今回は、Senses Lab.編集部で厳選した中小企業の導入に適したCRMを10個、ご紹介いたします。

機能や価格で比較することはもちろん、ぜひ導入事例も合わせてご覧ください!

自社と同じような課題があったり、解決するためのヒントが見つかるかもしれません。

・・・と、その前に、違いがわかりづらいと言われているCRM、SFA、MAの違いについて簡単に説明させていただきますね。

CRMとは?(Customer Relationship Management:顧客関係管理)

・何ができるのか?

もともとは、顧客満足とロイヤリティの向上を通して、売上アップを目指す経営手法で、顧客の情報を収集・セグメントし、それぞれに合ったアプローチをすることができます。

・特徴、効果

個々の顧客に適したサービスや商品を効率よく提供し、満足度を高めることで、一人あたりの購買額を最大化し、長期的な収益の向上に繋がります。

SFAとは?(Sales Force Automation:営業支援ツール)

・何ができるのか?

顧客や案件、各営業パーソンの行動をデータ化して、蓄積・分析することで、営業しやすくします。

・特徴、効果

営業プロセスの見える化、営業ナレッジの共有ができることで、受注率アップに繋げることができます。

・基本機能

案件管理、取引先・リード・顧客管理、コンタクト管理、行動管理、レポーティング機能など

※SFAについて詳しくは、「SFAとは?知っておきたいSFA(営業支援ツール)の導入メリット」をご覧ください。

MAとは?(Marketing Automation:マーケティングオートメーション)

・何ができるのか?

マーケティング活動における、顧客へのアプローチを自動化します。

・特徴、効果

見込み顧客に対して、ベストなタイミングで情報を提供することで、購入意欲を高め、結果的に案件化する可能性の高い顧客と商談の機会をつくることができます。

・機能

リード管理、自動メール配信、スコアリング、シナリオ設定、レポーティング機能など

※MAについて詳しくは、「マーケティングオートメーションがBtoBの営業活動に与える影響とは?」をご覧ください。

中小企業向けのCRMと大手企業向けのCRMの違い

ひと口にCRMといっても、いろんな機能や価格帯のものがあります。

そこで、中小企業向けのツールの特徴を3つまとめてみました。

①低コスト

CRMは種類が多く、金額も大きく開きがあります。

初期費用、月額料金とも安いCRMだと、大企業向けのCRMと比べると10倍以上差があるものもあります。

②シンプルな機能

CRMを選ぶ際に機能が多いものに魅力を感じる方が多いですが、最低限の機能を備えているCRMの方が画面が見やすく・現場の方にも使いやすいものが多いです。

③定着がスムーズ

機能がシンプルなので入力項目が少なく、簡単に覚えることができます。

中小企業向けのおすすめCRM(顧客管理ツール)10選(価格・特徴・導入事例)

CRMの中で営業管理に特化したものがSFA、マーケティングに特化したものがMAと呼ばれることが多いです。

それぞれおすすめのツールをご紹介していきます。

おすすめ営業支援ツール(SFA)

Senses

Senses

【製品概要】
弊社が開発・提供しているSensesは2015年にリリースされたサービスで、これまでSFAを導入した企業が感じていた「定着しない」「上手く使いこなせない」といった課題を解決すべく開発されたツールです。

最大の特徴は、人工知能(AI)がいつ、誰に、何を、どのようなアクションを行うべきかを提案してくれること。これにより、成功率の高い営業活動ができます。また、直感的に操作ができるUIのため、IT初心者でも簡単に使いこなすことができます。

【費用】
1ユーザー月額5,000円〜

【特徴】
・G SuiteやOffice 365、サイボウズ ガルーンなどのグループウェアとの連携により入力負担が軽減
・人工知能(AI)を活用し、営業ナレッジや勝ちパターンを共有できる
・現場の営業の使いやすさを最優先に考えたUI/UX

