組織を効率的に動かすことは企業において重要なことです。

その役割を担うのが「マネジメント」です。

組織の目標を設定し、目標を達成するために業務だけでなく、お金や人といった経営資源を管理しなければなりません。

今回は、この「マネジメント」とはそもそも何なのか?といったことを考え、マネージャーの役割と仕事内容、必要なスキルについてご紹介します。

マネジメントとは?

マネジメントとは?事例で分かるマネージャーの仕事と役割 | Senses Lab. | 1

「マネジメント」という単語は日頃から日本語のように使っていると思いますが、改めてこの言葉に関して考えたいと思います。

マネジメントを調べると「管理」「経営」という意味を持つ言葉で、組織において目標を設定し、その目標を達成するために、組織の限りある資源を効率的に活用することを指しています。

マネジメントは、元々はアメリカの経営学者P.F.ドラッカーが生み出した概念であると言われています。

その著書で、マネジメントのことを「組織に成果をあげさせるための道具、機能、機関」と定義しています。

そして、マネジメントを実際に遂行する人を「マネージャー」と呼びます。

【出典】P.F.ドラッカー(1999)「明日を支配するもの 21世紀のマネジメント革命」ダイヤモンド社

マネージャーや管理職は自分の業務だけではなく、業務と組織を管理する能力が問われます。

成績の良かったセールスがマネージャーとしても素晴らしい能力が発揮できるとは限りません。

プレイヤーからマネージャーに昇進すると、今までとは違う壁にぶつかります。

昇進したばかりの新人マネージャーの多くは部下に対する下記のような課題を感じているようです。

・部下の育成が出来ない、仕事を任せられない
・組織目標やビジョンが打ち出せず組織をまとめられない
・組織間の調整がうまくできない
・上司と部下の間に挟まれる立場になり判断に困る

部下を育てられず、いつまで経っても自分自身の業務が減りません。

結果、プレイヤーとしての負荷が高くなってしまい、マネジメントの比率が低くなってしまいます。この問題を解決するためには、マネジメントスキルを高める必要があります。

マネージャーの役割と仕事内容

マネジメントとは?事例で分かるマネージャーの仕事と役割 | Senses Lab. | 2

前述したように、マネージャーの役割は自分の業務だけではなく、組織を管理することです。

ドラッカーは「組織への成果」と定義しているため、売上や原価などのお金の面の管理に注力しがちになります。

しかし、お金だけではなく組織メンバーのモチベーション含めて、組織の進むべき方向に必要な力、全てを管理して「成果」に繋げることが求められます。

成果をあげる上で、特に重要なことは部下の指導と育成です。

ここでは、具体的にマネージャーとしての仕事内容を見ていきたいと思います。

1.部下に仕事を任せられる環境を作る

部下の育成は当たり前ですが、そのための意欲を引き出すモチベーション作りが大切です。

マネージャーは部下に仕事を渡すだけではなく、部下がチーム内で働きやすいように動機づけすることが必要です。

2.目標を設定し組織としてビジョンを示す

自身のやっている仕事がどの方向に向かっているのか、マネージャーが示してあげる必要があります。

ビジョンを共有することで部下の組織へのコミットが高まります。

3.部下に適切な指導を行う

任せた仕事に対して「なんで出来ていないんだ?」と叱咤することが指導とは言えません。

部下が成長するように業務の何が問題なのかを意識させる必要があります。

また、精神的なサポートも必要です。

そのためにマネージャーは部下に仕事を任せっきりにするのではなく、業務内容を把握する必要があります。

4.目標に対するフィードバックを行う

部下と定期的に仕事内容や業務の進捗を確認し、改善ポイントをフィードバックするようにしましょう。

言いやすい組織風土を作ることで、部下とのコミュニケーションが密な組織が形成されます。

上記の1~4を行うことで、部下と信頼関係を築くことができ、業務遂行がしやすくなるはずです。マネージャーは正しくマネジメントを行い、自分自身を含めた人材育成に励む必要があるのです。

