顧客管理システム(CRMツール)を導入するために「ちょっと調べてみよう」と思ってGoogleで検索すると、ヒット件数はなんと3億2,000万件!

これでは、選ぶのも一苦労ですよね。

そこでで今回は、Senses Lab.編集部が独自に選んだ35のCRMツールの機能や料金を徹底比較!各ツールの違いを分かりやすく分類した比較表もつくりました。

ぜひ、CRMツールを検討する際にお役立てください。

各企業が展開するCRMツールの特徴や機能ははこちらの資料にまとめてあります。
▶︎▶︎自社に最適なCRM/SFAサービスが探せる分類チャートの無料ダウンロードはこちら

SFA分類チャート

CRMツールとは?

CRMとはCustomer Relationship Managementの略で、日本語では「顧客関係管理」と訳されています。

もともとは「顧客満足とロイヤリティの向上を通して、売上アップを目指す経営手法」という意味です。

ですが、膨大な顧客情報を管理・分析するには、ITツールが欠かせません。

そこで、CRMツール=顧客関係管理をするツール(CRMシステム、顧客管理システム)という意味合いで使われるようになったというわけです。

顧客を年齢や性別などの個人情報や購入・利用歴、問い合わせ履歴などから顧客をセグメントし、顧客に応じたきめ細かい対応を行うことで顧客満足度の向上や、長期的に顧客との良好な関係性を維持することを目的としたシステムです。

一人あたりの購買額を最大化し、顧客維持率(リピート率)を上げることで、長期的な収益の向上を目指します。

CRMには特定の機能に特化したタイプがいくつかありますが、最近導入する企業が増えてきている営業支援ツール(SFA)とマーケティングオートメーション(MA)に大別されます。

CRMについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
関連記事:CRMとは?意味や機能・おすすめの顧客管理ツールをわかりやすく解説

営業支援ツール(SFA)とは?

営業活動における情報全般をデータ化して蓄積や分析をすることで、

  • 営業プロセスの見える化
  • 属人化されがちな営業情報の共有

・・・を実現し、業務効率化や売上アップに繋げることができるツールです。

■基本機能

取引先・リード管理、案件管理、コンタクト管理、行動管理、レポーティング

尚、SFAに関する詳細はこちらの記事で詳しく解説しています。
関連記事:SFAとは?CRM・MAとの違いは?意味・役割・主な機能を徹底解説

マーケティングオートメーション(MA)とは?

マーケティングのプロセスにおける、顧客へのアプローチを自動化するための仕組みやプラットフォームのこと。

見込み顧客に対して適切な情報をベストなタイミングで提供することで、見込み度合いを上げていき(=リードナーチャリング、顧客の育成)、質の高い商談を創出することができます。

■基本機能

リード管理、自動メール配信、リードスコアリング、シナリオ設定、フォーム作成機能、レポーティング

両方を繋げてみると、MAで見込み顧客(リード)の見込み度合いを上げて、商談を創出する
→案件化する確度の高い顧客が導き出される
→SFAで案件を管理して、共有された勝ちパターンで顧客にアプローチする

・・・という感じになります。

つまり、2つのツールを上手に使うことで、受注率をぐっと上げることができるというわけです。

尚、MAについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
関連記事:MA(マーケティングオートメーション)とは?意味や導入メリット・おすすめのツールを紹介

CRMツール(顧客管理システム)比較35選

CRMはCustomer Relationship Managementの略で「顧客関係管理」のことを指します。

CRMツールは顧客関係管理ツールのことで、一般的には顧客と会社の関係性を管理するツールです。

関連記事:顧客管理とは?エクセルやシステムでの管理方法を分かりやすく解説

今ではさまざまな会社からCRMツールがリリースされています。

CRMツールは営業支援ツール(SFA)とマーケティングオートメーション(MA)に大別されるため、ここではSFAツールとMAツールに分けて各社のサービスを紹介していきます。

ここでは会社別に全35のCRMを比較していますが、中小企業向けのCRMについてはこちらの記事内で10社のツールを徹底比較しています。
関連記事:CRMツール・ソフトおすすめ10選 | 中小企業向け顧客管理ツールを徹底比較

営業支援ツール(SFA)比較(特徴・価格・無料トライアル)

