「マーケティング活動を効率化したい」「マーケティングの成果を最大化したい」と考えている方には、マーケティングツールの導入がおすすめです。

リード獲得に向いているツールや、リードの購買意欲を高めるのに向いているツールなど、さまざまな種類があるので、自社の目的に合わせたツールを導入することで大きな成果が期待できます。

本記事では、マーケティングツールの必要性をふまえ、おすすめのマーケティングツールを紹介します。マーケティングツールの選定にお役立てください。

↓↓こちらの資料では、BtoBビジネスで役立つMAツールの選定ポイントを詳しく説明していますので、併せてご覧ください!↓↓

▶▶【無料資料ダウンロード】マーケター必見!BtoBビジネスのためのMAツールの選び方とは?

マーケティングツールとは?

マーケティングツールとは、自動でマーケティング施策を実行できる機能や、マーケティングに関するデータを分析できる機能などが搭載された、企業のマーケティング活動を効率化するツールです。

「マーケティング」と一口に言っても、手法やチャネルは多岐にわたります。特に近年は、WEBサイトやSNSなどのオンライン手法も増えており、リードとのタッチポイントは複雑化しています。

こうした背景から、今までのように経験やセンスに頼ったマーケティング活動では成果を得られなくなってきました。

そのため、複雑化しているマーケティング活動を効率化し、データを基にマーケティング施策を展開できるよう、マーケティングツールの活用が重要になっているのです。

なぜマーケティングツールが必要なのか?

マーケティングツールの必要性が高まっている背景には、以下の要因があります。

消費者行動の変化によるマーケティング施策の多様化

インターネットの進歩により、消費者の購買行動は大きく変化しました。検索エンジンやメルマガなどで情報を収集し、ECサイトで商品を購入し、SNSや口コミサイトなどで感想をシェアします。

こうした変化から、従来のようなマスマーケティングやオフラインマーケティングだけでは成果が得にくくなり、消費者の購買行動に企業も対応してオンラインまでマーケティング領域を広げなければならなくなったのです。

しかし、オンラインマーケティングは、人力による手動での作業では時代のスピード感に追い付きません。

たとえば、メルマガを配信する際にも顧客リストから手動で一件ずつメールアドレスをeccにコピペしていくと、膨大な時間がかかります。

また、自社のWEBサイトからの流入を増やすために検索順位を上げたい際にも、WEBサイトのページを一つずつ検索エンジンで検索して順位をチェックしていくのは、多大な時間がかかり現実的ではありません。

さらに、リードは一人ひとり購買行動のフェーズが異なります。検討段階のリードと、購入間近のリードでは、求めている情報も異なるためアプローチ手法を変えなければなりません。

こうした背景から、マーケティング施策を自動化・効率化し、さらにリード一人ひとりの状況やフェーズに応じたマーケティング施策を展開するために、マーケティングツールの必要性が高まっています。

既存顧客との関係構築強化の必要性

マーケティングは、リードの獲得・育成だけでなく、既存顧客との関係性においても重要です。

そもそも、マーケティングの本来の意味合いは「売れる仕組み作り」です。そのため、既存顧客のエンゲージメントを向上させることで、リピート購入につなげたり解約を防いだりして、売れる仕組みを作っていくことがマーケティングの本来の目的と言えます。

また、「1:5の法則」でも知られているように、新規リードを獲得するためのコストは、既存顧客を維持するためのコストの5倍かかるとも言われています。

既存顧客との関係性を深めるためにも、マーケティングツールで一人ひとりの顧客の購買履歴や状況などを把握し、それぞれに合ったアプローチを実行していく必要があるのです。

マーケティング活動における3つのプロセス

マーケティング活動は、以下の3つのプロセスに分けられます。

  1. リードジェネレーション(リード獲得)
  2. リードナーチャリング(リード育成)
  3. リードクオリフィケーション(リード選別)

言い換えると、各プロセスにマッチした機能をもつマーケティングツールを導入する必要があります。

1. リードジェネレーション

リードジェネレーションとは、リードの獲得を意味し、具体的にはリードに関する氏名や連絡先などの情報を入手することです。

一例として、以下のような方法があります。

WEBサイトでホワイトペーパーをダウンロードする代わりに個人情報を入力してもらう
ウェビナーの参加フォームから個人情報を得る
SNSでフォローしてもらい、アカウント情報から個人情報を入手する