【活用事例】
業種:IT、マーケティング
従業員規模:18名(2017年5月時点)

導入の決め手と効果:
営業メンバーも案件も増えていく中で、誰がどこに訪問しているのか管理できず、メールも埋もれていってしまって、すべてが属人化して個人に依存してしまっている、という課題を感じていたそうです。

Gmailの内容をログで残せるという点に魅力を感じて、Sensesを導入。報告業務が必要なくなったことで、作業時間が30%も削減できたとのことです。

詳細はこちら → 営業報告に掛かる作業時間は30%減です。Sensesを導入してから圧倒的に効率化されています!- スマートキャンプ

サービス名:Senses
https://product-senses.mazrica.com/

ちきゅう

ちきゅう

【製品概要】
顧客との「かんけいづくり」に必要な顧客管理、商品管理、データ分析などが一体となったマーケティングソフトです。月々の料金が安いため、「試しに導入してみたい」と考えている会社におすすめです。

【費用】
1ユーザー月額980円〜

【特徴】
・ユーザーが自由にカスタマイズできる部分が多く、トップ画面も自分の使いやすいようにデータやツールを配置できる
・システム上のチャットで会話をしながら、ToDoリストに登録したり、画像やファイルの共有もできる

【活用事例】
業種:IT・クラウドサービスの開発
従業員規模:22名(2016年6月時点)

導入の決め手と効果:
顧客や案件の管理だけならExcelでも十分。しかし、どの商品構成が売れたのか、一番ニーズが高かった機能は何なのかを分析する時に、個人の記憶にしか残っていないことに危機感を感じたそうです。

ちきゅうに決めたのは、低コストで抑えられることと、さまざまな切り口から分析ができること。きちんとデータを入力して振り返ることで、営業のタイミングや投資のポイントが見えるようになったとのことです。

詳細はこちら → 仮説ベースだった営業活動が、確かな根拠のある戦略に変わりました。

サービス名:ちきゅう
https://chikyu.net

Zoho CRM

Zoho CRM

【製品概要】
SFAの機能に加えて、メールの一斉送信や広告、イベントの効果測定など、マーケティングオートメーションの機能も充実させたツールです。幅広い利用シーンがあることに加えて、利用料金が安いことから、全世界で5万社が導入しています。

【費用】
1ユーザー月額2,400円

【特徴】
・初期費用0円で月額料金も安く、コストパフォーマンスがいい
・G suiteやOutlookなど、さまざまなサービスとの連携で業務を効率化できる

【活用事例】
業種:IT・ソフトウェア開発
従業員規模:65名(2017年6月時点)

導入の決め手と効果:
案件が半期に1,000件を超えるようになり、CRMを導入。しかし、入力項目が多く、現場の営業がメリットを感じられないことから、本格導入を断念したという経緯が過去にあります。

この失敗を踏まえて選んだのが、Zoho CRMです。導入当初は入力項目を最小限にして営業の負荷を減らすことで、定着化に成功。現場からのリクエストに対して30秒でカスタマイズできることで、モチベーションの維持にも繋がったそうです。

詳細はこちら → 低価格で導入リスクを縮小。 容易なカスタマイズで現場のニーズに対応。

サービス名:Zoho CRM
https://zoho.jp/crm/

Kintone

kintone

【製品概要】
SFAではありませんが、案件管理や日報、顧客リストといった営業活動をサポートする業務アプリを多数取り揃えており、SFAとしても使うことができます。また、プラットフォーム上では、Excelからの取り込みやドラッグ&ドロップで、最短3分で簡単にアプリを作成することもできます。

【費用】
1ユーザー月額1,500円〜

【特徴】
・勤怠管理やワークフローなどSFA以外の用途にも使える
・初期費用0円で、低コストでの導入が可能
・アクセス権限やユーザー管理、操作を変更前のバージョンに戻せる機能あり