まずはじめに「営業」に特化したCRMツールである営業支援ツール(SFAツール)から紹介していきましょう。

SFAツール計20社のサービスについて、どんな特徴があるツールなのか?どんな企業におすすめなのか?価格帯はいくらのか?を紹介しています。

今回紹介するSFAは

  1. Senses(センシーズ)
  2. WaWaFrontier
  3. アクションコックピット
  4. Microsoft Dynamics 365
  5. FlexCRM
  6. Zoho CRM
  7. kintone
  8. ネクストSFA
  9. eセールスマネージャー
  10. Oracle CX Sales(旧Oracle Sales Cloud)
  11. GENIEE SFA/CRM
  12. Sales Cloud
  13. GRIDY SFA
  14. cyzen
  15. JUST.SFA
  16. Camcard Business
  17. Sansan
  18. UPWARD
  19. Sales Force Assistant
  20. Geo CRM

の計20ツールです。

尚、SFAツールについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。
関連記事:SFA(営業支援システム・ツール)比較44選【2022年最新版】

Senses(センシーズ)|シンプルだが、驚くほど受注に直結する営業支援ツール

【特徴】

Sensesはクラウド営業支援ツール(SFA)です。

誰でも直感的に使いこなせる画面や現場の営業活動を効率化させる機能などに特徴があり、従来のSFAと現場への定着率が圧倒的に異なります。

GmailやMicrosoft365(Office365)などグループウェアと連携することで入力負担を軽減したり、カード形式の案件ボードで直感的に営業管理ができるため、業務効率を大幅にアップさせることができます。

▶︎▶︎90秒でわかる!クラウド営業支援ツールSenses(センシーズ)の無料デモ動画の視聴はこちら

【こんな企業にオススメ】

  • 過去にSFAを導入して失敗したことがある
  • 案件管理、進捗管理を手軽に行いたい企業
  • 営業の入力負荷を下げ、営業効率を上げたい企業
  • データを溜めてそれを活用する文化を醸成したい企業

【価格】

Starterプラン
月額27,500円から
※5人のユーザーを含む
※追加ユーザーあたり月額5,500円

Growthプラン
月額110,000円から
※10人のユーザーを含む
※追加ユーザーあたり月額11,000円

▶︎▶︎【無料ダウンロード】Senses(センシーズ)のサービス紹介資料はこちら

サービス名:Senses(センシーズ )
URL:https://product-senses.mazrica.com

WaWaFrontier|つかえるSFAで業績向上支援

WaWaFrontier

【特徴】

同社が提供するグループウェア「WaWaOffice」と連携することで、スケジュールから簡単に日報や実績を入力することができます。

顧客、日報、案件管理で見たい情報だけを表示させる「フィルタ設定」や、一覧表示でどの項目を出すかを設定できる「ビュー設定」をすることで、情報を素早く確認。マネジメントに役立つ機能も豊富にあります。

【こんな企業にオススメ】

・日報とSFAを併用して営業管理をしたい企業

【価格】

月額費用:1ユーザー1,000円〜

アクションコックピット|営業をよりスピーディに、よりスマートに、よりパワフル

アクションコックピット

【特徴】

SFAとしては初期に開発されたもののひとつで、17年の運用実績の中で進化を続けてきたツールです。ベーシック版は、日本で一般的な営業スタイルであるルート営業に特化しています。

名刺認識アプリCAMCARDとの連携で顧客情報を簡単に登録・管理することができ、さらに名刺情報をもとに会社名、役職、担当者などが記載された心のこもったご案内・お礼メールの一括送信ができます。

【こんな企業にオススメ】

・ルート営業がメインの企業

【価格】

月額費用:1ユーザー2,000円〜

サービス名:アクションコックピット
資料請求:https://www.bizlabo.co.jp/inquiry
URL:https://www.bizlabo.co.jp/

Microsoft Dynamics 365|リレーションシップを収益に転換する

Microsoft Dynamics 365

【特徴】

Microsoft社が提供するCRMで、Windows製品やOutlookと連携することで、さまざまな履歴を残しておいたり、入力の無駄を省くことができます。

魅力のひとつが人工知能を取り入れてセールスプロセスを自動化していること。Eメール、予定表などから顧客の行動、傾向、潜在的価値を把握し、こうしたデータを元に、最も購入の可能性が高い見込み顧客を特定。

次に取るべき行動を提案してくれます。

【こんな企業にオススメ】

・Microsoft Officeを活用している企業

【価格】

月額費用:1ユーザー7,384円〜

サービス名:Microsoft Dynamics 365
URL:https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/sales/overview/

Dynamics 365については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

Microsoft Dynamics 365とは?概要や評判・価格まで徹底解説!