母数となるリード数が多いほど、後の商談件数も多くなる可能性が高いため、リードジェネレーションは重要なプロセスです。

とはいえ、リードの質が低いと商談化率は高くならないので、マーケティングツールで商談につながりやすいチャネルを分析して質の高いリードを獲得しましょう。

関連記事:リードジェネレーションとは?意味や手法・おすすめのツール3選を紹介

2. リードナーチャリング

リードナーチャリングとは、獲得したリードと関係性を構築してリードの購買意欲を高めていくことです。

一例として、以下のような方法があります。

記事コンテンツやメルマガで有益な情報を発信する
動画で商品の魅力を視覚的に訴求する
ウェビナーやセミナーで直接情報を提供する

また、マーケティング領域からは少しはずれますが、インサイドセールスがリードナーチャリングを担っている企業もあります。

上記のように、リードの関心が高いジャンルの情報を提供したり、商品について魅力的に紹介したりすることで、リードの購買意欲を引き上げます。

なぜリードナーチャリングが必要かと言うと、獲得したリードの購入意欲はバラバラだからです。最初から購買意欲の高いリードもいれば、単に情報収集をしているだけのリードもいます。購買意欲に関わらず、すべてのリードに同じようなアプローチをしては、思ったような成果は得られません。

そのため、マーケティングツールを活用してそれぞれのリードの購買意欲に合わせた最適なアプローチを行い、購買意欲を引き上げていく必要があるのです。

関連記事:リードナーチャリングとは?意味や手法・リードジェネレーションとの違いを解説

3. リードクオリフィケーション

リードクオリフィケーションとは、購買意欲があり受注見込み度が高いリードを選別することです。

リードは、それぞれ購買意欲が異なります。適切なリードナーチャリングをしても、なかなか購買意欲が引き上がらないリードもいるでしょう。

しかし「とりあえず、メルマガを送ったり資料を送付したりしたから、アポイントを取ろう」という考えで、すべてのリードに画一的にアポイントを取るケースは多く見受けられます。こうした場合、いざ営業が訪問した際にリードがまったく購買意欲がなく、無駄足になってしまったということも珍しくありません。

効率的に受注を獲得できるよう、リードクオリフィケーションが欠かせないのです。

リードクオリフィケーションの方法は、スコアリングがよく用いられます。スコアリングとはリードのアクションに合わせて点数を付けることで、たとえば「ホワイトペーパーをダウンロードしたら○点」「メルマガを開封したら△点」などと設定して加点していく方法です。点数が高いほど購買意欲が高く、受注見込み度も高いと判断できます。

マーケティングツールによってはスコアリング機能が搭載されたものもあるので、リードクオリフィケーションに活用しましょう。

関連記事:リードクオリフィケーションとは?効果的なスコアリング方法も解説

マーケティング活動に必要な5つのWebマーケティングツール

マーケティング活動を円滑かつ効率的に進めるために欠かせないマーケティングツール。マーケティングツールとして活用できるツールの種類は多岐にわたるので、それぞれの特徴を紹介します。

①ABMツール

BtoBマーケティングを促進するのがABMツールです。

ABMとは「Account Based Marketing」の略称で、具体的なアカウント(企業・団体)をターゲットとして戦略的にアプローチするマーケティング手法です。

ABMツールを活用すると、自社の既存取引先を分析し、企業データベースの中からターゲットとする企業を選別できます。また、企業ごとに商談履歴や取引履歴を蓄積し、ターゲットごとに最適なタイミングで最適な情報を提供できるようになります。

関連記事:ABM(アカウントベースドマーケティング)とは?メリットと事例

②MAツール

MAツールとは「Marketing Automation」、つまりマーケティング活動を自動化できるツールです。

主に、以下の機能が搭載されています。

  • リード情報の管理
  • LP作成
  • 問い合わせフォーム作成
  • メール配信
  • Web広告連動
  • Webアクセス解析
  • リードスコアリング

このほかにも、MAツールによって機能はさまざまです。また、AIが搭載されているMAツールもあり、AIがベストプラクティスを学習して最適なマーケティング施策を提案してくれます。

