こんにちは!マツリカの村上です。

巷では働き方改革が叫ばれている中、企業にとって「営業効率を上げること」は大きな課題です。

解決策の一つに営業支援ツール(SFA)の導入がありますが、今すぐにできる訳ではありません。
そこで今回は、営業効率を上げるためにすぐに実践できる3つの方法をご紹介します。

一般的なBtoBの営業フローとは?

sales-efficiency

一般的なBtoBの営業は、問い合わせがあった顧客に対して、アポイントを取り、実際に提案に行くというのが基本です。
営業パーソンによっては、アポイントを取る際、事前に課題をヒアリングする人もいるかもしれません。

今回は分かりやすく営業フローを、問い合わせ時点、アポイント獲得、商談の3つに分けて、各フローで一つ、効率化につながる方法をご紹介していきたいと思います。

営業効率を上げる3つの方法とは?

受注率を上げるためにも営業活動はできるだけ効率的に行いたいものです。
では、効率的に営業活動を行うためにはどのような方法があるのでしょうか。

1. 温度感の低い顧客からの問い合わせ数を減らす

営業が実際に訪問に行ったものの、サービスの導入検討まではしていなかったなど、温度感が低すぎた場合やそもそも顧客の課題にマッチしていなかった場合、営業のリソースが非常にもったいないですよね。

サービス概要が分かる資料を自社のホームページからダウンロードできるようにすれば、サービスに関する情報収集段階の顧客からの問い合わせを減らすことができます。
資料ダウンロードという導線を作ることで、問い合わせの質も高めることができます。

資料ダウンロードページをすぐに設置することが難しい企業は、過去に問い合わせが多かった内容を見直して、その回答となる情報をサイト上に追加してみてはいかがでしょうか。
例えば、料金に関する問い合わせが多かった場合、料金情報が掲載されていると親切ですし、問い合わせ対応のリソースも削減できます。

2. 商談前に顧客の温度感を把握する

sales-efficiency

商談前に顧客のサービス利用検討に対する温度感を明確に把握することは、最適な提案をするとともに、リードタイムも短縮する上で欠かせない要素です。

温度感を把握するために、サービスサイトの問い合わせフォームに、事前に知っておきたい情報の入力項目を設ける、もしくはアポイントの日程調整を電話で行う際に、あらかじめ用意した事前に知りたい情報をヒアリングしましょう。

商談をする前に必要な情報をヒアリングすることで、懸念点が明確になった上で提案の準備ができるため、商談時には顧客のニーズに合った最適な提案を行うことができます。また、商談の場でヒアリングする手間が省けるため、商談の時間を有効に活用できます。

具体的にどういった項目をヒアリングすれば良いか分からないときは「案件の質を見極める10の質問」をご参照ください。

ヒアリングをする際はExcelなどに項目を用意して、こういった回答の場合は○点といった形でスコアリングをすると良いでしょう。

顧客の持っている課題別に受注率が異なっていたり、一定条件の顧客への受注率は高かったりと、勝ちパターンがどの企業にもあると思いますので、自社の勝ちパターンをもとに顧客にスコアを付けて見える化させることをおすすめします。

見える化することで振り返りがしやすくなり、アプローチすべき顧客も把握できるようになるため、営業現場だけではなくマーケティングにも活用できます。

3. 商談を効率化する

ここまでは、商談前の段階で行うべき方法についてご紹介しましたが、商談の段階でも効率化できる方法があります。

それは、Web会議システムを活用することです。

Web会議での商談は移動時間やコストを削減できます。
アポイントを取る際も、移動時間を考慮する必要がないため、スケジュール調整がしやすくなります。
商談先の顧客が訪問を希望してきたり、自社サービスが複雑でWeb会議での説明が難しかったりすることも当然あるかもしれませんが、Web会議での商談が可能な企業は積極的に活用していきましょう。
Web会議システムには無料で使えるシステムが多数ありますのでいくつかご紹介します。