FlexCRM|チームを成功に導くCRM/SFA

【特徴】

顧客・案件管理だけでなく、メールの一括送信などマーケティング機能や外部CTIシステムとの連携によりカスタマーセンターの機能も追加できるなど、シンプルながらもすべてを兼ね備えたツールです。

ユーザー数6名以上から51名以上の幅でボリュームディスカウントがあり、割引率は最大で40%。気軽に導入しやすいツールです。

【こんな企業にオススメ】

・営業管理だけでなく、マーケティングや販売管理にも使いたい企業

【価格】

月額費用:1ユーザー1,500円〜

サービス名:FlexCRM
無料トライアル:https://flex-crm.com/log01.html
URL:https://flexcrm.jp/

Zoho CRM|全世界で4万社の成長企業がいま導入しているCRM/SFA

zohoCRM

【特徴】

メール、電話、ソーシャルメディア、チャット、訪問など顧客とのやりとりを一元管理し、開封やクリック、SNS投稿への反応などを、リアルタイムで把握。最適なタイミングで次のアクションを起こすことができます。

同社で提供しているサービスのほか、G Suite、Office365などと連携することで、自社に最適なシステムを作り上げることができます。

また、英語、日本語、中国語など7ヶ国語に対応しているため、海外展開を考えている会社にぴったりです。

もちろんメリットだけなく懸念点(外国製サービスのため日本語表記が不自然な部分など)もあります。詳細は以下を参考に!

Zoho CRMの評判・口コミ|企業の向き不向きを徹底比較!

【こんな企業にオススメ】

・マルチチャネル営業を行っている企業

【価格】

年額費用:1ユーザー17,280円~

サービス名:Zoho CRM
無料トライアル:https://www.zoho.com/jp/crm/welcome.html
URL:https://www.zoho.com/jp/crm/

kintone|サイボウズのビジネスアプリ作成プラットフォーム

kintone

【特徴】

開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムを簡単に作れるクラウドサービスです。

一番簡単なものはドラッグ&ドロップするだけで、たった3分でアプリを作成可能。Excelからのダウンロードやテンプレートで作れるアプリも豊富で、その数はなんと100種類以上。

間違って更新してしまっても、変更履歴から辿って前のバージョンに戻せるという、ユーザーに優しい機能もあります。

【こんな企業にオススメ】

・グループウェアなどSFA以外の機能も欲しい企業

【価格】

月額費用:1ユーザー1,500円〜(スタンダードコース)

サービス名:kintone(キントーン)
無料トライアル:https://kintone.cybozu.co.jp/trial/
URL:https://kintone.cybozu.co.jp/

一方で、kintoneで営業管理をしようとした場合、各アプリ間の連携やプラグインなどの複雑な設定が必須などの懸念点もあります。

そのようなメリット・デメリットの詳細は以下の記事も参考になります。

kintone(キントーン)は使えない?評判や口コミ・導入の向き不向きを紹介

ネクストSFA|シンプルでいて高機能な営業支援ツール

ネクスト SFA

【特徴】

日付を選んで履歴を登録するだけで自動で日報が作成できるなど、シンプル&スマートに入力や管理をすることができます。

企業ランクごとの目標管理・行動計画で効率的な営業活動をサポートするだけでなく、メールの一括配信など見込み顧客の育成機能も備えています。

【こんな企業にオススメ】

・取引先ごとに目標を決めている企業

【価格】

月額費用:50,000円〜

サービス名:ネクストSFA
資料請求:https://next-sfa.jp/download/1079/
URL:https://next-sfa.jp/

eセールスマネージャー|生産性の最大化のための営業支援ツール

eセールスマネージャー|生産性の最大化のための営業支援ツール

 

【特徴】

きちんと使いこなすことができるように、専任チームが導入から定着、活用までをサポート。

こうしたフォローのお陰で定着率は96%という高い実績を弾き出しています。

導入形式は、月額レンタルで気軽に始められる「クラウド」または、自社内でサービスを設置できる「オンプレミス」から選択することが可能です。

以下のような記事もあるので是非参考に。
関連記事:eセールスマネージャーとは?評判・口コミ・料金を詳しく解説

【こんな企業にオススメ】

・営業プロセスを見直したい企業

【価格】

月額費用:1ユーザー6,000円〜

サービス名:eセールスマネージャー
資料請求:https://sblp.softbrain.co.jp/doc_dl.html
URL:https://www.e-sales.jp/