【活用事例】
業種:卸売、小売
従業員規模:50名以下

導入の決め手と効果:
2011年の震災で11万人の顧客データが流れてしまったことから、顧客管理システムの導入の検討を開始したとのこと。

他社では1,000万円の見積もりだったのに対して、Kintoneは低価格で、しかも自分でアプリを作れることから、デモの際に導入を即決。当初想定していた顧客管理だけでなく、報告書や案件管理、営業支援にも役立っているそうです。

詳細はこちら → 好調なEC事業を支えるkintone | アプリとスペースで情報共有のスピードをアップ

サービス名:Kintone
https://kintone.cybozu.com

HubSpot Sales

HubSpot Sales

【製品概要】
自社に最適なセールスプロセスを構築することができる、オールインワンのプラットフォームです。同社が提供するユーザー数・ストレージ量無制限、永久無料のCRMと連携することで、さらに業務効率をアップさせることができます。

【費用】
$0〜

【特徴】
・Eメールやサイトのトラッキング、Eメールの自動送信により、効率的&スピーディーに見込み顧客を開拓できる
・GoogleカレンダーやOffice 365と同期させることで、簡単に予定の調整やミーティングの設定ができる

【活用事例】
業界:Web・コンテンツ制作、マーケティング

導入の決め手と効果:
プッシュ型の営業で顧客開拓をしていたことで、社員の負担が増加し、効率も徐々に低下していくという課題を抱えていました。

負のサイクルを絶つために、インバウンド型マーケティングへと方向転換することに。HubSpot Salesの導入から2年後には、顧客単価2倍、月間の見込み顧客の増加率50倍を達成したそうです。

詳細はこちら → インバウンドマーケティングでプッシュ型営業がほぼゼロ。新規顧客単価が2倍へ

サービス名: HubSpot Sales
https://www.hubspot.jp/products/sales

おすすめマーケティングオートメーションツール(MA)

MailChimp

Mailchimp

【製品概要】
世界最大で、世界一有名なメール配信ツールです。数百万の顧客が利用しており、BtoB、BtoC、EC、SaaSなど、あらゆる業界での導入実績があります。

無料でMAとしての機能(メールの自動送信やトラッキング、リードナーチャリング)も利用できるので、MAとして活用していただくことも可能です。

【費用】
月額$0〜

【特徴】
・2,000顧客まで、すべて無料で使える
・MAツールを使ったことがない人でも、直感的に操作ができる
・EC関連の外部連携が多く、モバイルからも管理ができる

サービス名:MailChimp
https://mailchimp.com

HubSpot Marketing

HubSpot Marketing

【製品概要】
Webサイトやメールの作成から自動化、測定、最適化までを一元的に実施できるオールインワンのマーケティングソフトウェアです。SEOやブログ、SNSなどのツールを利用し、関連性の高いコンテンツをすばやく公開することで、トラフィックを見込み顧客に、見込み顧客を顧客へとスピーディーに転換させることができます。

【費用】
月額0円〜

【特徴】
・Web開発者がいなくても、本格的なランディングページをドラッグ&ドロップだけで作れる
・キーワード戦略の策定、コンテンツの最適化、検索トラフィックの分析で、自社のWebサイトを他社よりも上位表示させることができる

【活用事例】
業種:学校
従業員規模:30人以下

導入の決め手と効果:
アウトバウンドマーケティングでは入学希望者を増やすことが出来ず、さらに、景気後退のあおりを受けて経営が苦しい状態でした。

そこでHubSpot Marketingを導入してインバウンドマーケティングを実施したところ、Webサイトのトラフィックが増加し、入学希望者が前年比で30%もアップしたそうです。

詳細はこちら → 生徒の獲得にインバウンドマーケティングを活用するSewickley Academy

サービス名:HubSpot Marketing
https://www.hubspot.jp/products/marketing

Kairos3

Kairos3

【製品概要】
営業とマーケティングの結びつきを強くして、より効率的にマーケティングを行えるように、との目的で開発されたのがKairos3です。他のツールと比べてもかなりの低料金で、中小企業やベンチャー、マーケティング部門の予算だけでも始めることができます。