無料で使えるWeb会議システム一覧

1. appear.in(手軽に使えるWeb会議システム)

appear.in
appear.inは海外のサービスですが、登録不要で簡単に使えるWeb会議システムです。

主な特徴

  • アカウント登録不要
  • ソフトのインストール不要
  • 無料で利用可能
  • ルームを作成しURLを共有するだけでWeb会議が可能
  • 画面共有可
  • Google Chrome、Firefox、Operaで利用可能

 

URLを作成後、相手に共有するだけでWeb会議を行うことができます。弊社でもWeb会議を行う際は、appear.inを活用しています。

使い方で分からないときは、「Appear.inとは〜登録不要、URL発行のみでビデオチャットができる便利ツールの使用方法を解説」をご参照ください。

2. Googleハングアウト(最大10人同時利用可能Web会議システム)

google-hangouts
Googleハングアウトはメッセージアプリの印象が強いですが、ビデオ通話の機能もありますので、Web会議にご利用いただけます。

主な特徴

  • 招待する側はGoogleのアカウントが必要
  • 無料で利用可能
  • 画面共有可
  • 最大10人まで同時に利用可能

利用するには、Googleアカウントが必要です。

ビデオ通話をするには、GoogleハングアウトにアクセスするかGmailのサイドバーからハングアウトを開き、商談の相手を選択後、ビデオハングアウトのアイコンをクリックすればWeb会議が開始できます。

商談相手がGoogleアカウントを持っていない場合は、URLを共有することでWeb会議に参加できます。ただし、設定が必要な点と一部使えない機能があるなど注意が必要です。

Googleアカウントを持っていない方をWeb会議に招待する方法はヘルプをご参照ください。

3. Zoom (遠隔操作機能有りWeb会議システム)

Zoom
Zoomは多機能な無料Web会議システムです。

主な特徴

  • 無料で利用可能(ダウンロードが必要)
  • ルームを作成しURLを共有するだけでWeb会議が可能
  • 録画機能など無料で使える機能が豊富
  • 画面共有可
  • アプリケーションシェアという機能があり、リモートコントロールでアプリを操作可能(AさんがExcel・Wordをシェアしている時に、会議に参加している他のBさんやCさんが、AさんのPCのExcel・Wordを遠隔で操作できます。)

利用するには、最初に無料アカウントを取得し、URLを共有した相手にもアプリをインストールしてもらう必要があります。

Zoomは他のWeb会議システムと比べて多機能な点が特徴です。
ワンクリックで録画できる機能やホワイトボード機能を無料で利用できます。

機能が豊富にあるため、興味がある方はPCユーザー向けマニュアルをご参照いただければと思います。

4. Biz Mee (ホワイトボード機能有りWeb会議システム)

Biz Mee
Biz Meeは、インストールや登録不要で簡単に使える無料のWeb会議システムです。

主な特徴

  • 無料で利用可能
  • インストールや登録不要
  • ルームを作成しURLを共有するだけでWeb会議が可能
  • ホワイトボード機能

appear.in同様、URLを相手に共有すればすぐにWeb会議を開始できます。
Biz Meeの特徴はホワイトボード機能です。ビデオ画面の上にホワイトボードを表示できるので議事録を取りながら商談を行うことができます。

主なWeb会議システムを4つご紹介しましたが、他にはChatWorkやSkypeなどもありますので、比較した上で一番使いやすいものを選んで利用してみてください。

まとめ

営業効率を上げる方法として、すぐに実践・活用できることに焦点を充ててご紹介しました。
まだ取り入れていない方法で、自社でもすぐに実践できる方法があれば、ぜひ現在の営業フローに取り入れてみてください。

そして、コストはかかりますが営業効率を上げるにはSFAを導入するのも一つです。
導入する目的を明確にして、しっかり活用できれば営業効率を上げる方法として、SFAは非常に有効なツールです。
少しでも興味をお持ちの方は「SFAとは?知っておきたいSFA(営業支援ツール)の導入メリット」の記事もご覧いただければと思います。

その他、おすすめ記事