Oracle CX Sales(旧Oracle Sales Cloud)|エンタープライズクラスの最新の営業機能を網羅したCRM/SFA

Oracle Sales Cloud

【特徴】

パートナーとのエンゲージメントを深め、協力して成果に繋げる「代理店管理」が他のツールにはない特徴的な機能です。

金融、通信、ハイテク、製造、消費財など業種ごとに要件が設定されており、最適なソリューションを提供してくれます。

直感的に使えるインターフェースでスムーズに操作ができることも魅力のひとつです。

【価格】

月額費用:1ユーザー$65〜

【こんな企業にオススメ】

・販売代理店管理をしたい企業

サービス名:Oracle CX Sales(旧Oracle Sales Cloud)
URL:https://www.oracle.com/jp/cx/sales/

GENIEE SFA/CRM|1,480円ではじめる”かんけいづくり”

GENIEE SFA/CRM

【特徴】

自社やユーザーの自由自在に使えることが最大のポイントです。

たとえば、トップ画面ではグラフやToDoリストなど、自分が使うものや見たいものだけを自由に配置。

ディスカッション機能ではメンバーと自由に会話することができます。

月額1,480円の低コストで導入可能なので、とりあえずいろいろ試してみたいという人にぴったりです。

GENIEE SFA/CRMについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。
関連記事:GENIEE SFA/CRM(旧ちきゅう)の評判・口コミ・向き不向き|導入前に知っておきたいポイント

【こんな企業にオススメ】

・営業人員は多くないが、最低限の顧客管理や案件管理をしたい企業

【価格】

月額費用:1ユーザー1,480円〜

サービス名:GENIEE SFA/CRM
資料請求:https://chikyu.net/request/
URL:https://chikyu.net/

Sales Cloud|売上の拡大 +37% を実現する営業支援、顧客管理

Sales Cloud

【特徴】

15万社以上が利用するSalesforceが提供するCRMプラットフォーム。

同社のマーケティングオートメーション「Marketing Cloud(旧Pardot)」と連携することで見込み客の創出や見極めができ、営業サイクルを短縮することが可能です。

自社に必要な機能だけをドラッグ&ドロップでカスタマイズできるため、ユーザーに余計なストレスを与えません。

また、社内SNS機能を使えばコミュニケーションの活性化・社員同士のコラボレーションを実現させることができます。

【こんな企業にオススメ】

・利用にあたり、細かいカスタマイズの必要性がある企業

ただ、上記の反面あまりに多機能なため、実際の運用にはかなりコストがかかることもあります。

うまく活用している企業の多くは、Sales Cloudの運用担当を社内に設けているそうです。

その特徴もあってか導入企業の多くは大企業です。

以下のような記事もあるので是非参考に。

セールスフォース(Sales Cloud)の評判・口コミ|導入すべき企業とは?

【価格】

月額費用:1ユーザー18,000円〜(Enterpriseプラン)

GRIDY SFA|営業プロセスを可視化し、PDCAサイクルの高速化を実現!

GRIDY SFA

【特徴】

使った分だけ課金するという本来のSaaS型に基づいた料金体系で、ユーザー数を気にすることなく(=ユーザー数無制限)利用できます。

名刺CRMと連携すれば名刺情報が自動的に顧客データに入力され、二度手間を省けます。

また、グループウェアでは閲覧権限を自動制御したりログを監視することで、情報漏えいのリスクを軽減させることができます。

【こんな企業にオススメ】

・営業人員が多く、コストを抑えたい企業

【価格】

月額費用:50,000円〜

cyzen|1,000社超が導入するスマホSFAアプリ

Cyzen

【特徴】

モバイルに特化したツールで、現場での業務が楽にできるように入力を最大限までシンプルにしています。

GPSを利用した顧客検索や訪問履歴登録機能で、業務効率をアップさせると同時に、交通費の自動計算や危険挙動運転アラートなど「自動化」の機能で、無駄な業務を減らすことができます。

【こんな企業にオススメ】

・フィールドセールスや保守・メンテナンスなど、1日の顧客訪問数が多い企業

【価格】

個別問い合わせ

サービス名:cyzen (サイゼン)
資料請求:https://www.cyzen.cloud/ebook
URL:https://www.cyzen.cloud/

