ダッシュボードとは、ビジネスに関連するグラフやチャートを一覧表示し、複数のデータを直感的に確認できるものです。Excelでのデータ管理に限界を感じている人にとっておすすめです。

▶︎エクセルから脱却すべきタイミングとは?

本記事ではダッシュボードを利用する目的やメリット・デメリットについて解説します。またダッシュボードを作成するためのツールや搭載されているツールは多数提供されていますが、そのなかでもおすすめのものを13製品紹介します。

ダッシュボードを導入する際には、ぜひ参考にしてください。

この記事の内容

ダッシュボード(dashboard)とは?

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 1

ダッシュボードとは、複数のグラフや表などでさまざまなデータを一覧で確認できる掲示板のようなものです。分析用のツールなどに搭載されている機能で、ツールに蓄積された多様なデータをまとめて確認するためにあります。

ダッシュボードでは表やグラフなどで視覚的にデータを確認できるため、スピーディな分析や判断につながります。

もともとは、自動車に運転席についている速度計やガソリン残量などを表示する計器盤のことをダッシュボードと言い、そこから転じてビジネスでも使われるようになりました。

ダッシュボードでできること

ダッシュボードがあると、営業データやマーケティングデータの活用が促進します。

営業データ活用

営業活動にはさまざまなデータが必要です。

たとえば売上金額や受注件数の目標値にたどりつくためには、現状把握やスケジュール管理が重要になります。その際、表やグラフなどで目標値までの達成度合いや、どの顧客に何をどのくらい売ったのかを把握できれば、その後の営業戦略をスムーズに策定できます。

そのためにExcelやGoogleスプレッドシートなどの表計算ツールを活用し、表やグラフなどを作成している営業組織も多く見られます。しかし表やグラフの数が多くなると、どこに何のグラフがあるのかわかりにくくなります。またデータが膨大になると起動するのに時間がかかってしまったり、データを確認するためにわざわざパソコンを起動させたりしなければならず、効率的ではありません。

そこでダッシュボードを活用することで、さまざまな営業データを一覧表示でき、直感的に状況を把握できます。またクラウドツールであればスマートフォンやタブレットでも閲覧できるため、パソコンを起動する必要もなく出先や移動中でもデータを確認できます。

関連記事:営業データ分析の手法3つ!見るべき項目やSFAを活用した分析手法

マーケティングデータ活用

マーケティング活動では、オンライン・オフラインのさまざまな施策を通じてリードを獲得します。施策ごとに活用するツールも異なり、データがバラバラに散在してしまう状況になりがちです。

それでは施策ごとのの進捗や成果しか判断できず、マーケティング活動全体の分析やデータ活用にはつながりません。

そこでダッシュボードを導入することで、散在しているさまざまなマーケティングデータを統合し、施策を横断した分析が可能になります。またリアルタイムでデータを確認できるため、成果を判断して柔軟に軌道修正をして成果を高めていけるでしょう。

関連記事:マーケティング・営業の連携の秘訣とは?メリット・トラブル解決策を解説!

ダッシュボードのメリット・デメリット

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 5

次は、ダッシュボードの導入・活用によるメリットとデメリットを解説します。それぞれの側面について理解し、ダッシュボードを導入する際の検討材料にしましょう。

ダッシュボードのメリット

ダッシュボードのメリットは、視覚的にさまざまなデータを確認できる点です。データ分析が苦手でも、グラフや表などでデータを確認できれば状況や実績を把握しやすくなります。

またダッシュボードでは複数のデータを一覧で確認でき、データ同士の関連性を考慮した分析も可能になります。一つのデータでは見えてこなかった事実も、複数のデータが組み合わさると見えてくるかもしれません。

ダッシュボードのデメリット

ダッシュボードの導入や継続的な利用にはコストがかかります。ダッシュボード付きの既存ツールを導入する場合は、初期費用や毎月の利用料金を確認し、自社の予算とのバランスを検討しましょう。ダッシュボードを一から作る場合は、システム開発費やサーバー構築費、システムの維持費がかかります。