会社にとって最も重要な経営資源は「人材」です。

近年では「人財」と呼ぶ企業も増えてきています。

マネージャー次第で強い組織を形成する場合もあれば、強みを引き出せずに終わってしまうこともあります。

正しくマネジメントを行い、自身を含めた人材の育成に励む必要があります。

マネージャーに必要なスキル

マネジメントとは?事例で分かるマネージャーの仕事と役割 | Senses Lab. | 3

マネージャーは組織を管理する立場として多くのことが求められます。

先述したように、一担当者として遂行していた業務と、管理職としてマネージャーの業務では求められる質が異なります。

マネージャーならではの壁にぶつかることも出てきます。

ドラッカーの「マネジメントに必要なスキル」を参考に4つのポイントでご紹介します。

1.的確な意思決定を行う

人は何かを判断しなければならないとき、価値観や理念を軸に物事を考えます。

マネージャーの判断がぶれると部下への不信感を与えてしまいます。

また、マネージャー自身が自己ビジョンを強く持ち、それに基づいて意思決定をすることで組織を引っ張る力が増加します。

2.コミュニケーション能力を磨く

当たり前ですがコミュニケーションは相手がいて初めて成立します。

発信する立場の人間は、受信する側の立場も理解しなければなりません。

受け手は理解してくれているか、そもそも受け入れられるのか、何を期待しているのか。

コミュニケーションの受け側が部下でも、取引先でも同様ですが、「受信する側」について理解してコミュニケーションを取ることが重要です。

3.管理能力を高める

管理能力といってもいきなり難しいことをするのではなく、実績に対する評価を行います。

組織が立てた目標に対して、現状を把握し軌道修正が必要なのかどうかを判断します。

「管理する」とは仕事を部下に与えて、あとは叱咤激励するのではなく、現状を把握し今後の軌道を修正することを指しています。

4.経営に関する知識を活用する

オペレーター時代とは異なりマネージャーには最低限の経営に関する知識が必要です。

過去からの積み重ねで、現代においては経営に関する知識が数多く残されてきています。

経営の知識を使えば全て物事が上手くいくことはありませんが、経営課題を認識しその本質を見る力が必要です。

これさえ学べば素晴らしいマネージャーに慣れるという万能薬はありません。

複数の要素が関係してきます。

少なくとも1~4を意識して一つひとつマネージャーに必要なスキルを学んでいきましょう。

事例で分かるマネージャーの仕事

マネジメントとは?事例で分かるマネージャーの仕事と役割 | Senses Lab. | 4

マネジメントは複数の要素が絡み合っているなかで、経営課題を解決に導かなくてはなりません。

人の資源はその中でも重要な割合をしめます。

人材におけるマネージャーの役割を事例で見て行きたいと思います。

Aさんは営業として、自分の企画提案力に自信があり、それを中心に既存顧客からのアップセルを中心に売上を組み立てたいと考えています。

しかし、会社側もビジネスがあり、Aさんのやりたいスキル全てを受け入れた場合には、売上目標を達成するためのマイルストーンが現実的なものにならないケースがあります。

しかし、会社側の意向として、Aさんの業務を新規顧客の開拓に割り振ってしまうと、Aさんのモチベーションは低下してしまうでしょう。

「Aさんのやりたいこと(ここでは、既存顧客へのアップセル提案)」と「会社側がやらせたいこと(新規顧客の開拓)」が重なり合うポイントに業務を変更したり、削ったり、時には組織を再構成したりする必要があります。

マネジメントの事例を一つとっても、かなりの労力が必要になってきます。

おわりに

今回は、マネジメントとは何か、マネージャーが担う仕事と役割に関してご紹介しました。

組織を管理するマネージャーには、オペレーター時代とは異なる高いレベルのビジョンを持って部下を指導し、組織を引っ張っていかなければなりません。
ただし、組織を引っ張ることは簡単ではありません。

まずは今回ご紹介したようなマネジメントスキルを高めることからはじめてみてはいかがでしょうか。

その他、おすすめ記事