JUST.SFA|成長型営業支援クラウドサービス

JUST.SFA

【特徴】

「営業が使いたいSFA」を目指して開発されたツールで、営業スタイルに合わせていつでも自由にカスタマイズできることが最大の特徴です。

追加費用なし&プログラミング不要で、約20種類のパネル(案件一覧、スケジュールといったパーツ)を組み合わせてトップ画面に配置することが可能。

独自のUI(特許取得)で、ストレスなくスムーズに操作することができます。

【こんな企業にオススメ】

・現場の要望を中心にSFAをカスタマイズしたい企業

【価格】

月額費用:非公開

Camcard Business|ビジネス向け名刺管理ソリューション

Camcard Business

【特徴】

単に名刺をデータ化して蓄積するだけでなく、商談情報やタスクを紐付けて全社で共有したり、メルマガを配信できたりなど、顧客管理やマーケティングの機能が付いていることが特徴です。

画像補正・OCR(文字認識)といった最新技術を使用しており、登録は5秒で完了。圧倒的なスピードで業務効率アップにも貢献します。

【こんな企業にオススメ】

・名刺データを一元管理したい企業

【価格】

月額費用:1ユーザー1,400円〜

サービス名:Camcard Business
資料請求:https://www.camcard.jp/business/contact/dl_form.html
URL:https://www.camcard.jp/business/

Sansan|名刺を企業の資産に変えるクラウド名刺管理

sansan

【特徴】

「早く言ってよ〜」のCMで有名な名刺管理サービス。中小企業から数千名規模の大企業、官公庁まで、6,000社以上の導入実績があります。

名刺情報と公開されている人事情報をもとに生成される組織ツリーでは、自社の誰が、いつ、どの担当者と、どこで、何をしたのかを把握することが可能。

最適なアプローチ先、アプローチ方法を見つけることができます。

【こんな企業にオススメ】

・社内の人脈が管理されず、共有できていない企業

【価格】

お問い合わせ

サービス名:Sansan
資料請求:https://jp.sansan.com/form/download_lkbook/
URL:https://jp.sansan.com/

UPWARD|訪問営業をラクに、楽しくするクラウドサービス

UPWARD

【特徴】

位置情報や地図を連動させることで、フィールドセールスの移動や顧客への訪問を楽にするというコンセプトで開発されたツール。

Salesforce CRMと完全に連携しており、生産性の向上を実現してくれます。

スケジュール作成機能では、CRMから取り込んだ顧客情報から顧客の属性によって訪問先を絞り込み、「優先度」と「移動時間」を考慮した訪問計画を作成。

準備や移動時間を大幅に削減することができます。

【こんな企業にオススメ】

・フィールドセールス、ラウンダーの営業が多い企業におすすめ

【価格】

月額費用:21,000円〜

サービス名:UPWARD
資料請求:https://www.upward.jp/servicematerial-download
URL:https://upward.jp/

Sales Force Assistant|AI秘書が営業現場の一人ひとりをアシストするSFA

Sales Force Assistant|AI秘書が営業現場の一人ひとりをアシストするSFA

【特徴】

電子秘書に人工知能を搭載したAI秘書が最大の特徴です。

顧客情報や商談内容を自動で学習し続け、アプローチのタイミングやプレゼン内容、部下へのマネジメントなどのアドバイスをしてくれます。

4600社の導入実績で培った知識やノウハウをもとに開発した、業種・業態・営業スタイル別のパッケージから自社にあったサービスを選択することができます。

【こんな企業にオススメ】

・いままで日報や週報などを使って営業を管理してきた企業

【価格】

月額費用:1ユーザー3,500円〜

サービス名:Sales Force Assistant
資料請求:https://www.ni-consul.co.jp/contact/contact_sfa.html
URL:http://www.salesforce-assistant.com/

Geo CRM|GPS位置情報を活用したフィールドナーチャリングCRM

Geo CRM

【特徴】

顧客情報と営業のヒアリング情報をもとに作成されるエンゲージメントマップでは、地図上で顧客との関係性をさまざまな確度から可視化することができます。

さらに、ターゲットスライダー機能、細かいセグメントでの分析・表示が可能。

これにより自社独自の優良見込み客リストを構築することができます。

G Suite、Salesforce、サイボウズなどのグループウェアなどとも連携できます。

【こんな企業にオススメ】

・外勤営業の活動を効率化したい企業

【価格】

月額費用:1ユーザー1,800円〜

サービス名:Geo CRM
資料請求:https://ksj.co.jp/form/geocrm/contact.html
URL:https://ksj.co.jp/geocrm/

マーケティングオートメーション(MA)比較(掲載内容:価格・特徴・無料トライアル)

次に「マーケティング」に特化したCRMツールであるマーケティングオートメーションツール(MAツール)を紹介していきます。

MAツールを提供する企業は計15社。

特徴や価格帯を比較していきましょう。

今回ご紹介する15社は、以下の通りです。

  1. Marketo Engage(マルケト)
  2. HubSpot Marketing
  3. Marketing Cloud Account Engagement (旧Pardot)
  4. カスタマーリングス
  5. Oracle CX Marketing(旧Oracle Marketing Cloud)
  6. SATORI
  7. MAJIN
  8. Kairos3
  9. B→Dash
  10. Adobe Experience Cloud
  11. keap(旧Infusionsoft)
  12. Salesforce Marketing Cloud
  13. シャノンマーケテイングプラットフォーム
  14. aimstar
  15. List Finder(リストファインダー)

尚、MAツールについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。
関連記事:MAツール比較12選!失敗しないマーケティングオートメーションの選び方とは?