【費用】
月額5,000円〜

【特徴】
・画面上にナビゲーションと操作ガイドが表示されるため、はじめてでも簡単に使いこなせる
・資料請求や問い合わせなど用途に応じたフォームを、マウス操作だけで作成できる

【活用事例】
業種:IT・デジタルコンテンツ配信
従業員規模:50名

導入の決め手と効果:
営業による人海戦術でのアプローチが中心で、見込み顧客へはメルマガの配信をしているのみ。他社との競争が激化する中で、マーケティング施策をすることが急務だと感じていました。

課題を解決できそうなこと、さらに、これまで使っていたメルマガ配信と同じレベルのコストで抑えられることからKairos3の導入を決定。その結果、営業が接触する見込み客の質がアップし、受注率が3倍にもなったそうです。

詳細はこちら → 市場の競争が激しさを増すなかで、案件受注率が約3倍になりました

Infusionsoft

Infusion Soft

【製品概要】
中小企業向けに開発されたツールで、インテルの受賞歴のあるオートメーションソフトウェアです。WebサイトやEメールをトラッキングすることで、確度の高い見込み顧客を発見し、顧客のニーズに合わせたコンテンツをタイムリーに提供。アプローチや作業を行わなくても、ツールが自動的に顧客との関係性を構築・強化してくれます。

【費用】
月額$99〜

【特徴】
・Web開発者なしで、ランディングページを作成したり変更ができる
・簡単なドラッグ&ドロップで、マーケティングキャンペーンを立案することができる

サービス名:Infusionsoft
https://infusionsoft.com

SATORI

SATORI

【製品概要】
Web閲覧をしたユーザーから行動履歴を追うことができる、集客に強みのあるMAツールです。さらに、Webでの行動から購買意欲の高いユーザーをセグメントし、メールや広告の配信をすることで、見込み客の意欲を高めることができます。

【費用】
月額100,000円〜

【特徴】
・問い合わせ前の匿名ユーザーの行動を追い、ポップアップで情報訴求したり、蓄積したデータを分析できる
・オンラインマニュアルや動画コンテンツの提供、セミナーなどサポートが充実

【活用事例】
業種:IT・SNSマーケティング支援
従業員規模:174名

導入の決め手と効果:
①オウンドメディアに月間数十万ものユニークユーザが存在しているのにもかかわらず適切なアクションを取れていないこと
②効率的に商談数や成約数を増やす仕組みを確立したい

という2つの課題を抱えていました。規模感、拡張性、営業担当者の対応、導入実績を踏まえてSATORIを導入。見込み顧客の行動パターンや志向に合わせて、最適なアクションができる体制を確立できたとのことです。

詳細はこちら → 規模感、拡張性、営業担当者の対応、導入実績を踏まえてSATORIの採用を決断

サービス名:SATORI
https://satori.marketing

まとめ

以上、中小企業に最適なCRMをご紹介しました。

「習うより慣れろ」と言われるように、使ってみれば良さはわかると思うのですが、そうはいってもコストがかかるものであればなおさら、簡単には決められないですよね。

もし、導入すること自体迷っているのであれば、以下のチェックリストを参考にしてみてください。

・同じオフィスにいないチーム間での共同作業が多い

・出張や外勤が多い

・必要な顧客データをすぐに見つけられず、素早い決断ができない

・案件の確認が行き届かず、フォローが漏れたり、クレームが増えている

・事業が急速に拡大している

いずれかに該当する場合は、顧客の開拓や獲得、維持のために、導入を検討してみる価値があるといえます。

導入を決めた際にはぜひ、この記事を参考にして、自社にぴったりなCRMを見つけていただければと思います。

その他、おすすめ記事