関連記事:MA(マーケティングオートメーション)とは?意味や導入メリット・おすすめのツールを紹介

③SFAツール

SFAツールは「Sales Force Automation」のことで、日本語では「営業支援ツール」と訳されます。

その名の通り、営業活動に役立つ機能が充実したツールです。

  • 顧客情報の管理
  • アプローチ履歴
  • 商談履歴
  • スケジュール管理
  • 予実管理、目標達成度管理

マーケティングとセールスがシームレスに連携するために、SFAが用いられることもあります。

特に「The Model型」のプロセスを取り入れている企業は、インサイドセールスからフィールドセールスに引き継ぐ際、顧客情報に紐づけてアプローチ履歴を管理できるSFAが非常に役立ちます。

関連記事:SFAとは?CRM・MAとの違い・基本機能から成功事例まで徹底解説

また、SFAとMAを連携し、マーケティングとセールスの情報連携をスムーズにすることも可能です。

関連記事:MAとSFA・CRMの違いとは?MA連携でマーケティング・営業を強化する方法

④CRMツール

CRMツールとは、「Customer Relationship Management」の略称で、「顧客関係管理ツール」です。

顧客に紐づいたさまざまな情報を蓄積し、顧客との関係性を深めてエンゲージメントを高める目的で活用されます。

  • 顧客情報の管理
  • 購買履歴
  • お問い合わせ履歴
  • セミナーやイベントへの出席履歴
  • アプローチ履歴
  • 商談履歴

機能としてSFAと似通っていますが、より顧客情報に特化したツールがCRMと言えます。しかし最近では「SFA/CRM」と、包含して呼称されることもあります。

関連記事:CRMとは?意味や機能・おすすめの顧客管理ツールをわかりやすく解説

⑤Web解析ツール

Webサイトに訪問したユーザーの閲覧履歴やコンバージョン率などを分析し、Webサイトの改善につなげられるツールが、Web解析ツールです。

よく見られているページを把握するだけでなく、PV数が少ないページを分析してリライトしたり、CV率が低いページの導線を改善したりして、Webサイトの成果を高めます。

また、ツールによってはWebサイトへの流入経路や、アクセスしたデバイス・国なども分析でき、多角的に分析できます。

関連記事:アクセス解析とは?Webサイト分析の目的・指標とオススメツール9選

おすすめのマーケティングツール12選

マーケティングツールとして活用できるツールを理解したところで、次は具体的なツールを紹介していきます。

ABMツール

まずは、おすすめのABMツールを紹介します。

①FORCAS

「FORCAS」は、Excelで自社の顧客リストをアップロードすると、受注につながりやすい顧客の傾向を自動で抽出してくれるABMツールです。

傾向にマッチした企業のターゲットリストも自動で出力されるため、自社で営業リストを作成する必要がありません。

企業理解を深めるための企業リサーチ機能も搭載されているので、One to Oneマーケティングの立案や営業準備の効率化にもつながるでしょう。

サイトURL:https://www.forcas.com/

②uSonar

国内最大規模の企業情報データベースを搭載した「uSonar」。さまざまな外部ツールと連携して名刺情報や顧客情報も統合でき、顧客に関するあらゆる情報を一元管理できます。

名寄せ機能や名刺管理機能など、ABMを展開するのに役立つ機能が充実しています。

セミナーやユーザー勉強会を開催しているので、ツール理解を深めて活用を促進できます。

サイトURL:https://usonar.co.jp/

MAツール

次は、おすすめのMAツールを紹介します。

③Adobe Marketo Engage(マルケト)

Adobeが提供するMAツール「Adobe Marketo Engage」は、充実した機能と外部ツールとの連携の拡張性で、マーケティング活動を加速してくれます。

メールやSNS、SMSなどマルチチャネルに対応しており、多様なリードとのタッチポイントを網羅。搭載されたAIが、リードの行動に合わせて最適なコンテンツをパーソナライズに提供するため、成果を最大化できるでしょう。

サイトURL:https://business.adobe.com/jp/products/marketo/adobe-marketo.html

④Marketing Hub(ハブスポット)