また今まで蓄積してきたデータをダッシュボードに取り込む手間も考慮しなければいけません。CSVで一括取り込みできるものもありますが、ツールによっては一件ずつ手入力して登録していかなければいけないものもあるため、データ登録のリソース確保も考えておきましょう。

ダッシュボード作成ツール選定ポイント

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 5

ダッシュボードを作成するツールや、ダッシュボード機能が搭載されているツールは、多様な種類があります。そのため自社に合ったツールを選定しなければ成果につながりません。

そこでダッシュボードツールを選定する際のポイントを4つ紹介します。

【ダッシュボード選定①】目的に合った機能

目的に合った機能が搭載されているかどうかは必ずチェックすべきポイントです。自社がダッシュボードによって何を実現したいのか明確にし、具体的にどのような機能が必要か検討しましょう。

データのフィルター分析やドリルダウン分析などダッシュボードで可能な分析方法が、自社の分析方法に適しているか確認します。またExcelや他ツールも併用したい場合は、データ連携できるかどうかも重要なポイントになるでしょう。

【ダッシュボード選定②】簡単に操作できるか

社内でのツール活用を促して成果を上げていくためには、誰もが簡単に使いこなせる操作性が重要です。

操作性が悪いとメンバーの利用が促進されず、せっかく導入しても成果につながりません。誰もが使いやすいような操作性のものを選ぶことで、メンバーも積極的にダッシュボードツールを活用するようになるでしょう。

【ダッシュボード選定③】運用コストは適切か

既存のダッシュボードツールを利用する場合は、毎月のランニングコストは適切か検討する必要もあります。

ツールによって初期費用や料金体系が異なります。たとえば利用者数に応じて料金が課金されるツールであれば、社内で利用する人数が多いほどランニングコストがかかります。

毎月のランニングコストを試算し、費用対効果を検証したうえでツールを選定しましょう。

【ダッシュボード選定④】サポート体制

ダッシュボードツールによって、導入や運用のサポートを受けられるものがあります。

導入時、メンバーへの説明やデータの引継ぎなどをしなければいけません。また運用を定着させるために、メンバーごとの利用状況やツール導入による成果などを分析する必要もあります。それらを社内ですべて対応するには、相応の人材と時間を確保しなければいけません。

しかしサポート体制が整っているツールを選べば、自社の負担を減らしてスムーズに運用できます。プロの視点からアドバイスしてもらえるため、ツールの使い方もすぐに身につき運用が定着するでしょう。

関連記事:顧客満足度とは?CS向上のための4つのポイントとツール7選

おすすめのダッシュボード作成ツール13選

ダッシュボードを作成したり搭載されたりしているツールはさまざまな種類がありますが、ここからはおすすめのツールを13製品紹介します。特徴や料金などを確認し、ツール選定の参考にしてください。

Senses – 株式会社マツリカ|現場が使いやすいUI/UXで営業データの可視化が可能

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 4

特徴

「Senses(センシーズ)」は、営業活動に関わるさまざまなデータを一元管理できるSFAです。忙しい営業担当者が現場で使いやすいよう、優れたUI/UXを特徴としています。

Sensesのダッシュボードではさまざまな営業データを可視化でき、直感的に状況を把握できます。ダッシュボードに表示させる表やグラフは自身でカスタマイズ可能なので、見るべき項目を絞って確認できるため確認コスト削減にもつながります。

またSensesには、案件の進捗を可視化できる案件ボード機能や、AIによる受注確度予測機能など、多くの営業支援機能が搭載されています。

料金プラン

Starter:月額2.5万円~
Growth:月額10万円~
Enterprise:月額30万円~

導入企業

株式会社リコー、TIS株式会社、ナイル株式会社 ほか

こんな人におすすめ

営業データを活用したい人
営業現場で使いやすいツールを探している人
ダッシュボード機能だけでなく、トータルで営業支援してくれるツールを探している人

▶︎Senses概要資料

Microsoft Power BI – Microsoft Corporation|エクセルからデータ処理可能で導入コストを抑えられる

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 4

特徴

Microsoft社が提供するBI(ビジネスインテリジェンス)ツール「Microsoft Power BI」のダッシュボード機能は、社内に散在するデータを統合して分析できます。