Marketo Engage(マルケト)|マーケティングに関するあらゆる機能が集約

マルケト

【特徴】

メール、WEBサイト、デジタル広告、SNSなどマルチチャネルに対応し、統一したメッセージを発信できるマーケティングプラットフォームです。

特別な知識がなくても使えるSEO(検索エンジン最適化)ツールで自社サービスを認知させ、その中から購入意欲の高い顧客を特定。

細かい顧客セグメントを作ることで優先度がわかり、営業活動の効率化に繋げることができます。

【価格】

月額費用:非公開

HubSpot Marketing|インバウンドマーケティングの全機能を搭載したソフトウェア

HubSpot Marketing

【特徴】

WEBページ、メルマガ、ソーシャルメディアなどマーケティングに必要なツールがすべて利用できる、オールインワンのマーケティングソフトウェア(CMS)です。

誰でも簡単に作成できるWEBページ、簡単に実施できるSEO対策など、IT初心者でも使いやすいことがポイント。

効果検証に欠かせないA/Bテストも、このツールで行えます。

【価格】

月額費用:0円〜

サービス名:HubSpot Marketing
無料トライアル:https://www.hubspot.jp/products/marketing/get-started
URL:https://www.hubspot.jp/products/marketing

Marketing Cloud Account Engagement (旧Pardot)|見込み客を開拓し成功への道を切り拓く

Marketing Cloud Account Engagement (旧Pardot)|見込み客を開拓し成功への道を切り拓く

【特徴】

Salesforceが提供するMAツール。数ある機能の中でも、カスタマイズメールを送信できることが魅力のひとつ。

目的に合わせて、見込み客のスコア、業界、役職などで顧客をセグメントし、適切な顧客へ、適切な内容を、適切なタイミングで送ることができます。

こうした施策は複数のレポート機能でさまざまな確度から分析ができ、効果的な施策を見つけたり、改善することができます。

【価格】

月額費用:120,000円〜

サービス名:Marketing Cloud Account Engagement(旧Pardot)
無料トライアル:https://www.salesforce.com/jp/form/signup/freetrial-all/
URL:https://www.salesforce.com/jp/products/marketing-cloud/marketing-automation/

カスタマーリングス|顧客に合わせたコミュニケーションが顧客ロイヤリティをあげるCRM

カスタマーリングス

【特徴】

通販事業者向けCRM/MAツール「カスタマーリングス」は、顧客情報や購買履歴などの情報を統合し、顧客分析や商品分析などの機能により顧客を見える化、自由なセグメントで、メールやSMS、DM、レコメンド、LINEなど

顧客に合わせた最適なコミュニケーションを実現します。

【価格】

月額費用:98,000円〜

サービス名:カスタマーリングス
URL:https://www.customer-rings.com/

Oracle CX Marketing(旧Oracle Marketing Cloud)|マーケターに選ばれ、ITが信頼するMarketing Cloud

Oracle Marketing Cloud

【特徴】

Eメール、ディスプレイ広告、検索、動画、モバイルなど複数のチャネルで、一貫したメッセージを伝えることができます。

これにより、顧客ごとに最適化された体験を提供。

ソーシャルマーケティングでは、顧客と対話をすることでエンゲージメントを向上させることができます。

さらに、関連性の高いコンテンツを公開することで、見込み客の購買意欲を高めることにも寄与します。

【価格】

月額費用:非公開

サービス名:Oracle CX Marketing(旧Oracle Marketing Cloud)
お問い合わせ:https://www.oracle.com/jp/corporate/contact/
URL:https://www.oracle.com/jp/cx/marketing/

SATORI|集客に強いマーケティングオートメーションツール「SATORI」

SATORI

【特徴】

MAでは、ある程度のデータがある見込み客へのアプローチが中心になりますが、SATORIは問い合わせ前の匿名ユーザーの行動を追い、ポップアップで情報訴求したり、蓄積したデータを分析することができます。