HubspotのMAツール「Marketing Hub」は、SEOやWeb広告、SNS運用やチャットなど、複数のチャネルでの情報発信やコンテンツ制作が可能です。

柔軟にシナリオを設計できるため、自社商材やリードのアクションに合わせて施策を実行できます。

メール配信やチャットなどの機能は無料で利用でき、スモールスタートしたい企業におすすめです。

サイトURL:https://www.hubspot.jp/products/marketing

⑤SATORI

「SATORI」は完全国産のMAツールで、日本企業のマーケティング活動に合わせた機能が特徴です。Webサイトに計測タグを埋め込むだけで即日利用を開始でき、インターフェースもシンプルなので、忙しいマーケティング現場でも使いやすい設計となっています。

パーソナライズ機能やスコアリング機能が搭載されているため、リードの獲得・育成・選別の全プロセスがSATORIだけで完結します。

サイトURL:https://satori.marketing/

SFA・CRMツール

次は、おすすめのSFAとCRMをまとめて紹介します。

⑥Senses(センシーズ)

senses

現場主義を掲げるSFA/CRM「Senses(センシーズ)」は、営業現場が成果を出しやすい設計にこだわっています。

直感的に案件の進捗状況を確認できる案件ボード、外部ツールとの連携によるデータ同期、豊富な分析レポートなど、営業を効率化する機能が豊富です。

さらに、搭載されたAIが案件の受注確度と失注リスクを予測。類似案件からネクストアクションを提案してくれるため、成果につながるサポートをしてくれます。

サイトURL:https://senses.mazrica.com/

▶▶90秒で理解するSenses【デモ動画】はこちらをクリック

⑦Salesforce Sales Cloud

Salesforce社が提供する「Sales Cloud」は、全世界で高いシェアを誇るSFA/CRMです。

AI搭載で、ネクストアクションの提案やチャットボットでの問い合わせ対応などを通じて、営業活動をサポート。リード情報と商談情報をスコアリングし、受注確度の高い案件を抽出します。

最もリーズナブルなプランは月額3,000円から利用できるので、企業規模に合わせて柔軟に活用できます。

サイトURL:https://www.salesforce.com/jp/products/sales-cloud/overview/

⑧Microsoft Dynamics 365

Microsoft社が提供している「Dynamics 365」は、SFA/CRM領域だけでなくMAやカスタマーサービスなどの領域もカバーした、総合的なビジネスアプリケーションです。

新規顧客の獲得から受注、さらに入出金や受注後のサポートまでトータルで管理できます。

Office365などのMicrosoft Officeシステムとシームレスに連携し、社内業務を一元管理して効率化してくれるでしょう。

サイトURL:https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/

Web解析ツール

おすすめのWebサイトのアクセス解析ツールを紹介します。

⑨Google Analytics

Googleが無料で提供しているアクセス解析ツール「Google Analytics(アナリティクス)」。Webサイトに訪問したユーザーの行動を解析できます。

Webサイト全体とページごとのPV数・UU数・直帰率・離脱率・滞在時間などを解析し、自社サイトについて深く理解します。また、流入元やユーザーの属性なども把握でき、サイト改善のヒントを得られます。

サイトURL:https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/

⑩Google Search Console

Googleが提供しているもう一つのWeb解析ツールが「Google Search Console(サーチコンソール)」です。

AnalyticsはWebサイト訪問後のユーザーの行動を分析するのに対し、Search ConsoleはWebサイト訪問前の検索エンジン上でのパフォーマンスを分析できます。具体的には、ページごとの検索順位、ユーザーが検索したキーワードなどを分析します。

さらに、Googleにインデックス(Webページの内容を読み取って検索順位に反映するようデータベースに登録すること)をリクエストできます。

サイトURL:https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

⑪Ptengine

「Ptengine」は、タグを埋め込むだけであらゆるデータを計測してくれます。

ヒートマップでユーザーの動きを把握できるため、直感的にパフォーマンスを分析できます。また、豊富なテンプレートを活用してWebサイトを最適化したり、トリガーを設定してユーザーに最適な情報を届けたりすることも可能です。