Microsoft Power BIの特筆すべき特徴は、Excelからデータを転送してダッシュボードを作成できる点。普段から使い慣れているExcelを活用できるため、運用のコストやリソースを抑えられます。

ExcelのほかにもDynamics 365やSalesforceなどの外部ツールのデータを取得できるため、部署ごとに別々のツールを利用していてもスムーズにデータを連携できます。

関連記事:BIツールとは?基本機能とおすすめツール9選を徹底比較

料金プラン

Power BI Pro:月額1,090円/ユーザー
Power BI Premium:月額2,170円/ユーザー もしくは 月額543,030円/容量

導入企業

ヒースロー空港、ネスレ、Toyota Motor North America ほか

こんな人におすすめ

普段Excelを使っている人
さまざまなツールに蓄積されているデータを統合したい人

サービスサイト:https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/

Motion Board – ウイングアーク1st株式会社|データの集約・可視化BIダッシュボード

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 7

特徴

BIツール「Motion Board(モーションボード)」は、さまざまな形式でデータを可視化できます。グラフや表だけでなく、ヒートマップやカレンダー、ガントチャートなど30種類以上のチャートを利用できます。

またABC分析やデシル分析など10種類の分析方法が搭載されているので、分析にかかる時間の削減にもつながります。

さらに地図機能を標準搭載しており、エリアマーケティングや巡回ルート管理なども可能です。

料金プラン

クラウド版:月額30,000円~
サブスクリプションライセンス:月額60,500円~
パーペチュアルライセンス(買い切り):1,800,000円~

導入企業

株式会社良品計画、株式会社太田胃散、三井住友海上火災保険株式会社 ほか

こんな人におすすめ

さまざまなチャートや分析方法を活用したい人
地図上で分析や管理をしたい人

サービスサイト:https://www.wingarc.com/product/motionboard/index.html

Yellowfin – Yellowfin Japan 株式会社|オープンプラットフォームのBIツール

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 8

特徴

「Yellowfin(イエローフィン)」は視認性の高いグラフィカルなダッシュボードが特徴のBIツールです。

また優れた分析機能も特徴。過去のデータから変化のあったポイントを抽出してくれ、さらにその変化要因も予測してくれるため、スムーズな課題発見と経営判断につながります。

運用が定着するための工夫も満載です。ドラッグ&ドロップとクリックだけで簡単にダッシュボードを作成できるうえに、専属のコンサルタントがサポートしてくれます。

料金プラン

お問い合わせ

導入企業

株式会社NTTドコモ、本田技研工業株式会社、オーストラリア・ニュージーランド銀行 ほか

こんな人におすすめ

グラフィカルなダッシュボードを使いたい人
せっかく導入するのだから、運用を定着させたい人

サービスサイト:https://yellowfin.co.jp/

LaKeel BI – 株式会社ラキール|専門家なしでデータ分析可能なBIツール

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 9

特徴

「LaKeel BI」は豊富なテンプレートが特徴で、業務内容や目的に合わせたテンプレートを選択するだけで最適なダッシュボードを作成できるBIツールです。

サーバーライセンス型の料金体系のため、利用人数や使用容量に関わらず利用できる点もメリット。利用メンバーが多い大企業でも、人数や容量による課金がないので安心して利用できます。

また導入サポートや活用のための研修制度も設けられており、サポート体制が充実しています。

料金プラン

お問い合わせ

導入企業

アルプスアルパイン株式会社、株式会社ハウスメイト、東亜建設工業株式会社 ほか

こんな人におすすめ

分析初心者だからテンプレートを活用したい人
大企業で利用人数が多い企業

サービスサイト:https://bi.lakeel.com/

Tableau – 株式会社セールスフォース・ドットコム|アジャイル型開発方式BIツール

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 10

特徴

「Tableau(タブロー)」は世界的に利用されているクラウド型BIツールで、カスタマイズ性の高さが特徴です。業種や商材に合わせてカスタマイズできるため、自社にとって最適なダッシュボードを作成できます。