また、指定した顧客層に対して、Facebook、GDN、YDNをはじめとした外部サイトでの広告配信でアプローチすることも可能です。

【価格】

月額費用:148,000円〜

MAJIN|これ1つで One to One マーケティング

MAJIN

【特徴】

ファネル分析やリテンション分析など多彩な分析機能とプッシュ通知を組み合わせることで、一人ひとりに最適なアプローチを実現し、ファンへと育成していくことができます。

アトリビューション分析では、コンバージョンに至るまでのすべての履歴を解析。

正確な評価や予算配分をするのにも便利な機能です。

【価格】

月額費用:100,000円〜

サービス名:MAJIN
資料請求:https://ma-jin.jp/form/shiryo/
URL:https://ma-jin.jp/

Kairos3|使いやすさを追求したマーケティングオートメーション「Kairos3」

kairos3

【特徴】

見込み顧客の管理・育成、メルマガ配信など基本機能をすべて搭載した高機能なツールながら、低コストで始められるのが魅力です。

マニュアルを読んだり研修を受けることなく直感的に使えるため、専任の担当者を置くことが難しいベンチャー企業に最適です。

【価格】

月額費用:5,000円〜

B→Dash|マーケティングに必要なデータ取得・統合・活用をAll in oneで実現する

B→Dash

【特徴】

顧客の属性や趣味・嗜好、行動に合わせて、LINE、アプリ、プッシュ通知、メール、広告、WEBなどマルチチャネルでコミュニケーションを取ることが可能。

CPA(広告費用÷コンバージョン数)ではなく、収益に繋がるかどうかでチャネルを選択します。

データとマーケティングに精通したコンサルタントが、データ設計から導入、改善までをサポートし、成果にコミットしてくれます。

【価格】

月額費用:非公開〜

サービス名:B→Dash
資料請求:https://bdash-marketing.com/req_material/
URL:https://bdash-marketing.com/

Adobe Experience Cloud|包括的なデジタルマーケティング

【特徴】

見込み顧客からロイヤルカスタマーに至るまでのカスタマージャーニーを構築することで、顧客一人ひとりに合わせた魅力的なエクスペリエンスを提供することができるようになります。

もちろん、メール、ソーシャル、コンテンツなど、マルチチャネルで利用可能で、適切なチャネルで、適切なタイミングで施策を実行することができます。

【価格】

月額費用:非公開

サービス名:Adobe Experience Cloud
URL:https://business.adobe.com/jp/

keap(旧Infusionsoft)|ビジネスの効率化を強化するマーケティングオートメーションツール

keap(旧infusionsoft)

【特徴】

中小企業に必要な顧客管理(CRM)、マーケティング(MA)、営業支援(SFA)の機能をすべて兼ね備えたツールです。

営業支援では、メールやタスクなどを自動で開始できたり、見積りの作成から注文のフローを自動で行ってくれる機能があります。

【価格】

月額費用:$99〜

サービス名:keap(旧Infusionsoft)
無料トライアル:https://try.keap.com/
URL:https://keap.com/

Salesforce Marketing Cloud|マーケターのための CRM プラットフォーム

Salesforce Marketing Cloud 

【特徴】

メール、モバイル、ソーシャルメディア、広告、WEBなど、さまざまなチャネルでエクスペリエンスを提供し、リアルタイムなデータを収集・分析することができるツールです。

ここで得た情報をもとにコンバージョンやROIを高めると同時に、クロスチェネルでのカスタマージャーニーを構築。

ブランド力の向上やロイヤルカスタマーへの育成といった成果に導いていきます。

【価格】

月額費用:非公開

シャノンマーケテイングプラットフォーム|マーケティングにおいてさらに戦略的なコミュニケーションを

shanon

【特徴】

デジタルとアナログを組み合わせてマーケティング成果を向上させるMAツールです。

直感的で使いやすいシナリオ機能を使うとみ思い描くマーケティングを自動で実行可能です。

メールやランディングページ、ソーシャルメディアなどオンラインだけでなく、イベントやセミナーなどオフラインでの作業の自動化、効率化ができます。

【価格】

月額費用:非公開

サービス名:シャノンマーケテイングプラットフォーム
資料請求:https://smp.shanon.co.jp/public/application/add/120
URL:http://www.shanon.co.jp/products/

aimstar|マーケティングをより簡単に、楽に、効率的に

Aimstar

【特徴】

初回購入で離脱してしまっている顧客を調べるためのリピート・LTV(ライフタイムバリュー:顧客生涯価値)分析など、マーケターが「あったらいいな」と考える機能を数多く搭載しています。

