ設定方法に関してはこちら!

他にも、SensesはAIを搭載していることが大きな特徴です。

AIが営業活動をサポートし、過去の類似案件からおすすめアクションを提案してくれます。他のメンバーが作成した提案書や成果のあったメールを参考にすることで、受注率のアップが期待できます。

営業マネージャーが不在のときや、少ない人員で回している営業組織、または営業スタッフが多すぎて管理者の目が行き届かない組織にとっては、AIの自動アドバイスによって、スピーディーに成果に繋がる営業活動を実現することができるでしょう。

また、売上予測やファネル分析など多角的にレポートを作成することができるため、顧客・商材・営業担当者などに紐づいた営業活動や実績を把握することが可能。自社の強みやボトルネックを分析することにより、営業力の改善が図れます。

売上予測レポート

更に、Sensesは、G Suiteやマルケト、Sansanなどの外部ツールとの連携を可能にしてくれるため、利便性はそのままに、入力負荷や管理負荷を減らしたまま活用の幅を広げてくれます。

このように、柔軟なカスタマイズ機能、直感的なインターフェースと充実したサポート体制、さらに最新のAI機能を搭載し、現場の営業活動を徹底的に支援するのがSensesなのです。

▶︎【Senses×マルケト 】マルケトと連携して使える機能・メリットまとめ

Sensesについて更に詳しく知りたい方はこちらのページから資料ダウンロードすることができます。

▼▼また44選のSFAの導入コスト・金額・機能を徹底比較した記事はこちら▼▼

業界や規模など、企業別にどのSFAがおすすめなのかご紹介しております。ご活用ください。

SFA(営業支援システム・ツール)比較44選 | 2019最新版 | 価格・特徴・

終わりに

豊富な導入実績と、高い定着率を誇るeセールスマネージャー。

利用形態が充実しているため自社に合わせた導入が実現でき、日本の営業スタイルに合っているため日々の営業活動の効率化に繋がります。

ただし、eセールスマネージャーを導入しただけでは課題の解決には繋がりません。

自社の課題をきちんと把握し、その課題や現状に合ったツールを選定することが定着への第一歩。

それぞれのツールを比較して、自社に合ったものを選んでくださいね。

 

SFA分類チャート 4つのタイプ

実はSFA(営業支援ツール)は国内だけでも、40種類以上の製品があります。その中から自社にとって最適なツールを予算内で探してくるのはとても大変ですよね… このebookでは、SFAを特徴から4つのタイプに分類し、それぞれがどんな企業にマッチするかについて解説しています。

資料をダウンロードする
その他、関連記事

SFA分類チャート 4つのタイプ

実はSFA(営業支援ツール)は国内だけでも、40種類以上の製品があります。その中から自社にとって最適なツールを予算内で探してくるのはとても大変ですよね… このebookで  …詳細を見る