複雑な事前設定が不要ですぐに利用でき、スムーズな導入が可能です。また活発なコミュニティがあるため、操作がわからない場合や他社の活用方法を知りたい場合にも、ほかのユーザーに気軽に相談できます。

料金プラン

年額18,000円~

導入企業

住友ゴム工業株式会社、みずほ証券株式会社、日本航空株式会社 (JAL) ほか

こんな人におすすめ

導入実績が豊富なツールを使いたい人
複雑な事前設定をしたくない人

サービスサイト:https://www.tableau.com/ja-jp

Domo – ドーモ株式会社|大量のデータを1つのプラットフォームに集約

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 10

特徴

クラウドツール、オンプレミスツール、独自システムなど、どんなデータもシームレスに連携できるBIツール「Domo(ドーモ)」。さまざまなツールに蓄積されている大量のデータをDomoに統合できるため、部署や施策を横断した分析が可能です。

データや分析コンテンツは社外にも公開できるため、顧客やパートナー企業にもデータを共有できる点もメリットです。

料金プラン

問い合わせ

導入企業

Cisco、ESPN、eBay ほか

こんな人におすすめ

さまざまなツールに点在しているデータを統合したい人
社外にもデータを共有したい人

サービスサイト:https://www.domo.com/jp

Zoho Analytics – ゾーホージャパン株式会社|複数のデータを組み合わせたレポートが簡単に作成可能

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 11

特徴

「Zoho Analytics(ゾーホー・アナリティクス)」は複数のデータソースからデータを自動で取り込むことができ、データ分析の工数を削減できます。ダッシュボードはドラッグ&ドロップのシンプルな操作で作成できるため、自社にとって最適なダッシュボードを簡単に作れる点もメリット。

またAIが搭載されており、自動でレポートを抽出したり、今後のデータ推移を予測したりしてくれます。

料金プラン

ベーシック:月額2,700円~
スタンダード:月額5,400円~
プレミアム:月額13,500円=~
エンタープライズ:月額53,460円~
※クラウド版

導入企業

ヒューレット・パッカード、IKEA、スズキ株式会社 ほか

こんな人におすすめ

さまざまなツールのデータを統合したい人
AIによる精度の高い分析を活用したい人

サービスサイト:https://www.zoho.com/jp/analytics/

Sisense – Sisense Japan 株式会社|データの保管場所に関わらず、データ集約可能

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 12

特徴

イスラエル発のBIツール「Sisense(サイセンス)」は、クラウドやオンプレミス問わずにデータを取り込むことができ、あらゆるデータを活用した現状把握や分析が可能です。

独自技術により、大量なデータ処理や複雑なデータ分析、さらに多人数の同時利用にも対応できます。利用ユーザーが多い企業でも、ストレスなくスムーズに利用できるため便利です。

料金プラン

お問い合わせ

導入企業

Nasdaq(ナスダック)、Tinder、UiPath ほか

こんな人におすすめ

さまざまなソースからデータを取り込みたい人
多人数で同時利用したい企業

サービスサイト:http://sisense.gaprise.jp/?hsLang=ja-jp

Qlik Sense – 株式会社デジタルスフィア|面倒なデータベース運用が不要

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 13

特徴

「Qlik Sense(クリックセンス)」はシンプルで視認性の高いチャートにより、年齢や役職を問わずに操作しやすいBIツールです。ドラッグ&ドロップの簡単操作なので、誰でも簡単にデータを取り込んでダッシュボードを作成できます。