分析、レポーティング、キャンペーン管理がひとつのツールで完結するため、キャンペーンのPDCAをスムーズに回すことができます。

【価格】

月額費用:非公開

 

List Finder(リストファインダー)|だれでも、無理なく、簡単に。

List Finder(リストファインダー)

【特徴】

『List Finder』は日本国内で1,500アカウント以上の導入実績があるMAツール。

特に上場企業で導入されている国産ツールではシェアNo.1です。

BtoB向けに特化しており、営業・マーケティング活動に必要な機能をシンプルに搭載しています。

わかりやすいUIと充実したサポート体制&支援サービスを備えており、運用リソースやノウハウに不安のある方でも、すぐに活用を始められます。

【価格】

初期費用 100,000円
月額費用 39,800円~

サービス名:List Finder(リストファインダー)
資料請求:https://promote.list-finder.jp/download/
URL:https://promote.list-finder.jp/

CRMツールの正しい選び方

CRMツールの正しい選び方

ここまで、計35のCRMを比較・紹介してきました。

中には、「CRMの数がまだまだ多すぎて、自社に最適なCRMが分からない」という方がいるかもしれません。

そこで最後に、CRMの選び方を5つのポイントにまとめました。

  1. CRMの導入体制を作っているか?
    新たなツールを導入しただけで、結局活用できずに終わってしまった・・・という事態にならないように、社内で体制を作っておきましょう。
  2. CRMの導入目的と解決したい課題が明確になっているか?
    そもそも何を目的にCRMを導入するのか?どんな課題を解決したいのか?が明確になることで、CRMをどう活用すればいいか?も明確になります。
  3. 必要な機能を正しく把握しているか?
    解決したい課題が明確になれば、自ずと必要になる機能も明確になるはずです。あとは、各ツールの機能や強みを確認し、比較しながら導入まで進めていくといいでしょう。
  4. 予算はいくらあるか?
    会社として、イニシャルコスト・ランニングコストにどれだけ充てられるのかを算出した上で、コストと機能のバランスをみて製品を選びましょう。
  5. 使い勝手がいいCRMシステムを選んでいるか?
    CRM導入の体制が整っていて、課題が解決でき、機能も充実していて、予算についても問題ないのに、ツールそのものが使いにくければ、本来の目的は達成できないかもしれません。現場が使いやすく、成果の出るCRMの導入がおすすめです。

尚、CRMの正しい選び方に関する詳細はこちらの記事で解説しています。
関連記事:CRMの正しい選び方 | 導入する前に確認する5つのポイントとは?

CRM比較・分類表、無料配布中!

40種類以上のCRM/SFAからあなたの会社にピッタリのものが見つけられる分類チャートです。

製品数が多く複雑な営業管理ツールについて短時間でご理解いただける資料となります。

▶︎▶︎【無料ダウンロード】自社にぴったりのSFA/CRMが見つかる分類チャートはこちらから

SFA分類チャート

SFA分類チャート 4つのタイプ

【2022年最新版】実はSFA(営業支援ツール)は国内だけでも、40種類以上の製品があります。その中から自社にとって最適なツールを予算内で探してくるのはとても大変ですよね… このebookでは、SFAを特徴から4つのタイプに分類し、それぞれがどんな企業にマッチするかについて解説しています。

資料をダウンロードする

投稿者プロフィール

Senses Lab. 編集部
Senses Lab. 編集部
Senses Lab.はSFA/CRM「Senses」を展開する株式会社マツリカが運営するオウンドメディアです。
Senses Lab.では営業・マーケティングに関するノウハウを中心に、ビジネスに関するお役立ち情報を発信しています。
CRMの関連記事

資料ダウンロードランキング

CRMのおすすめ記事

その他仕事に関するTipsの関連記事

はじめてのSenses(センシーズ)

営業支援ツール(SFA)紹介デモ動画

【1分で診断!】営業組織の到達度

SFA分類チャート 4つのタイプ

【2022年最新版】実はSFA(営業支援ツール)は国内だけでも、40種類以上の製品があります。その中から自社にとって最適なツールを予算内で探してくるのはとても大変ですよね  …詳細を見る

広告ブロックツールが有効になっています!

広告ブロックツールが有効になっているため、フォームが非表示になっている可能性があります。

フォームを使用する際には広告ブロックツールを無効にした状態で、ページの再読み込みをお試しください。