Webサイトの分析から改善までワンストップで実行できるツールを探している方におすすめと言えるでしょう。

サイトURL:https://www.ptengine.jp/

⑫AIアナリスト

36,000サイトを分析した改善ノウハウを基にして、自社サイトの改善点や伸びしろを評価してくれる「AIアナリスト」。改善前と改善後の効果測定も行えるので、どれだけ成果につながっているか把握し、PDCAを回しやすくしてくれます。

サイトURL:https://wacul-ai.com/

マーケティングツールの選び方

マーケティングツールとして活用できるツールは、多様な種類があります。そのため、自社の目的や業務フローに合わないツールを選択してしまうと、期待していた成果が得られません。

そこで、以下のポイントを意識して選定しましょう。

自社の課題とマーケティングツールを導入する目的の明確化

まずは、マーケティングツールを導入する目的を明確にするため、マーケティング領域における自社の課題を洗い出します。目的が不明確だと、どのマーケティングツールが適しているか判断できず、適していないツールを選定しかねません。

たとえば「新規リードの獲得に苦戦している」という課題がある場合は、リード獲得に役立つMAツールやWeb解析ツールなどが適しています。

目的によって適したツールが異なるので、まずは自社の目的を明確にしましょう。

現場での使いやすさを比較

ツールによっては、最先端の機能が多く搭載されているツールや、複雑な設定が必要なツールもあります。初めてマーケティングツールを導入する場合や、マーケティングツールに慣れていない場合、高性能なツールは使いこなせないことがあるため注意が必要です。

「せっかくツールを導入したのに、活用されずに失敗してしまった」という事態を防ぐためにも、導入前に使いやすさを試しておきましょう。

無料トライアルや無料プランで使い勝手を確かめることをおすすめします。また、実際にマーケティングの現場担当者にも使ってもらい、意見をヒアリングすると良いでしょう。

外部ツールとの連携性

マーケティングでは、複数のデータを分析して傾向を見極めたり、次の戦略を策定したりします。そのため、そのツール単体のデータだけでなく、他ツールのデータも連携して分析すると、さらに高度な分析が可能になります。

また、マーケティング部門は、インサイドセールスやフィールドセールスとの連携が必須です。情報共有の仕組み作りのためにも、マーケティングツールと他部署で活用しているツールを連携できるか重視しましょう。

マーケティング・営業活動、顧客管理をSensesで一元管理

senses

マーケティングツールは、マーケティング活動の効率化には欠かせません。自社にとって本当に効果のあるマーケティングツールを選定したい際には「現場での使いやすさ」「外部ツールとの連携」に着目しましょう。

しかし「複数のツールを併用するのが大変」「マーケティングセールスプロセスを一元管理したい」という企業も少なくないでしょう。

そこで、SFA/CRMの「Senses(センシーズ)」をおすすめします。

Sensesは営業現場の使いやすさにこだわったSFA。現場担当者の入力負荷を軽減し、サッと使えるインターフェースで、モバイルデバイスからもアクセスできるのが特徴です。

そんなSensesに、マーケティング機能が追加されました。Web解析、メール配信、問い合わせフォーム作成といったマーケティング機能により、マーケティング部門でも活用できるツールとなりました。

Sensesだけでマーケティングセールスプロセスを一貫して管理し、部門間での情報共有の弊害をなくします。

サポート体制も充実しているので、初めてマーケティングツールを導入する企業にもおすすめです。

詳しい機能やベネフィットは下記資料にて紹介しているので、お気軽にダウンロードください。

Sensesサービス紹介資料

Sensesは「現場の定着」にもっともフォーカスした営業支援ツール(SFA)です。Sensesの特徴や機能の詳細についてまとめた概要資料と、実際の画面を確認できるデモ動画をお送りいたします。

資料をダウンロードする
マーケティングツール比較記事

Sensesサービス紹介資料

Sensesは「現場の定着」にもっともフォーカスした営業支援ツール(SFA)です。Sensesの特徴や機能の詳細についてまとめた概要資料と、実際の画面を確認できるデモ動画  …詳細を見る

広告ブロックツールが有効になっています!

広告ブロックツールが有効になっているため、フォームが非表示になっている可能性があります。

フォームを使用する際には広告ブロックツールを無効にした状態で、ページの再読み込みをお試しください。