またAIによる分析機能も利用できるため、人間の目では発見できない気づきを与えられるでしょう。

料金プラン

お問い合わせ

導入企業

PayPal、Samsung、バンクーバー国際空港 など

こんな人におすすめ

シンプルなUI/UXを望んでいる人
AIによる分析を活用したい人

サービスサイト:https://www.qlik.com/ja-jp/products/qlik-sense

ノバセルアナリティクス – ラクスル株式会社|テレビCM広告に特化したダッシュボード

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 14

特徴

テレビCMの広告効果を分析・検証するための「ノバセルアナリティクス」。ダッシュボードではテレビCMの効果を地域別・クリエイティブ別・放映番組別に可視化できます。

またテレビCMの企画・制作・放映・分析がセットになったプランもあるので、これからテレビCMを打ち出していきたい企業にもおすすめです。

料金プラン

お問い合わせ

導入企業

株式会社ウェザーニュース、DMM.com、株式会社ぐるなび ほか

こんな人におすすめ

テレビCMの効果測定をしたい人
今度テレビCMを打ち出していきたい人

サービスサイト:https://www.novasell.com/

Google Data Portal- Google LLC|Googleが提供する無料ツール

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 15

特徴

Google マーケティングプラットフォームの機能である「Googleデータポータル」は、無料で利用できるデータ分析ダッシュボードです。

Googleスプレッドシート、Googleアナリティクス、Google広告などさまざまなGoogle提供のサービスのデータを統合でき、施策を横断して成果を判断できます。レポートやダッシュボードはGoogle Driveでの共有も可能です。

料金プラン

無料

導入企業

こんな人におすすめ

普段からGoogle提供のサービスを使っている人
無料で利用できるツールを探している人

サービスサイト:https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/data-studio/

Pentaho – 株式会社 日立製作所|Gオープンソース(OSS)のBIスイート

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 16

特徴

「Pentaho(ペンタホ)」は、世界的に高い知名度を誇るオープンソース(OSS)のBIスイートです。データ統合基盤(ETL)とデータ分析基盤(BI)がオールインワンになっています。100種類以上のデータソースに標準対応しており、特別な知識がなくてもスムーズにデータを連携できます。

ジオマッピングやヒートグリッドなど豊富なチャートを利用でき、グラフィカルなダッシュボードを作成できます。

料金プラン

お問い合わせ

導入企業

東京証券取引所、ロシュグループ(中外製薬株式会社)、Veikkaus ほか

こんな人におすすめ

データの統合と分析をしたい人
視認性の高いダッシュボードを作成したい人

サービスサイト:https://www.hitachi.co.jp/products/it/bigdata/platform/pentaho/lp/index.html

終わりに

ダッシュボードとは?意味・活用方法の解説とツール13選|Senses Lab. | 6

ビジネスでは多様なデータを活用しますが、ダッシュボードを活用すれば視覚的にデータを把握でき、現状理解や戦略策定などに役立てられます。

ダッシュボードを作成するためのツールや搭載されているツールは多数提供されているため、選定の際にはそれぞれの使い方やコストなどを確認して慎重に検討しましょう。

営業データを活用するためのダッシュボードを探している人は、SFA「Senses(センシーズ)」がおすすめです。ほかにもさまざまなダッシュボードツールがあるので、目的に合わせて選定してくださいね。

SFAとは? -入門編 -

SFAとは? -入門編 -

SFAをご存知でしょうか?SFAの導入で営業組織が劇的に変わります。 そもそもSFAとは?何ができるのか?そしてどのような導入メリットはあるのか? 様々な統計データを用いながらSFAの概要や導入プロセスまでを整理した資料です。

資料をダウンロードする
ツール紹介の関連記事

SFAとは? -入門編 -

SFAをご存知でしょうか?SFAの導入で営業組織が劇的に変わります。 そもそもSFAとは?何ができるのか?そしてどのような導入メリットはあるのか? 様々な統計データを用  …詳細を見る

広告ブロックツールが有効になっています!

広告ブロックツールが有効になっているため、フォームが非表示になっている可能性があります。

フォームを使用する際には広告ブロックツールを無効にした状態で、ページの再読み込みをお試しください。